FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 国連依存症は亡国に向かう病理である

国連依存症は亡国に向かう病理である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 世界最大の腐敗利権団体である国際連合

 このような団体に、多額の金銭を支払う事自体が壮大な無駄であり、それを以ってこの腐敗団体の常任理事に就任しようなどという事は、まさしく愚の骨頂としか言いようのない行為であると思えるものです。

 さて、そのような腐りきった利権の温床である国連ですが、またもやその事実を証明するかの様な、非常に胡散臭い出来事が起きた様ですので、取り上げてみたいと思います。

人権理事国に露、中国 国連、問題国排除できず 日本など47カ国当選

 【ニューヨーク=長戸雅子】国連総会は九日、六月に発足する人権理事会の理事国選挙を行い、日本、中国、英、独、仏などが当選した。核問題を抱えるイランは落選したが、国際人権団体が人権面で問題があるとして、反対投票を呼びかけた七カ国中、イランを除いたロシアやキューバ、中国など六カ国が当選するなど、「新生・人権理」の今後の運営に疑問を抱かせるような結果となった。

 人権理設立後初めてとなる今回の選挙には、理事会を構成する四十七のポストに六十三カ国が立候補。国際人権団体「ヒューマンライツ・ウオッチ」は、このうち「人権問題を抱える国」として七カ国を名指しして反対票を投じるよう呼びかけていた。

 しかし、投票の結果、イランを除いて、中国、キューバ、ロシア、サウジアラビアなど六カ国が当選。中国、キューバなどが理事国入りしたのは、百三十カ国以上で構成する開発途上国グループによる相互支援があったためとみられる。

 一方、西欧・その他グループでは七つの議席に九カ国が立候補、ポルトガル、ギリシャと国際的な人権基準を満たしている国が落選した。

 前身の人権委員会は地域グループごとに事前に候補が調整されたため、人権問題で国際的に批判されるジンバブエなどが無投票でメンバー入りするなど、「人権侵害国家の聖域」(米国)と指摘されてきた。理事会への改組はこうした問題国家のメンバー入りを阻止するのが目的だったが、課題を残すことになった。

 人権理事会への改組を推進しながら選出条件をめぐる対立から出馬を見送った米国のシルバーバーグ国務次官補(国際機関担当)は「いくつかのメンバー国はわれわれが決めた高い基準を満たしていない」と語った。

(2006年05月10日 産経新聞)


 世界中に政治結社宗教団体市民団体など、胡散臭い団体は星の数ほどあれど、ここまで巨大で地位の高い腐敗団体は国連唯一つであろうと思われます。

 罪無きチベットの人民を虐殺し、今なお弾圧し続けている支那が、事もあろうに人権理事会の理事国とは、臍でマグマを沸かせる事が可能な程にけったいな話であります。

 その他の国々にしても、凡そ人権の何たるかを理解出来ていないといった感満開の面々であり、この様な面子で集まって、一体人権の何を語り合おうというのか、非学な私にはさっぱり分かりかねるところです。

 ただ、この様な胡散臭い団体が大好きなサヨクという人種が、如何に人権というものを軽視しているかという事は、私にも容易に理解出来るものではありますが。

 国連の胡散臭さは、今回の人権理事会の件以外にも、星の数ほど存在しているものであり、それだけでは無く、この国連という団体は国際連合とは名ばかりで、世界に起こっている紛争を何一つ解決出来ていないという事実を考えれば、現状の日本が取っている国連主義というものが、如何に間違っているものかという事は容易に理解出来るものです。

 現在、米国が主導を取り国連改革を行おうとしているようですが、如何に剛腕の米国といえども、ここまで腐敗しきったものを改善の方向に向かわせる事は、至難の業ではないかと思えるものです。

 さすがに今すぐに国連を脱退するなどというところまでは飛躍しなくとも、もう少し国連との距離を計るという事を、日本はしていっても良いのではないかと思えます。

 この様な役立たずな腐敗利権団体に依存しきって自尊心を満足させる様な行為は、国民血税を溝に捨てるだけでは無く、国連を理想の団体として喧伝し、その腐敗の中枢にいる支那を始めとする「人権問題を抱える国」を持ち上げようとする腐れサヨクに利するだけであるという事に、政府は早く気付かねばならないでしょう。

 日本がサヨクなどの国内に潜む売国勢力、そして支那北朝鮮に代表される外敵から身を守り、自主独立を維持する為には、国連依存症という病理の克服は、避けては通れない道であると思われるものです。

 早々に脱国連とまではいかなくとも、もう少し国連との距離を計らねばならない時期に、日本は差し掛かっているのではないかと思える今日この頃です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

日本外交の情報戦略
日本外交の情報戦略
posted with amazlet on 06.05.10
岡崎 久彦
PHP研究所 (2003/03)
おすすめ度の平均: 4.67
5 パクス・アメリカーナの歩き方
4 日本外交の光と影
5 情報戦略の極意が分かる名著

「情報」と国家戦略
「情報」と国家戦略
posted with amazlet on 06.05.10
太田 文雄
芙蓉書房出版 (2005/04)
売り上げランキング: 3,347
おすすめ度の平均: 5
5 地球はひとつ
5 前情報本部長の冴えた頭脳を見よ


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!


テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
日・米・欧州の健全な国家から成り、国連に代わる新しい組織を作るべきですね。
金に媚びるアフリカ・アジア諸国や、大国ならが健全度を満たしていない露・中などの加入は言語道断で。
もちろん、歪曲捏造で塗り固められたアジア有数の偽善国家、上下朝鮮は言うまでもなくアウト。
2006/05/11(木) | URL | ワ #-[ 編集]
日米欧で、国連に代わる組織を作るべきという意見には、全面的に同意するところです。

問題は、如何にして支那や露国を排除するかといったところですかね。
2006/05/11(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/295-ba6eb67d