或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 仁義なき阿呆の戦い

仁義なき阿呆の戦い
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

橋下市長:週刊朝日は「謝り方も知らない鬼畜集団」

 橋下徹大阪市長は22日、自身の出自に関する週刊朝日の連載を巡り、おわびが掲載された同誌が市役所に届いたことを明かし、「謝り方も知らない鬼畜集団」などと批判、公開の場で直接謝罪するよう求めた。記事を執筆したノンフィクション作家の佐野眞一氏に対しても「佐野を(社会的に)抹殺しに行かないといけない」などと激しい言葉を並べた。

 市によると、同誌を発行する朝日新聞出版の社員が22日に市職員に手渡したという。橋下氏は大阪市内で記者団に「僕は子供に、謝る時は週刊誌を送りつけて終わりという育て方はしていない」と批判。同誌が橋下氏の実母に、記事を掲載した週刊誌を送り、取材を求めたことを明らかにし、「人間じゃない。鬼畜、犬猫以下。矯正不可能だ」などと激怒した。また、佐野氏についても「向こうはペンの力で僕(や家族)を殺しにきた。佐野を抹殺しに行かないといけない」「僕と同じくらい異常人格者だ。佐野のルーツを暴いてほしい」などと話した。

 連載は同誌が10月26日号で始めた「ハシシタ 奴の本性」。同誌は2回目以降の連載休止を決めている。23日発売の11月2日号では2ページにわたる「おわび」を掲載した。【原田啓之】

(2012年10月22日 毎日新聞)

橋下市長、出自記事執筆者への非難継続「僕は佐野を抹殺しに行かなきゃ」

 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は22日、自身の出自に関する記事を週刊朝日に執筆したノンフィクション作家佐野真一氏について「明らかにペンの力での家族抹殺だ。逆に僕は佐野を抹殺しに行かなきゃいけない」と述べ、記者会見やツイッターで非難を続ける考えを示した。

 週刊朝日が、23日発売の最新号でおわびを掲載することについては「これから検証すると言っているが、再起不能で矯正不可能だ」と不満の意を示し、「次の記者会見に来るかどうか。そこにかかっている」と、週刊朝日と佐野氏に対し、市長記者会見で掲載経緯などを説明するようあらためて求めた。

 週刊朝日が橋下氏の母親に対し、取材を申し込んでいたことも明らかにし「人間じゃない。犬猫以下だ。朝日新聞社グループは鬼畜集団だ」と怒りをあらわにした。

 大阪市内で記者団の質問に答えた。

(2012年10月22日 スポーツ報知)

橋下氏、「鬼畜集団」発言を陳謝/事実誤認と朝日に

 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は23日、自らの出自記事を掲載した週刊朝日を含む朝日新聞グループを「鬼畜集団」と非難したことについて「完全な事実誤認だ。訂正とおわびをしなければならない」と陳謝した。

 事実関係については、親族が買ってきた出自記事掲載の週刊朝日を、編集部が取材のために送り付けてきたと誤解したと釈明した。 橋下氏は22日、記者団に「週刊誌を送り付けてきて、どういう社会人のマナーなのか。謝り方ひとつ知らない」と週刊朝日の対応を批判。その上で家族に取材を申し込んできたとして「人間じゃない。犬猫以下。朝日新聞社グループは鬼畜集団だ」と強調していた。

(2012年10月23日 四国新聞)

 で、大酋長閣下様、謝罪したんだけれど、何で謝罪したかと思ったら、何とツイッター(笑)







 「謝り方も知らない鬼畜」はどっちだよwwwwwwww

 あんま嗤わせんな、腹いてえwwwっうぇwwwwwっうぇww

 つか、完全に頭おかしいでしょ、このオッサン。

 謝り方が気にくわない、とキレていたくせに、自分はツイッター(笑)で謝罪。

 「公開の場」で「直接」謝罪しろよ、土下座して。

 大体、この問題が出てきた時、ピッキャン二世様はライターの事を「佐野」と呼び捨てにしていたけれど、確か、ピッキャン二世様、面識の無い目上の人間を呼び捨てにすんな、って中野氏にキレていたよねえ?

