或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 落陽

落陽
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

太陽の党:解党、維新と合流へ 「減税」とは白紙

 日本維新の会と太陽の党は16日、近く合流することで合意した。維新の橋下徹代表(大阪市長)が同日、太陽の石原慎太郎共同代表らと国会近くのホテルで会談して一致すべき政策課題を提示、太陽が受け入れることを決めた。太陽が解党して維新に合流、党名は日本維新の会のまま変えない。第三極の連携は、太陽が加わる維新とみんなの党を軸に進むことになる。

 橋下氏は会談で、維新が衆院選公約に盛り込む▽脱原発▽環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加▽消費税の地方税化??の3点を含む政策課題と、維新とみんなとの政策合意の内容を提示。太陽にとって本来は隔たりの大きな主張が含まれるが、会談後に党本部で協議した党幹部は受け入れることを決定、石原氏が橋下氏に伝えた。

 また橋下氏は会談で、石原氏が新代表に就任することを提案したが、石原氏は2人が共同代表となる案を示し、結論は出なかった。

 橋下氏は会談後、大阪市内で記者団に「基本的なところで(政策を譲った点)はない。野合と言われることはないと思う」と述べた。太陽の園田博之前衆院議員は国会内で記者団に「(政策面は)話してみれば真逆ではなかった。候補者の調整も一気にやりたい」と語った。維新は17日に最高議決機関である全体会議を大阪市内で開催、石原氏も出席して合流を正式に決め、合同で記者会見する。

 また、太陽は16日の幹部会合で、減税日本との合流を先送りする方針を決めた。石原氏は減税の河村たかし代表(名古屋市長)とともに「4党合流」を求めてきたが、太陽幹部は「減税とは事実上白紙だ」と発言。維新の松井一郎幹事長(大阪府知事)も「(減税とは)政策が違う」と否定した。

 一方、みんなの党との連携について松井氏は、合流を求めず選挙協力を模索する考えを示した。【藤田剛、福岡静哉】

(2012年11月16日 毎日新聞)

 そうきたかwwwwww

 いや、もう、何か呆れを通り越して面しれぇwww

 まあ、真面目な話をすると、商売右翼の障子チ○コマンさんが日和ってピッキャン二世に擦り寄るだろうとは予想していたのだけれど、平沼センセがストッパーになるかと思っていたんだよね。

 腐っても平沼と思っていたんだけれど、まさか、ここまで堕落していたとはね。

 亀井センセの風下に立つのを嫌がって国民新党への参加を見送り、その上、自民党への未練が断ちきれずに新党の立ち上げのタイミングを外し、やっと立ち上げた新党は実質的に障子チ○コマンさんのネームバリューに頼った微妙な出来で、挙句にはその障子チ○コマンさんと共同代表とかいう微妙な立ち位置に追い遣られ、最後には、ピッキャン二世がごとき若造の風下に立つ羽目になる、と。

 自業自得とは言え、悲惨過ぎて笑えないよ、平沼センセ。

 しかも、他の報道によると、障子チ○コマンさんは忌死んの怪の政策を、基本的に全部丸呑みしたんだろう?

 増税容認、TPP参加、害酷塵参政権賛成、ETC.。

 普通に保守的に政策を掲げてれば、未だ、それなりの票と議席を期待出来たかも知れないのに、それじゃあ、殆ど全員が落選だろうな。

 平沼センセや障子チ○コマンさんは流石に当選するだろうけれど、下手すれば、その二人で終わりじゃなかろうか。

 自分達の為だけに、仲間を見捨てたんだな、障子チ○コマンさんも、平沼センセも。

 ホント、最低。

 障子チ○コマンさんは最初からそんな奴だったけれど、まさか、平沼センセまで、そんな人外に堕ちるとはね。

 残念な限りだよ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 1109

消費増税で日本崩壊 (ベスト新書)
斎藤 貴男
ベストセラーズ
売り上げランキング: 285349


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
2005年の郵政選挙と同じマスコミの風が維新に吹く可能性はある気がしますが…。

冬の寒さによる選挙の投票率の低さによる公明党有利と、基本B層の維新が躍進する可能性は低いと思って安心してよいのでしょうか。

逆に小沢河村亀井の三氏の減税反TPPチームによる第三極の躍進はあるのでしょうか。
2012/11/17(土) | URL | 名無し #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2969-d085e1ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。