FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北朝鮮は他国にとっても有害だが、日本にとってもっとも有害である

北朝鮮は他国にとっても有害だが、日本にとってもっとも有害である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 犯罪国家北朝鮮に対する国際的圧力が日々高まる中、警視庁、鳥取県警により新たなる北朝鮮の犯罪が検挙された模様です。

北の覚醒剤密輸貨物船「ツルボン1号」 乗員の半数関与か

9人、14年10月乗船

 平成十四年十月に北朝鮮から数百キロの覚醒(かくせい)剤が密輸された事件で、覚醒剤を運んだ北の貨物船「ツルボン1号」の現在の乗組員十七人のうち半数以上の九人が、当時の密輸事件の際にも同乗していたことが十三日、警視庁と鳥取県警の調べで分かった。

 逮捕された韓国籍の禹時允(59)と指定暴力団極東会系組長、宮田克彦(58)ら三容疑者が、第三者を介して知り合っていたことも判明した。禹容疑者は同年四月と七月にも各数百キロの覚醒剤を北から密輸した疑いもあり、警視庁は捜索で押収した航行日誌などをもとに同船の不法活動の実態解明や三人を仲介した人物の特定を進める。

 同船は同日午後、北に向け、鳥取・境港を出港した。

 調べでは、ツルボン1号は北の貿易会社が所有。平成十二年ごろから北朝鮮の清津港と境港の間を月一回程度往復。北からはカニなどを、日本からは中古自転車などを運んでいた。十四年十月の覚醒剤の密輸入にも利用され、海上にポリ袋に入った覚醒剤を投下した乗組員と、釣り船で回収した遊漁船業、権田修容疑者(54)が携帯電話を使って綿密に連絡を取り、覚醒剤の受け取りを成功させていた。

 警視庁は、当時も乗船していた九人のなかに「投下役」を務めた乗組員がいた疑いがあるとみて、日本国内の関係者の供述や権田容疑者の携帯の通話記録をもとに捜査する。

 今回の事件では、宮田容疑者が覚醒剤の受け取りや密売の首謀者で、禹容疑者は北との連絡役だったが、権田容疑者も含め、三人は当初面識がなかった。宮田容疑者は“売人”として暴力団関係者らの間で有名で、大量購入を狙い、第三者を通じて北に太いパイプがあるとされる禹容疑者らと知り合ったとみられる。

(2006年05月14日 産経新聞)


 拉致紙幣偽造、そしてこの覚醒剤密輸と凡そ如何なる国でも犯罪とされる事柄で、外貨を獲得し延命をしている北朝鮮

 やはり我が国は、この中でも拉致という最大・最悪の犯罪の被害国として、この北朝鮮を叩き潰す為、率先して行動し、一日も早い解決を目指していく必要があると思えるものです。

 北朝鮮六カ国協議への参加を拒否し、問題の進展を妨げ延命を図ろうとしている中、一刻も早い経済制裁の発動を望む国民の声をこれ以上無視し続ける事をし続ける事は、日本国民に対する裏切りとなるだけでなく、国際社会の流れに逆らうものであり、湾岸戦争の時以上に日本の名誉を傷つける行為である事を、政府は強く認識せねばならないでしょう。

 拉致麻薬と、北朝鮮の主要犯罪の影響を最も強く受ける日本が、紙幣偽造の最大被害国であるとはいえ、基本的には第三者である米国の意向無しでは動かないままでこのまま事態が進み行けば、日本は自国の問題にも米国無しでは考えられない半保護国であるという印象を、今以上に国際社会に強く印象付ける事になる事は容易に想像し得るものです。

 北朝鮮人権法案などという、米国の二番煎じを制定させるのみで悦に入っているようでは、事態は半永久的に進展しないであろう事は、如何に鈍間で愚図な政府外務省とても気付いてはいる事でしょう。

 更にこのまま、解決への強い意志を示す事をしなければ、国民を裏切り、国際社会の信用を失くすのみでなく、北朝鮮の南にある某馬鹿国家と同じく、北朝鮮側に付こうとしているのではないかという疑惑の目を向けられる可能性すら生じてくるとも考えられます。

「南北線」55年ぶり開通 25日試運転で合意 金大中氏、鉄路訪朝へ

 【ソウル=久保田るり子】韓国と北朝鮮は十三日、軍事境界線をまたぐ南北縦断鉄道、京義線と東海線の試験運行を二十五日に実施することで合意した。金大中前大統領は六月に訪朝を予定しているが、希望する鉄路訪朝が実現する可能性が高まった。「分断鉄路」の再連結は二〇〇〇年の南北首脳会談で合意していたが、運行が始まれば象徴的な意味が大きく、軍事・経済など南北融和が一気に進む契機となりそうだ。

 韓国統一省によると、試験運行は北朝鮮・開城で開かれていた南北鉄道・道路連結実務協議で合意した。合意によると試験運行は京義線が韓国・●山-北朝鮮・開城(二七・三キロ)間で、東海線が北朝鮮・金剛山-韓国・猪津(二五・五キロ)間。二十五日午前十一時、京義線は韓国側から、東海線は北朝鮮側から、政府高官など約百人を乗せ発車する。

