FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 自分の運命は自分で開拓することを、人間はなかなか悟れないものである

自分の運命は自分で開拓することを、人間はなかなか悟れないものである
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 少し前に報道された、を持った脱北者米国から「政治亡命」を認められたというニュースですが、多くの韓国ウォッチャーの予測通り、一件だけで終焉を見せる訳も無く、更なる広がりを展開させる様子です。

脱北者 韓国見限り米亡命 「南北融和」に不信感

 【ソウル=久保田るり子】北朝鮮を脱出し韓国籍を取得した脱北者が米国で初めて「政治亡命」を認められ、韓国に困惑と波紋が広がっている。米国はまた、東南アジアの米大使館に逃げ込んだ脱北者数人を近く米国に受け入れる。南北和解ムードの韓国を見限って米国で北朝鮮の人権問題を訴える脱北者たち。もはや韓国は安住の地ではないのか。
 四月末に米ロサンゼルスの裁判所で亡命が認められたのは朝鮮人民軍将校出身のソ・ジェソクさん(40)。ソさんは工場爆発で大やけどを負い、家族で脱北。中国などを経て一九九八年に韓国入りしたが、息子が脱北者ゆえの差別を受け、四年前に渡米した。

 ソさんが脱北者用の一回限りの旅券で渡米したところ、韓国政府は一週間後に戸籍に相当する「住民登録番号」を抹消。ソさんは米移民局に亡命申請したが、当初は通らず、米人権団体の支援を受けて移民裁判所に提訴して勝訴した。移民局が控訴を放棄したため、亡命が確定した。

 二〇〇四年に成立した米国の北朝鮮人権法は民主化運動や脱北者の支援を趣旨としている。しかし、米韓関係への配慮やその後の雪崩現象を懸念し、原則的には韓国籍の脱北者は対象外となってきた。だが、ソさんが脱北の過程で北に強制送還され拷問を受けた経緯がある点が考慮され、個別に同法が適用された。

 これに対し、韓国政府は当惑を隠せない。「韓国が脱北者にとって政治的に危険なところという意味にも解釈できる」(朝鮮日報)からだ。李鍾●・(イ・ジョンソク)統一相は「亡命はナンセンスだ」「そんな事実(韓国政府による弾圧)はまったくない」と不快感を表明している。

 米国には「韓国政府の政治的弾圧を受けた」として亡命申請した韓国籍脱北者が十数人いる。ソさんによると、ロサンゼルスで二、三十人、ニューヨークで約五十人が申請を準備しており、今後、米側の司法判断が注目される。

 一方、米国が近く難民として受け入れを準備しているのは、中国などを経て東南アジアの米大使館に駆け込んだ人たちで、実現すれば、初の同法による難民受け入れのケースになる。

(●=夾の人を百に)

(2006年05月07日 産経新聞)


 難民申請をしている全ての人間が、亡命を許可されるとは考え難いものですが、仮に申請している人間の半数に許可が下りるだけでも、が如何に危ない状況に陥るかというのが容易に想像出来るものです。

 それはつまり、ブッシュ大統領の言うところの「悪の枢軸」に韓国が組み込まれるという事を意味すると言っても過言では無いでしょう。

 飲尿大好きエロ拓さんや、康夫ちゃんを始めとするクニウリセブンどもは、国際情勢を見回す事すら出来ずに、阿呆の一つ覚えで「アジア外交」を前面に出して存在感をアピールしている様ですが、独裁国家支那テロ国家北朝鮮は無論の事、この「悪の枢軸」認定一歩手前の韓国も含めて、この様な国家と本当に友好を結べるとは、正常な判断力を有する人間ならば、まず思いはしないものです。

 しかし、ここで私が言いたいのは、だから「日韓断交をしましょう」などという定型フレーズでは無く、政府外務省は今のうちから、竹島領有権に関する資料や、これまでに売国政治家どもが色と金に目が眩んで譲歩してきた、所謂「歴史認識」を覆す資料などをきちんとまとめ初めておくべきであるという事です。

 何故かと申しますと、ここで多数の脱北者韓国政府による人権侵害を認められ、米国への亡命を認められたとすると、次に同じ様に韓国内人権侵害を受けている日本贔屓韓国人、所謂「親日派」と呼ばれる人達が、亡命申請をし始めるという可能性が浮上してくると考えられるからです。

 現状において一応は民主国家と思われている韓国ですが、仮に数多くの韓国籍脱北者米国への亡命申請が認められれば、韓国人権弾圧国家として国際社会から見られる事となります。

 現状では一応、人権の保障されている民主国家国民として、政治亡命などまず認められないと思われる「親日派」と呼ばれる人々ですが、仮に韓国人権弾圧国家として国際社会から見られるようになればこの限りでは無く、明らかに不当な差別を受けていると思われる「親日派」の韓国人政治亡命が認められる可能性が出てくるものと考えられます。

 そして、もしも目出度く「親日派」の人達の政治亡命が認められたとすれば、彼らは自己の正当性を主張するべく、韓国国内の内情、歪んだ歴史認識などを、裁判所での弁論や書籍などにおいて、余す事無く吐露してくれるものと思われます。

 かの有名な親日派のための弁明を書した金完燮氏の様に。

 そのタイミングに合わせ、日本政府が、彼ら「親日派」を弁護する形で、阿呆の盧武鉉くんら基地外反日半島人が世界中で喧伝している捏造された「悪の日帝」の歴史観を覆す資料を発表すれば、全ては無理にしても、かなりの「日本=悪」という歴史観を覆し、国際世論を味方に付ける事が可能であると思われます。

 そこで畳み掛けるようにして、竹島韓国に不法占拠されている事を国際世論に訴え、きちんとまとめられた資料を提示すれば、如何に基地外反日半島人火病を起こそうとも、済し崩しに竹島を取り戻す事も可能になるのでは無いかと考えられるものです。

 これらの考察には、かなりの割合で私の希望的観測が含まれている為、そんなに全てが上手くいくとは私も思いはしませんが、少なくとも、ほんの僅かでも日本が有利に流れる可能性がある以上、それなりの準備をしておいても、決して誤りではないものと考えます。

 正直な話、韓国が「悪の枢軸」認定されようがどうしようが、如何でも良いと私は考えますが、少なくとも捏造された「悪の日帝」という歴史観を覆し、日本固有の領土である竹島を取り戻す事だけは、絶対に為さねばならない事であると考えます。

 政府外務省には、機会とは待っているものでは無く、掴むものであるという事を強く認識し、常に戦う準備を整えていてもらいたいものであると思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

親日派のための弁明
親日派のための弁明
posted with amazlet on 06.05.07
金 完燮 荒木 和博 荒木 信子
草思社 (2002/07)
売り上げランキング: 1,929
おすすめ度の平均: 4.11
5 反日・自国至上主義教育の恐ろしさ
5 欲を言えば資料を充実させて欲しかった
5 韓国での有害とは何なのか。

「反日韓国」に未来はない
呉 善花
小学館 (2001/09)
売り上げランキング: 1,135
おすすめ度の平均: 3.83
3 soozzyさんとは違う立場で
5 拍手!
5 非常にわかりやすい!


PR情報
1万枚も保存可能な無料オンラインアルバム
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!


テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/288-297405d5