或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ特亜 → Die tote Stadt

Die tote Stadt
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「シェア1位だけが勝ち組」独占深まる韓国市場

 「サムスンを除けばむしろ状況が悪化した企業の方が多いが、なぜこんなに苦しめられなければならないのか分からない」

 ある大手IT(情報通信)企業に勤める役員が最近、知り合いの公務員とのプライベートな席で打ち明けた言葉だ。政府が2010年から大企業と中小企業の「同伴成長」を強調し、大企業を対象に各種の負担を強化する政策を相次いで打ち出していることに対する反応だった。この役員は「トップ企業には他人を助ける余裕があるかもしれないが、その下の企業は自社の生存自体もままならない状況」と苦しい台所事情を口にした。

 トップ企業の支配力が絶対的に強化される「強者の独占(勝者一人勝ち)」現象が、経済危機を経てさらに顕著になっている。本紙がウリ投資証券に依頼し、ITや自動車など主要13業種の2007-2011年にかけての売上高および純利益の変化について分析した結果、ほとんどの業種でトップ企業のシェアが大幅に増加していたことが分かった。13業種のうち、売上高は9業種で、純利益は7業種でトップ企業の掌握力が拡大していた。一方で、2、3位企業の影響力は減少し、もはや「ビッグ3」という表現は通用しなくなってきていることが分かった。

■IT業界の純利益、90%はサムスン電子が計上

 IT業界の場合、1位のサムスン電子の売上高のシェアは2007年の40.3%から11年の48%と7.7%上昇した。IT業界全体の売上高の半分近くがサムスン電子のシェアだったことになる。特に純利益のシェアは77.2%から90.4%に上昇した。昨年韓国国内のIT業界が計上した利益のうち、90%はサムスン電子が計上したという意味だ。

 一方で、1位になれなかった企業は生存のための激しい競争を繰り広げている。売上高を基準とした場合、IT業界の2、3位はLG電子とLGディスプレーと変わりはないが、両社のシェアの合計は24%から20.5%に低下した。さらに、これを純利益で見ると、NHNとSKC&Cがそれぞれ2、3位を占めるが、これら2社の占める割合はわずか6%にすぎなかった。5年前までは2、3位の純利益が占める割合が26.7%だった。ウリ投資証券の関係者は「サムスン電子が不動の1位を守り抜く間、LG電子やLGディスプレー、SKハイニックス、NHN、SKC&Cなどのメーカーは、純利益で見ると2-3位を常に行ったり来たりしていた」と説明する。2位以下の企業が入れ代わりを繰り返している間に、市場でのサムスン電子の支配力はさらに強まっていったというわけだ。

 こうした状況は、自動車業界でも見られる。一つの企業と見なせる現代・起亜自動車の自動車市場での純利益のシェアは、2007年の71.7%から昨年は104.5%へと急増した。これは昨年、現代・起亜自の純利益が業界全体の純利益よりも多かったことを示すもので、(数値が100%を超えているのは)双竜自など赤字企業が存在しているためだ。

 このように、純利益の面で強者の独占が深刻化したのは、調査対象の13業種のうちIT、化学、造船、自動車、流通、証券、デパートの7業種だった。さらに、売上高を基準とすれば、IT、通信、建設、自動車、流通、証券、デパート、貿易、飲食の9業種でトップ企業のシェアが大幅に拡大した。

 強者による独占は、何らかの危機をきっかけに進む傾向がある。現代経済研究院のイ・ブヒョン研究委員は「危機の際に経営が行き詰まっていた企業が倒産すると、この部分を支配力のあるトップ企業が全て奪ってしまうケースが多い上、他の企業が苦戦を強いられている間、トップ企業は追加投資を通じて市場シェアを高めているため」と説明した。

■内需業種の強者による独占は深刻化

 業種内の市場シェアが強者に一極集中する現象は、他の企業のシェアを奪い取っていることだけが原因ではない。サムスン電子の場合、昨年の売上高のうち84%が輸出などを通じた海外でのものだった。韓国国内での売上高の割合はわずか16%にすぎない。結局、輸出の増加によって売上高と利益が拡大し、IT業界全体での売上高や利益のシェアが拡大した可能性がある。

