或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップマスゴミ → アサヒる序曲

アサヒる序曲
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

新聞への軽減税率適用に65%が「肯定的」 日本新聞協会の調査はおかしくないか

日本新聞協会の調査によると、新聞などへの消費税に「軽減税率」を適用することに多くの国民が賛成しているという。ただ、調査の中身をよく見ると、対象になった人の半分以上は「無回答」「回答拒否」で、日本新聞協会の主張にはかなり無理がある。事実ネット上では「大嘘」といった表現も出ている。

ちなみに、J-CASTニュースが行ったアンケート調査では、8割が適用に反対するというまるで正反対の結果になった。

実際に回答したのは1210人

新聞協会は2013年1月15日、2012年11月に実施した軽減税率導入についての調査結果を発表した。これによると、回答した1210人中84.0%が軽減税率を「導入すべきだ」または「どちらかというと導入した方がいい」とし、さらにこの導入賛成派1016人中の75.3%が、新聞・書籍を軽減税率の「対象にするべきだ」「どちらかというと対象にした方がいい」と答えたという。

新聞協会ではこの結果を元に、「先に新聞協会が実施した調査では、8割を超える国民が軽減税率の導入を求め、そのうち4分の3が新聞や書籍にも軽減税率を適用するよう望んでいます」と述べ、これを新聞への軽減税率適用を求める論拠の1つに挙げている。

各紙も翌16日、そろってこの調査結果を取り上げた。たとえば読売新聞では、「全国の成人男女1210人を対象に昨年11月に行った軽減税率に関する面接調査の結果」という説明付きで、その結果を詳細に掲載した。毎日新聞も「新聞に導入 65%肯定的」の見出しで、この数字を紹介している。

実際には7割近くの対象者が「無回答」

しかしこれには、たちまち疑問の声が噴出した。上記の読売記事などでは触れられていないが、実はこの調査の「対象」となった総数は「4000人」で、1210人は質問に実際に回答した人数なのだ。

調査を請け負った中央調査社によれば、今回の調査は別の複数の調査との「相乗り」形式で行われたもので、それぞれの質問に答えるかどうかは被調査者にゆだねられていた。その詳しい内訳は不明だが、半分以上の人は「無回答」「回答拒否」を選んでいたわけだ。

また回答者中の約3分の2が「適用賛成」だったといっても、積極的に「対象にすべき」と答えたのは36.2%で、残りは「どちらかというと」という消極的な賛成に過ぎない。結局のところ質問を受けた4000人中、明確に支持を表明したのはせいぜい400人強しかいなかったということになる。

書籍・雑誌や電子媒体への適用にも反対多数

新聞、書籍に対する軽減税率適用についてネットではどう考えているのか、J-CASTニュースはアンケート調査をした。2013年1月16~23日にかけ、新聞への軽減税率適用の是非を選択式で回答してもらったところ、3307票中82.3%が「適用するべきではない」を選び、「適用するべきだ」とした人は9%、「どちらかというと」を含めても11.4%に過ぎなかった。

また新聞以外のメディアに対しても、適用を支持する声は小さい。新聞協会では書籍・雑誌・電子媒体などにも軽減税率を求めているが、J-CASTニュースが行った別のアンケート(2013年1月18~23日、総投票数1608票)では、「書籍・雑誌」「電子媒体」ともに適用賛成は2割弱に留まった。

もちろん、ウェブ上のアンケートであるため、限界はあり、正確に世論を反映した数字とは言い切れない。ただ、国民の半分以上が賛成しているというのは、いささか無理があるのではないか。

なお新聞への適用の可否も含め、軽減税率については与党内で協議が行われたが、現時点では8%時点での導入は見送られる見込みで、とりあえず新聞協会の要望が入れられる可能性は少ない。

(2013年01月24日 J-CAST)

 相変わらず、元気にアサヒってやがるな、カスゴミくんたち。

 まあ、今更、カスゴミの調査(笑)、アンケート(笑)なんかを本気で信じる人もそうそうはいないだろうけれど、だからと言って、こういう事を堂々とやるのはどうなんだろうかね。

 いや、勿論、コソコソやったってダメなんだけれど。

 こういう姑息な事をやっているから、信用を失くして売上げを激減させているというのに、懲りもせずに姑息な真似を為出かして、挙句に速攻でバレて嗤われているのだから、憐れというか惨めというか・・・

 つか、糞真面目にアドヴァイスしてやるけれども、今なら、普通に起こった事を出来るだけ正確に、下らない私見を交えずに、誇張や情報の切り取りをせずに記事を書けば、それだけで日本一の新聞になれる可能性大。

 だって、そんな新聞無いんだから。

 そして、そんな新聞を求めている国民は数多く存在する。

 こんな簡単なビジネスが出来ないなんて、頭が完全に狂ってるとしか思えん。

 つか、その真逆をやって売上げを激減させているんだから、最早、脳に重大なエラーが発生しとるとしか思えんよね。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫)
THINKER
徳間書店
売り上げランキング: 13,440

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
マーティン・ファクラー
双葉社
売り上げランキング: 2,280


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
野豚内閣を見ても、内閣支持率()なんか捏造ということを更に確信しました。消費税法案通してからしばらく下がらず、解散近くなってから何故か下がり出すって、さっぱり理由がわかりません。
坪三さんのも、法人税減税が決まるまで危険水域らしきところまでは下がらなかったりして(笑)。

まともな新聞なんか出しても潰されるか消されるだけでしょうから、カスゴミなど、厨獄や上トンスリアのと根本的には何ら変わりないとできるだけ多くの人々が認識するしかないような気もします。
2013/01/25(金) | URL | 北野茂良 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3038-fcfa2eb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。