 合意では北側の両線整備に韓国による約四十億-六十億ウォン(四億八千万-七億一千万円)相当の資材提供も決まった。

 京義線の再連結は朝鮮戦争時の一九五一年の避難列車としての運行以来、五十五年ぶりだ。京義線は中朝国境の新義州まで続く。もともと日本と旧満州を結ぶ幹線鉄道として企画され、一九〇六年に開通、満州鉄道に連結していた。

 一方、東海線は日本時代、朝鮮半島の東海岸に沿って韓国・釜山と北朝鮮・元山を結ぶ鉄道だったが、一部しか開通しなかった。

 首脳会談合意で再連結が現実味を帯びて以来、京義線には中国が、東海線はロシアが注目、運行が実現すれば北東アジアの物流、安保環境が大きく変化するといわれてきた。

 今回の合意は、盧武鉉政権による対北朝鮮急接近の成果では、などとも取りざたされている。

●=さんずいに文

(2006年05月14日 産経新聞)


 基地外整形大統領の暴走により、「悪の枢軸」入りを宣言した韓国と同類と見られれば、日本がどのような命運を辿る事になるかなど、想像するまでもなく分かる事と思われます。

 政府外務省にそのような意思は無いとは思いますが、これ以上この北朝鮮問題の進展が停滞するのならば、我々国民は未だしも、国際社会の目が政府に厳しいものになっていく可能性は非常に高いと思われるものです。

 政府にそのような意思が無く、北朝鮮問題の一刻も早い解決を目指しているというのであれば、早々に経済制裁を発動し、率先して北朝鮮国家犯罪を非難し、その断固たる意思を国民、そして国際社会に示す必要があると言えるでしょう。

 この北朝鮮問題は、日本政府が今までのらりくらりで何とか解決出来てきた問題とは根本的に性質を持つものであり、今のような態度では決して解決する事が出来ないものである事を、政府は早く認識する必要があります。

 そして国際社会の先頭に立ち、北朝鮮に対して強い対応をしていかなければ、日本は三等国どころか四等国、五等国に転落する可能性すらあり得ると思えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

謎の独裁者・金正日―テポドン・諜報・テロ・拉致
佐々 淳行
文藝春秋 (1999/02)
売り上げランキング: 108,366
おすすめ度の平均: 4.5
5 戦後日本防諜史
4 影の人たちに光を
4 対スパイ機関の悲哀

拉致―北朝鮮の国家犯罪
高世 仁
講談社 (2002/09)
売り上げランキング: 53,196
おすすめ度の平均: 4.5
4 拉致事件の全貌がわかりやすくまとめられている
5 北朝鮮拉致問題について


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
【i2i】無料レンタルCGIサービス -SEO対策ツール無料レンタル


テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さんこんにちは。
覚せい剤密輸の容疑で逮捕された在日鮮人は何でも、海保と銃撃戦を繰り広げ自爆した北の工作船から見つかった、プリペイド式携帯に通話記録が残っていたとか。日本に寄生する鮮人の団体は、この上、自分たちは北に協力などしていないと、シラを切るつもりでしょうか。日本は充分に忍耐をした。度の過ぎた寛容さを示して、鮮人をのさばらせてしまった。
事ここに至っては、仮令、世界中の非難を浴びようと強権発動を施行し、国内で暗躍する鮮人共の一掃を図るべきでしょう。併せて、パチンコやマチ金といった鮮人の収入源にメスを入れ、不正の徹底的な摘発をして壊滅に追い込み、あのダニ民族が日本にいられなくしなければ。朝鮮半島は、東アジアの各地に根を張る華僑が唯一居つかなかった土地。理由は何のことはない、人種差別が苛烈を極めたからです。我々が日本国内に巣食う鮮人に同様のことをしたとて、奴らから非難される謂われはない。
経済危機が懸念される韓国では、整形大統領が北との宥和などと云う妄想に耽っているようだが、どの途、計画が行き詰まって日本に支援を“命じ”てくるでしょう。今度こそ日本人が堪えてきた積年の屈辱を晴らす時。ただ一言、「NO」と答えてやれば良い。
あの醜い容貌が絶望に歪む様を見たいもんです。・・・いや、やっぱり見たくはないかな、夢で魘されそうだ・・・。
2006/05/14(日) | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
在日を排除するのに強権など発動しなくとも、「特別永住許可」を取り消せば済むと思われます。

送還にしても、強制退去だなどと言わないで、彼らが何時も主張している「ニッテイ」によって強制連行されたとの弁を利用し、反省と謝罪の意から「無料」で故国にお返しするとでも言っておけば、国際社会に対する面子は保てるでしょう。

公権力の行使によって押さえ込まねばならないのは、サヨクと愉快な仲間たちの方、つまり皮肉にも日本人であると言ってよいものと思われます。

韓国に関しては、せっかく盧武鉉くんが会いたくないと言ってくれているのですから、このまま放置しておけば、勝手に自壊してくれるでしょう。

日本としては、ノコノコと会いに行ってしまう馬鹿、つまりは康夫くんや禎一くんを首相になどせぬ様、心掛けておく事のみが肝要な事と思われます。
2006/05/14(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/302-18a186f2