或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Menschliches, Allzumenschliches

Menschliches, Allzumenschliches
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「自公は野合の極み」 橋下代行が応酬

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は24日、2030年代までの原発全廃など主要政策が太陽の党との合流で後退したとする与野党の批判に対し「自民党は『国防軍』に賛成で公明党は反対だが選挙は一緒にやっている。これこそ野合の極みだ」と応酬した。遊説先の松山市内で記者団の質問に答えた。

 日本維新と太陽の党が合流した際に結んだ政策合意は、原発政策に関し安全基準などのルール構築と電力市場自由化だけにとどめた。橋下氏は「根本部分は変わっていない。標語を外し、表現方法が若干変わっただけだ」と反論。企業・団体献金全面禁止も撤回したが、これについても「法改正を目指すのは変わらない」と訴えた。

 太陽の党との合流に不快感を示すみんなの党の渡辺喜美代表にも矛先を向け「好き嫌いで判断しては駄目だ。人間関係で政治をやる昔と同じだ」と非難した。

(2012年11月24日 スポーツニッポン)

 もうね、アホかと、バカかと。

 政治ってのは、とどのつまりは人間関係そのものなんだよ。

 いや、政治に限った話ではなく、世の中の全てがそうだと言えるね。

 そこを否定するのは、コミュ障のアスペ。

 出来ないから否定する。

 否定するからますます出来ない。

 負のスパイラル。

 で、重度のそれが権力を握ったりすると、何というか、機械的で、人間味の全く無い、とことんまで「合理的」なシステムで世の中を管理しようとする。

 ピッキャン二世大酋長閣下様は、まあ、あの通りペラペラペラペラと良く喋るから、コミュ障では無いように見られがちなんだけれど、あのアホの会話とか、議論とか、ツイッターでもいいから、そういうのをよく見聞きすると、全くと言って良い程に双方向性が無い、という事に気付くのだよね。

 全て、一方的に、自分の主張なり意見なりを吐き出しているだけで、歩み寄りだったりとか、意見を積み重ねていったりとか、そういうのは一切無い。

 喋っているから、会話なり議論なりをしているように見えるけれど、その実は、単に一方通行の発言が繰り返されているだけ、というね。

 ちょっと話は逸れるけれど、浪速のルーピー教団の信者くん達は、教祖様ことピッキャン二世は議論に強い、と言って憚らない訳だけれど、「そう見える」秘訣は、実はここにある。

 相手の意見は一切意に関さず、適当にスルーしながら自分の言いたい事だけを好き放題に言いまくり、最後には勝手に勝利宣言する。

 真面目に、これって議論の必勝法だったりするからね。

 議論を、相手の意見を押しのけ、自分の意見を押し通すゲームと仮定するなら(実際、ピッキャン二世や小泉チョン一郎、そしてその信者くんたちは、そう定義している節がある)、これ程に完璧な必勝法は無い。

 だって、相手の意見を真面目に聞くから、その意見の正当性なりを考慮したり、相手の都合に配慮したり、そういう必要性が生まれてくるのだから。

 ようするに、我儘な糞餓鬼ほど強い、という不毛なゲーム。

 だから、かの坂本竜馬は議論みたいなものは余程の事がなければしない、と決めていたのだね。

 別に、議論が不必要だと言っている訳じゃないよ。

 アホみたいに軽々にやるのは愚の骨頂、と言っているだけ。

 真逆の道を往っているピッキャン二世大酋長閣下様が維新だの八策だの言っているのは、正直詐欺に等しいね(もっとも、勢いだけの下っ端、ビジョンも何もなく、ただ時流に乗って騒いでいるだけの「その他大勢」な維新志士の多くは、議論大好きだった模様だが。坂本竜馬が「議論なんかせん」と言っていたのも、要するに、そういうヴァカに対してだし)。

 また、相手を打ち負かす為の議論ではなく、お互いに意見を出し合って歩み寄る建設的な議論なら、やる価値もあると言える。

 で、最初に戻る訳だけれど、これが、ピッキャン二世大酋長閣下様の批判するところの「人間関係で政治をやる」って事。

 「談合」と言う手合いもいるね。

 まあ、全部が全部ではなくて、本当に不当に参入を阻害されている人達のいるのはいるんだけれど、大半以上、約95%以上の談合を批判している人達って、アスペを拗らせてこの「お互いに意見を出し合って歩み寄る建設的な議論」を出来ない人達なんだよね。

 治そうと思って病院に往ったり、話し方教室にでも通うというのなら応援も出来るんだけど、そんな自分達の為にルールを改正しろ、とか、解同や民団の連中と変わらんよね、実際。

 これが、規制緩和厨、談合批判厨の正体。

 確かに、そういうものがなくなって、機械的で人間味の欠片も無いシステマティックな社会が実現したなら、議論に入っていくだけの知識とか度胸とかがなくても、取り敢えずのスタート地点には立てるものな。

 問題は、そんな糞餓鬼の我が儘に付き合って、人間的な社会を放棄し、機械的で人間味の欠片も無いシステマティックな社会を受け入れてもいいのか、という事。

 まあ、良い訳が無いよね。

 そんなものを望むのは、重度のアスペ、いやサイコパスくらいのものなのだから。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠

講談社
売り上げランキング: 243629

橋下「大阪維新」の嘘 (宝島SUGOI文庫)
一ノ宮美成+グループ・K21
宝島社 (2012-03-06)
売り上げランキング: 16497


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2977-293ab66a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。