或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Disturbing the Priest

Disturbing the Priest
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「賃金足りない部分は公が面倒みる」橋下・維新代表代行

■橋下徹・日本維新の会代表代行


 (政権公約『骨太2013~2016』に掲げた『最低賃金制の廃止』について)働く場を確保しようと思えば、賃金は企業ごとの経営状況に応じて賃金の水準は上下せざるをえない。たとえ最低賃金をある一定の額、少しでも賃金を払ってくれるなら、企業活動に任せて、最低の生活保障は国がきちんと保障する。今は企業に最低賃金というハードルを課して、それを出せない企業とかは、本当ならあと2人も3人も雇えるのに1人しか雇えない、となってしまう。企業活動の中で、出せる賃金、雇える人数をきちんと決めてもらって、できるかぎり多くの雇用を生み出してもらいたい。

 ただ、最低賃金を撤廃したからどれだけ低い賃金になってもいいのか、と言ったらそうではなくて、足りない部分は公が面倒をみていく。何も国民のみなさんに安く働けということではなくて、まず企業が出せる賃金はできる限り出して、雇用も生んでもらう。最低賃金といっても、低すぎたら労働者は来ない。

 たとえ1人、2人を雇うビジネスでもいいから、企業活動を国民の皆さんにやってもらう。ただ、賃金をもらって、あまりにも低すぎて生活できない部分は公が生活を保障してあげる。この二つのミックスでやらないと、社会保障なんかもたない。(大阪市役所で記者団に)

(2012年11月30日 朝日新聞)

 きがくるっとる。

 完全にきがくるっとる。

 「最低賃金といっても、低すぎたら労働者は来ない」って、足りない分を政府が出してくれるんなら、別に日当10円の募集にだって人は集まるよ。

 だって、それで生活は不可能だけれども、生活出来るところまでは政府が補完してくれるんだから。

 逆に、中途半端に時給500円、600円とかくらいのところに就業してしまったら、ぎりぎり生活可能と判定されて補助金が下りない可能性が高い。

 だったら、企業的にも労働者的にも、とことんまで、生活不能なところまで賃金を下げてしまった方が互いにメリットがある、と言える。

 こうして、ほぼ全ての企業と労働者が、こいつらの言うところの「シロアリ」となる。

 共産主義の国民総公務員と変わらない状況になる。

 ピッキャン二世大酋長閣下様のような、銀河系最狂のヴァカでなければ分かる事なんだけれど、最低賃金ってのは、単純に労働者の為だけにあるんじゃなくて、そうならないように、国民総公務員と変わらないような状況に陥らない為の規制でもある訳。

 というか、ピッキャン二世大酋長閣下様だって、それくらいの事は本当は分かっていて、敢えて、そうなるように働き掛けているんだろうけどね。

 日本のという国家を解体し、日本人から奪う為に。

 そうして、無機質な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済大国、日本人、日本民族は先祖代々の土地を追われ、そこに華僑や金貸しユダヤが跋扈し、そこに媚を売って御零れに与るべく在日乞食が群がる経済大国を作り上げようとしている。

 それが、ピッキャン二世と忌死んの怪の飼い主様のご意向。

 普通、所謂「売国奴」と呼ばれるような連中でも、ここまで無茶苦茶はしない。

 売る「国」がなくなれば、自分すらも窮するのが分かっているから。

 昨日のエントリにも書いたけれど、こいつは、本当に日本国、日本人を憎んでいるのだと思う。

 一般的な売国奴のように、金の為に日本国を売り飛ばしているのではなく、憎悪から、日本という国を、日本人という種族を滅ぼそうとしているのだと思う。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠

講談社
売り上げランキング: 139977

橋下徹のカネと黒い人脈 (宝島NonfictionBooks)
一ノ宮 美成+グループ・K21
宝島社
売り上げランキング: 31728


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2983-c4732bf3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。