或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 卑怯者の勲章

卑怯者の勲章
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

職員が大阪市を提訴=入れ墨調査は違憲-地裁

 大阪市が市職員を対象に入れ墨調査をした問題で、市が回答を拒否した職員を懲戒処分にしたのは違憲だとして、交通局の男性職員(54)は15日、市を相手に、処分取り消しと500万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 入れ墨調査は5月、教職員を除く約3万4000人を対象に実施された。7月の再調査も含め、これまでに114人が入れ墨があると回答。市は8月、回答を拒否し続けた6人を、職務命令違反として、戒告処分とした。

 訴状によると、職員側は、入れ墨調査は私生活上の自由やプライバシー権を侵害する違憲・違法な行為で、処分は無効と主張。回答拒否を続ければ分限免職の可能性もあると脅され、何度も回答を迫られたとしている。職員は入れ墨はしていないという。

(2012年10月15日 時事通信)

 こいつら、アホの子どもの味方をするつもりは流石におきないけれど、そんな事に関係はなく、裁判のピッキャン二世、延いては大阪市が負ける可能性は、十分以上にあり得る話だと思うよ。

 ピッキャン二世こと橋の下乞食大酋長閣下様のやり方は、派手で、センセーショナルで、刺激的で、バイオレンスで、刺激に飢えているアホどもや、上っ面だけで物事を考えるマヌケどもにはウケが良い訳だが、その代わりと言っては何だが、こういうリスクを孕んだやり方なのだね。

 勿論、ピッキャン二世は、そんな事は承知の上でやっている。

 上手くアホどもを味方に付ける事が出来れば、世論とか市民の声とかを盾にこういう訴訟を回避出来る可能性があるし、最悪、訴えられて負けても、自分の懐は一切痛まないから。

 大酋長閣下様が負けて、訴えた人間に賠償金が支払われたとしても、それは大阪市から出される金であって、大酋長閣下様のポケットマネーから支出される訳では無い。

 それらを分かった上で、敢えて、ギリギリのリスキーなやり方を選択しているのが、こいつな訳。

 信じがたい下衆だとは思わないかい?

 コイツのやる事は、全部そう。

 自分の安全は確保した上で、他人のリスクの上で、偉そうな事を曰い、大言壮語し、ギャンブル的な行為に走り、それを美辞麗句で飾り、演出し、大衆を騙し、煽る。

 今までは、このアホのそういう演出に憐れにも騙されていた人間が多数いたが故に、こいつが他人に押し付けていたリスクが顕在化せずに済んで来たが、こいつの人気に陰りが出てきた以上、これから、こういうのが一気に噴出してくる事になると思うよ。

 残念な事に、そのツケを払わないといけないのは市民だ。

 被害がこれ以上大きくなる前に、とっとと、この塵や同類の屑をこの世の中から駆逐しないといけない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠

講談社
売り上げランキング: 136227

橋下徹のカネと黒い人脈 (宝島NonfictionBooks)
一ノ宮 美成+グループ・K21
宝島社
売り上げランキング: 23065


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2937-494976d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。