 しかし、内需業種の場合、この現象については重く受け止めるべきとの指摘が多い。代表的な内需産業である流通業の場合、業界トップに立つ「新世界」の純利益のシェアは、2007年の28%から昨年は59.3%にまで急増した。一方、2、3位のロッテショッピングと現代デパートの純利益のシェアは48.9%から21.6%に減った。流通業界の関係者は「ロッテと現代も利益は増えたものの、中でも新世界の増加率は群を抜いていた」と話す。

 また、輸出業者にも問題はある。ほとんどの輸出企業は海外で「自由競争」という名の圧力を受け、値下げを余儀なくされているが、国内では市場の支配力を利用して高値で販売しているためだ。これにより、売上高に占めるマージン率は海外よりも国内の方がはるかに高くなるとされている。サムスン電子の関係者は「海外での売上高が占める割合は公表しているが、海外で利益が占める割合は公表していない」と話す。

 強者による独占の質的な問題を指摘するケースもある。延世大学のシン・ドンヨプ教授は「新しい市場を開拓するアップルのような価値創造(value creation)型の「強者による独占」になるべきだが、韓国企業は他人の価値を奪い取るバリューキャプチャー(value capture)型にとどまっている。旧態依然の独寡占企業型の強者による独占と何ら変わらない」と説明した。

(2012年10月07日 朝鮮日報)

 アホで売国奴のカスゴミや、脳味噌にお花畑が広がっている糞サヨク、妄想の世界に生きているアホの在日どもは、バ姦酷が大躍進、日本企業を追い抜いて追随を許さない、などとホルホルしている昨今な訳だが、その実態はと言えば、こんな有様な訳だ。

 一部どころか、唯一つの企業だけが絶対的な力を持ち、実質的に国家を支配している絵に描いたようなディストピア。

 それがバ姦酷。

 運良く勝ち組となれたごく一部にとっては楽園かも知れんが、そうではない大多数にとっては無間地獄にも等しい。

 苦しみ喘いでも声は届かず、見捨てられ、惨めに朽ち果てていくのみ。

 そんな絶望の中で、一部の上層の者達から与えられた「反日」という甘露に狂い、全ての怨嗟をそれにぶつける。

 それが、憐れなバ姦酷塵の一生。

 泣けるで!

 でだ、そんな最低最悪の毒壺、バ姦酷な訳だけれど、事もあろうに、我らが国、日本を同じような無間地獄に仕立て上げようとしている下衆野郎がいる。

 誰あろう、忌珍の怪のピッキャン二世こと橋の下乞食大酋長閣下様と、大酋長のブレーンにして、小泉カイカクの立役者、ケケΦヘイゾーだ。

 他にも、横浜放り投げの中田や、宮崎放り投げのそのまんまなど色々、うじゃうじゃといるが、今現在の首謀者はこの二人。

 何処かの自称ホシュ主義者のセクハラ忍者大佐大絶賛のケケΦヘイゾー大センセー様だが、構造カイカクの成功モデルはバ姦酷であると明言しているし、日本はバ姦酷を見習うべきであると事ある事に口にしている。

 そして、ピッキャン二世こと橋の下乞食大酋長閣下様だが、そんなケケΦヘイゾー大センセー様を師と仰ぎ、三顧の礼を以て忌珍の顧問に迎えている。

 小泉チョン一郎とケケΦヘイゾーの構造カイカクにより、日本は、バ姦酷、ディストピアに大きく近付いてしまった。

 もう一度騙され、ピッキャン二世とケケΦヘイゾーに国の舵取りを任すような愚を犯せば、今度こそ、第二のバ姦酷、阿鼻叫喚の無間地獄が完成してしまうかも知れない。

 それだけは、何としてでも阻止しないといけない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


新自由主義の嘘 (双書 哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 290483


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2929-3753d299

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。