FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップDQN → 死忌斜・城繁幸

死忌斜・城繁幸
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

若者の雇用 「金銭解雇」が可能な法律を作れば増えると識者

 若者の雇用機会が奪われ、ようやく職にありついても豊かになれないのは、オヤジが既得権を手放さないからだ。人事コンサルタントの城繁幸氏が労働環境を巡る若者世代とオヤジ世代の格差を論じる。

 * * *
 本来なら、労働組合が若者のために立ち上がらなければならないはずだ。ところが、日本の労組は実質的に経営陣に追従しており、若者の雇用を増やしたり、若者に多い非正規雇用の待遇を改善したりすることより、自分たちの既得権を守ることに汲々としている。労組までがオヤジ世代と若者世代の格差拡大装置になっているのだ。

 一般的に、世界の労働組合は職種別、業界別に結成される。それに対して日本では、各労組の連合体として業界ごとの組合、さらに最上部の連合体として連合があるが、実態は企業別組合の寄り合いに過ぎない。しかも、ほとんどの組合には正社員しか加入できない。そのため必然的に、経営側と利害を同じくする「第2人事部」「福利厚生部」と呼ぶに相応しい存在になってしまう。

 しかも、労組の多くは会社以上に年功序列が色濃く支配しており、勤続年数の長い組合員が幹部に選抜され、年配者が強い発言権を持つ傾向がある。さらに近年は非正規雇用が増えたことで若い組合員の加入が減り、若者の発言権はますます小さくなっている。

 私が以前、ある企業の労組で成果型の人事制度について講演した時、書記長が「断固反対」と発言したのに対し、ある若手社員が「我々は賛成だ」と反論した。しかし結局、多数決で組合としては反対することに決定した。労組では幹部たちの利害が優先され、若者の意見は通りにくいという実例である。

 では、オヤジ世代と若者世代の格差を解消するにはどうしたらいいか。

 最も根本的な解決法は「金銭解雇」が可能となる法律を作ることである。実は、ドイツもフランスも社員の解雇について日本同様に高いハードルを設けている。ただし、決定的に異なる点がある。それは、社員に一定の賃金を上乗せして支払えば、会社の都合で解雇できる「金銭解雇」が認められていることだ。

 日本でもこれが認められれば労働市場が流動化し、若者の雇用は一気に増える。それと同時に、明文化されたルールのもとで柔軟に賃下げできるよう法律を改正し、同一労働・同一賃金を導入することが望ましい。

 当然、オヤジ世代は強く反発するだろう。特に現役のオヤジ世代は自分たちも負け組になりつつあるという意識を持っているだけに、既得権を?奪されることへの恐怖感、抵抗感は強い。

 しかし、現在、もっとも高賃金の45~55歳の正社員が年間に得ている給与総額はおよそ45兆円にも上る(厚生労働省「賃金構造基本統計調査」をもとに推計)。そのわずか1%、4500億円を削って若者に再分配するだけで、10万人程度の新たな雇用を生むことができる。 そうした人事改革によって企業は活力を取り戻し、生産性を向上させることができるし、若者の経済力が上がれば結婚率も出生率も上昇するなど社会全体に大きなプラスをもたらす。当然、オヤジ世代もそうしたメリットを享受できる。

 逆に言えば、そこまで大胆な改革を行なわない限り、日本企業も日本社会も永久に活力を取り戻せない。

(2012年09月08日 NEWSポストセブン)

 まず最初に、城繁幸が識者とか、何の冗談かと。

 死忌斜とかなら分かるけれど、あの気狂い新自由主義者が何を識っているのか、と。

 問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。

 ま、そんな事は兎も角として、今回、この気狂いが叫いている戯言、「金銭解雇」が可能な法律を作れば増える、という珍論についてな訳だが、勿論、そんな事はあり得ない。

 一時的には、いや、瞬間的には、雇用の数も増えるかも分からないが、結局、解雇の規制が緩くなった事で、正社員の一番のメリットである「安定」という部分は揺るがされ、将来に不安を抱えた労働者の多くは、給与の蓄財に走る。

