或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Kramer vs. Kramer

Kramer vs. Kramer
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

橋下市長が小倉キャスター名指しで批判 「桜宮高の実態知らずに主張している」

大阪市立桜宮高校の体育系2科の入試中止に関して、大阪市の橋下徹市長がツイッターで「とくダネ!」(フジテレビ系)のメーンキャスターを務める小倉智昭氏を批判した。

小倉氏は番組で、一貫して入試中止の方針に反対する発言をしている。これに橋下市長は「桜宮高校の実態を知らずに受験生のことを考えるべきと主張するのは間違い」と切り捨てた。

「どうってことない、と言う権利は市長にはない」

「とくダネ!」ではほぼ毎回、桜宮高で起きた体罰問題や生徒の自殺、それに伴う体育科とスポーツ健康科学科の入試の中止について報じている。2013年1月18日の放送では、市長が体育系2科の入試中止と教員、運動部顧問の全員交代を主張し、大阪市教育委員会がこれを認めなければ給与など人件費の予算を執行しないと発言したことを取り上げた。

小倉氏は「橋下市長の発言が日に日に過激になって、極論じゃないのかと受け取れる部分もある」「入試中止して、教員を総入れ替えして、今後このような事件が起こらない保証がどこにあるのか」と首をひねり、「『体育学科が受験できないぐらいで、これから長い人生いろいろあるんだから、どうってことないよ』と言う権利は、市長にはないと思う」と述べた。

その後も「批判」は続く。1月24日の番組で、入試中止を批判するマスコミに対して橋下市長がツイッターで反論している様子を紹介。「メディアが持っていない情報も、全て僕のところに上がってきている」、「上辺っつらの正義と、ひねくれた正義。共通するのは洞察力の浅い、薄っぺらな正義」と書いている。これに小倉氏は、「橋下市長が知らなくて報道が知っていることだって、結構あると思いますよ」と皮肉った。

市教委は、体育系2科の入試を中止する代わりに普通科に振り替える決定を下したが、受験科目や配点は従来の体育系2科と同じで、入学後は体育に特色あるカリキュラムを組むという。これについても小倉氏は「橋下市長は、体育系学科が悪いという情報を持っているから入試中止にしたはずなのに、普通科として(同じような)試験をやるのはおかしいのではないか」とかみついた。

翌25日は、橋下市長が大阪府に高校体育科の定員を増やしてほしいと要請し、府と市の教育長、松井一郎知事を交えての協議を公開した内容を放送。市教育長と橋下市長の主張が食い違う場面も流れた。小倉氏は「教育現場をどうするかという話し合いをガラス張りにするのがいいのか悪いのか、微妙」と、これまた賛同できかねるようだった。

「受験生の今を考えるのか、未来を考えるのか」

一連の放送内容について橋下市長は、1月25日付のツイッターで、小倉氏を名指しして反論した。小倉氏は番組で「受験生のことを考えるべきだ」と一貫して主張し、入試中止に反対しているとしたうえで、「僕は受験生のことを一番考えて入試中止を教育委員会に要請した」と説明。「僕のところに上がってきている情報からすると、とてもではないが受験生を迎え入れる状況にはない」というのが理由のようだ。

さらに「小倉氏は桜宮高校の実態を知らないまま、受験のことだけを考えて発言し続けたのであろう。それは間違い」とバッサリ。その一方で「受験生を迎え入れる状況にない学校であれば、受験生を迎え入れてはいけない。これは当たり前のこと。これからの報道で小倉氏も考えが変わるだろう」との考えを示した。教育長との議論を公開した点については「批判を受けてでも、格好悪い状況が明らかになったとしても、議論をそのままオープンにする」と信念を貫く構えだ。

ただ1月25日時点で、小倉氏は「在校生や、これから桜宮高を目指す生徒のことをまず考えてあげるのが一番必要。そこがどうも納得いかないんですよね」と不満げな表情で話していた。橋下市長はさらにツイッターで「小倉さん、受験生の今を考えるのか、受験生の未来を考えるのか」と投げかけた。小倉氏は1月28日の放送でどんな言葉を返すだろうか。

(2013年01月26日 J-CAST)

 このポン助は、政治家、特に首長なり大臣なりのそれなりの地位にある人間っていうのは、批判される事も仕事の一環、という事を分かってないんだね。

 総人口10人くらいの村にも満たない集団くらいなら兎も角、それなりの人数が集まって、全員が一つの意見に賛成なんていう事は、普通、まずあり得ない。

 必ず、一定以上の反対が出てくる。

 それを受け入れるか押し切るのかは政治家の判断なのだが、反対意見を完膚なきまでに叩き潰そうとしたり、反対意見を言う人間の人格批判に走ったりするのは、政治家としてあるまじき行為。

 いや、賛同者以外を一切受け付けないとか、社会人として異常。

 完全に糖質の領域。

 本気で、さっさと病院に行って治療を受けるべき。

 と言うか、このポン助の場合、既に相当な人的被害が出ている訳だから、強制的にでも病院送りにすべきだろうな。

 中学生や高校生のガキを泣かせて、それで悦に入っているような異常者を放置し続ける、ましてや、政治家、首長をやらせ続けるなんて、自殺行為以外の何ものでも無い。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

橋下主義(ハシズム)を許すな!
内田樹 山口二郎 香山リカ 薬師院仁志
ビジネス社
売り上げランキング: 110,302

「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠

講談社
売り上げランキング: 317,529


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3041-a49736b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。