或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ国際 → Das Lied der Deutschen

Das Lied der Deutschen
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

安倍政権の円安政策に懸念 独与党幹部 G20メンバーの反発警告

 独与党キリスト教民主同盟(CDU)の幹部、ミヒャエル・マイスター議員は22日、円相場を押し下げようとする日本政府の行動は他の20カ国・地域(G20)メンバーからの報復を呼び、脆弱(ぜいじゃく)な景気回復を損なうリスクがあると警告した。

 マイスター議員は電話インタビューで、円相場を押し下げることで輸出を後押ししようとする安倍晋三首相の動きは「大きな懸念を呼ぶ」と述べた。マイスター議員は2月7日から日本政府当局者らと会談する予定。ドイツは恐らく、日本に方針を変更するよう働き掛けるため他のG20メンバーの協力を求めるだろうと同議員は述べた。

 「日本の競争相手は何ができるというのか。賢明な態度をとり何もしないか、日本に追随して全員が打撃を受けるような悪循環を作り出すかのどちらかしかない」と語った。

 ショイブレ独財務相も16日に下院での演説で日本の金融政策を批判。世界の金融市場に過剰な流動性を注入することになると論じた。独連邦銀行のバイトマン総裁は21日フランクフルトでの講演で、安倍首相が円相場を政治問題化するリスクを指摘した。また、マイスター議員は円安が輸入物価を押し上げるため、経済効果は短命に終わる可能性があると指摘した。「日本経済の真の問題は構造的なもので、必要なのは構造的な解決策だ。為替市場に干渉することではない」と説いた。

 ドイツ商工会議所連合会(DIHK)のチーフエコノミスト、アレクサンダー・シューマン氏は、スイスのダボスで開かれる世界経済フォーラム(WEF)年次総会で日本の政策について話し合われるだろうと述べた。日本銀行が政府に押されて無制限に日本国債を購入するような決定は「危険がいっぱいの火薬箱」のようなものだと警鐘を鳴らした。(ブルームバーグ Brian Parkin)

(2013年01月24日 ブルームバーグ)

 何でまた、ドイッチュランドさんが、何処かのニダーさんの如くに必死なのかと言うと、要するに、EU圏の、ユーロを通貨として使っている国ってのは、自国だけで通貨量のコントロールが出来ないから、つまりは通貨の安い高いをコントロール出来ないから、なのだね。

 普通なら、日本なりダメリカなりが通貨発行量を増やせば、自国のそれも適当に増やしてバランスを取ればいい訳なんだが、ドイッチュランドさんを始めとするユーロ圏の国は、自国だけの独断でそれが出来ない。

 全ての国が自国の通貨安を希求するのであれば、少しは話も早くなろうというものだが、必ずしもそういう訳では無く、ある程度の通貨高を維持して貰った方がありがたい国というのもあるからね。

 それに、通貨の安い高い以外に、インフレやデフレの問題もある。

 一国のデフレを助ける為にECBが通貨発行量を増やしたら、別の一国ではインフレが収集つかなくなる、みたいなね。

 EU、少なくともユーロという社会実験の失敗を認め、ユーロ発行以前の状態に戻せば良いだけなんだけれど、変に人類とか国家の革新みたいな、壮大なイデオロギーを掲げているだけに、中々そうもいかない。

 というか、そもそも、ユーロの「旨み」を味わいつくして来たドイッチュランドさんみたいな国は、それがなくとも、そっちの旨みも手放したく無い、と。

 で、ユーロの旨みは旨みで残しつつ、他国の通貨安誘導もやめさせたいドイッチュランドさんが辿り着いた答えがこれ。

 日本を叩く。

 ニダーさんやシナーさんほどにトチ狂ってはいないにしても、ちょいと利害が絡めば、外国なんてどこもこんなもんですよ。

 親日と呼ばれる国にしたって、利害関係がある程度一致するから親日なだけで、状況が変わればどう転ぶかなんて誰にも分からない。

 国家間に真の友情なんてものは成立しない。

 まあ、結局のところ、反対する国もあるだろうし、逆に賛同を示す国もあるだろうけれど、それがどちらであるにしても、そんなものに耳を貸す価値は無い、という事だね。

 何処の国も、自国の立ち位置でペラ回しているだけなのだから。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ソロスの警告 ユーロが世界経済を破壊する
ジョージ・ソロス
徳間書店
売り上げランキング: 31,300

間違いだらけのTPP 日本は食い物にされる (朝日新書)
東谷 暁
朝日新聞出版
売り上げランキング: 69,299


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ユーロなんか骨の髄から欠陥刑罪であることは、素人でも容易にわかるはずですが、この記事を見ても、それを言うのは国際的にタブーなんでしょうね。
見方を変えると、それを言ってしまえば、ユーロ安を誘導出来るかもしれない。それで済まされないような気もしますが(笑)。

国家間に真の友情なんて成立しないし、地球市民何てものも成立しません。
地球市民なんて言うクソ左翼は、金儲けしたい権力者の左手で踊らされているに過ぎません。
左翼が罪塊の補完勢力になってる例は他にもありますからね。
2013/01/26(土) | URL | 北野茂良 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3039-6484d37d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。