 雇用が増えても、消費が増えなければ、結局、経済的にはどん詰まりのまま。

 しばらく経てば、アホの思い付いた「金銭解雇」とやらによる解雇の嵐が吹き荒ぶ。

 つまり、こんな雇用、形だけは、呼称だけは「正社員」かも知れんが、一時的にバイトや派遣の雇用が少しだけ増えるのと一緒の事で、根本的な解決には全く繋がらない。

 大体、解雇規制云々ならば、日本にも、契約社員という制度があって、契約期間が終われば直ぐに切り捨てられる、経営者に都合の良い制度があった。

 法改正によって、5年以上雇用すると無期限雇用へ切り換える義務が生じるようになったが、これまでそんな規制は全く無かった。

 では、果たして、これまでの間、企業は、この契約社員のシステムを使って、雇用のパイを拡大してきたであろうか。

 答えは否。

 結局、本来、正社員で雇うべきところ、正社員にやらせるような仕事を契約社員で雇ってやらせるようになっただけで、雇用のパイは一切拡大しなかった。

 結局、当たり前の話だが、企業に有利なシステムを作ったところで、デフレ下、人員余りの状態では、企業は、そのシステムを都合の良いまま使うだけで、労働者側への還元など一切しない。

 歴史がそれを証明している。

 昔の、社員は家族と考えていた日本企業ならあるいは、とも思うが、アメリカナイズ、グローバリズムによって完全に汚染されて腐れ果てた今の企業体には、万に一つの期待も持てない。

 この手の糞の、こういう甘言は、毒以外の何物でも無い。

 絶対に耳を貸してはいけない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

新自由主義の嘘 (双書 哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 399855

新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌へ
二宮 厚美
新日本出版社
売り上げランキング: 408620


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
 =<奈良市>学校用務員39人が偽装請負 労働局が是正指導= 【毎日新聞 8月19日(日)15時51分配信】  奈良市が民間業者に業務委託している市立小中学校などの学校用務員3 9人について、奈良労働局が違法な「偽装請負」に当たるとして、市に 是正指導していたことが分かった。39人の用務員は業者の指揮下で働 く必要があるが、校長らが直接、指示していた疑いがあるという。市は、 教職員が用務員に仕事を指示しない旨を業務委託契約に明記するなど、 違法状態の解消に乗り出した。 奈良市は、市立の小中高校の計70校と幼稚園38園に計137人の用 務員を配置している。このうち、23校と17園については、「奈良県 ビルメンテナンス協同組合」(10社が加盟)と用務員の業務を委託す る「請負契約」を結び、加盟社が雇用している用務員が働いている。 複数の用務員の証言では、日常の業務について、校長や園長などの教職 員から指示を受け、会社側が口を出すことはなかった。用務員8人が加 盟する「奈良県労働組合連合会」が偽装請負だとして奈良労働局に訴え た。 労働局は組合側の主張を認め、今年6月20日、市に文書で是正指導し た。市は今月から、教職員が用務員に仕事を指示しないよう契約内容に 明記するなどの措置を取った。 民間業者の用務員の給与水準は、市が正規職員として直接雇用した場合 の半分以下にとどまるという。業務委託で15年以上勤める用務員の男 性(62)は「仕事は直接雇用の用務員と変わらない。すべて直接雇用 に切り替えるべきだ」と訴える。 また、用務員に直接、仕事を頼めないことで、学校現場に困惑が広がる ことも予想される。市教育総務課の乾尚浩課長は「直接雇用による財政 負担の問題もあり、どういう形が適切なのか検討している」と話した。 【大久保昂】 ◇直接雇用するべきだ 脇田滋・龍谷大教授(労働法)の話 学校用務員の仕事は恒常的な業務 であり、本来は直接雇用するべきだ。国や自治体が経費削減策として民 間への業務委託を拡大しているが、同様の偽装請負は全国に広がってい る可能性が高い。 ◇偽装請負 契約上は、業者に業務を委託した「請負契約」なのに、その業者の労働 者を直接雇ったり、派遣労働者として受け入れているのと同じ状態。 「請負契約」を結んだ業者の労働者に対しては本来、発注側が直接、仕 事の指示をすることができないのに、実態は発注側の指揮下となる。直 接雇用した場合の労働者に対する責任や義務を免れるために偽装するケ ースが多い。職業安定法や労働者派遣法で禁止されている。
2012/09/10(月) | URL | 鬼 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2901-366a66eb