 その事も、きっちりと、「公開の場」で「直接」謝罪すべきなんじゃないの?

 面識の無い目上の人間を呼び捨てにしてすいませんでした、って。

 本当に、言っている事とやっている事が、一から十まで出鱈目。

 アカピーも紛う事なき屑だけれど、完全に同種同類同族。

 つか、この「喧嘩」が思った以上にウケたから、調子に乗って続けようととでも思ったんだろうけれど、あっさりとボロを出してブーメラン顔面に直撃させているセンスは、流石は最強(笑)の喧嘩死長様だと感心するよ。

 それと、実はこれが一番の問題だったりするんだけれど、「佐野を(社会的に)抹殺しに行かないといけない」という科白、権力者が言ってはいけない言葉No.1だよ。

 世間が、佐野とかいうライターを相手にしなくなり、勝手に滅んでいくのは自業自得というものだが、権力者が、自分の権力やコネを使ってそうなるように仕向けるのは、完全にルール違反。

 民主主義、表現の自由に対する反逆。

 佐野の連載とやらが一線を越えていたものである事は確かなのだから、それを批判し、訂正させるところまでを求めるのは当然の権利というものだが、アカピーが代表として謝罪し、連載もストップした以上、後は、公人、政治家としての行動に徹するのが義務。

 それを、私人の感情のままに公権力を使って相手の社会的抹殺を公言するなど、アカピーや佐野以上に常軌を逸した言動。

 どうしても佐野とアカピーが許せないのであれば、公人を、つまりは政治家を辞め、一私人として勝手に喧嘩をしていれば良いのだ。

 下品で野蛮で粗野で、「ああ、やっぱりピッキャンさんのご子息ね」と言われるだろうが、それが二世の決めた道なんだから胸を張って進めばいいんじゃない?

 て言うか、今でも、十分以上に「ああ、やっぱりチンピラヤクザで博打狂いのピッキャンさんのご子息ね」という感じ満載な訳だが。

 何でも博打に例える下品さ、敵対者を絶対に認めない横暴さ、喧嘩と博打だけが得意という野蛮さ。

 ああ、ああ、極道者そのものだよ、二世。

 血統とか血脈とか、そういうものは、良くも悪くも人の世について回るものだと思う。

 けれども、人間というのは、努力や決意でそこから脱却する事も可能だとも思っている。

 二世も、そこから脱却する為に、必死に勉強して弁護士になったのかも知れないね。

 けれども、結局、職業こそ違うものの、自らの呪い、一世と同じ極道な生き方を、全く同じ道を歩いている。

 これは血の呪いなんかじゃあ無い。

 ようするに、弱かったんだよ、二世は。

 上っ面だけで物事を考え、本質を見据えられなかった弱さの結果が今の二世の姿、生き様。

 職業さえ変えれば、貴き職業に就きさえすれば、血の呪いから逃れられると思ったのかい?

 違うよ。

 血の呪いから逃れる為に、脱却する為に必要なのは高い地位でも名誉でも、ましてや収入などでも無く、魂の高潔さだ。

 極道者のように弱きを挫き強きに媚びる下劣さを憎み、弱き者の為に涙し、それを虐げる悪と戦う覚悟と気概。

 あるいは、そう在りたいと願う心。

 それさえあれば、二世は二世では無く、橋下徹という一人間としての生を全うできただろう。

 けれども、二世は、上っ面の職業、収入という部分だけに着目、執着し、本質の部分では一世と全く同じ生き様を選択した。

 故に二世。

 勝てる相手との喧嘩と弱い者虐め、丁半博打だけで伸し上がってきた極道者なのだよ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

橋下徹のカネと黒い人脈 (宝島NonfictionBooks)
一ノ宮 美成+グループ・K21
宝島社
売り上げランキング: 4429

橋下「大阪改革」の正体
一ノ宮 美成 グループ・K21
講談社
売り上げランキング: 143484


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
以前経済コラムマガジンで仙石を評していたのがそのまま当てはまりますね。

弁護士はその場その場の対応は上手いが全体像を見られるとボロがでる。
2012/10/24(水) | URL | む~ #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2945-7f9861c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。