FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 脱国連主義へ

脱国連主義へ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 戦勝国の為の、戦勝国による、戦勝国の組織。

 そのような勝者の手前勝手な論理により形作られたものに、何故に敗戦国であり敵国条項にも名を列ねている日本が、多額の分担金を支払わねばならないのか。

 このような事は一部の国連主義者という名の思考停止馬鹿を除けば、ほぼ全ての日本人が疑問に思ってきた事であると思われます。

国連分担金 政府、支払い見送りも 改革案 総長に打開迫る

 政府は平成十九年からの国連予算分担率の交渉が今年末までにまとまらない場合、分担金支払いを見合わせる可能性が強いことが十四日、明らかになった。日米などの改革案に中露が反発しており、六月から始まる国連分担金委員会で改革案が示されないまま協議が始まる可能性も。政府は、十六日に来日する国連のアナン事務総長に対し、交渉取りまとめに向け指導力発揮を求める。

 分担率交渉は三年に一度行われ、今年はその交渉年に当たる。日本は国連総会第五委員会に対し、常任理事国の分担率の下限を現行の分担率より少し上乗せして設定し、3%以上または5%以上とする改革案を提出。米国も購買力平価に基づく為替レートで国民総生産(GNP)を計算して分担率を決める案を出しており、全部で八つの改革案が出そろっている。

 現在、日本の分担率は、米国の22・0%に次ぐ19・5%。日本だけで英・仏・中・露の常任理事国四カ国の合計(15・3%)よりも多く負担をしている。

 日本は昨年、安保理の常任理事国入りを目指したが、中国の猛烈な妨害工作もあり失敗した。このため、政府内には「特権を享受している常任理事国には、財政面でもふさわしい貢献をしてもらう必要がある」(外務省幹部)との声が強く、中露両国の負担増を柱にした改革案を提出した。

 中露両国の分担率は一九七一年から七九年までをみると、中国が4・0-5・5%、ロシア(旧ソ連)が11・33-14・18%の実績があり、「過去の経緯をみても中露両国に負担増を求める改革は妥当だ」(外務省筋)。

 分担率の算定は、第五委員会が加盟各国の提示した改革案をもとに試算を行うよう分担金委員会に指示することを決議し、分担金委員会は試算した結果を第五委員会に改めて報告して算定方式の論議に入るのが慣例だ。しかし、中露両国が第五委員会での改革案決議に猛烈に反対をしており、決議ができないままになっている。

 決議ができない場合でも六月からの分担金委員会は開かれるが、「過去に例がなく、分担金委員会での議論がどのような展開になるのかまったく予想がつかない」(国連外交筋)という。

 通常、第五委員会での算定方式に関する議論の終了を受けて、国連総会で九月末ごろから分担率改革の具体像をめぐる議論に入り、十二月末までに結論を得ている。しかし、各国の分担率割り当ての決定は全会一致が慣例で、加盟各国の分担率が決まらないまま、平成十九年を迎えるという事態も起こり得る。

 このため、日本が負担する分担率が白紙のままで年明けとなれば、必然的に政府は分担金の支払いを見送らざるを得ない状況となる。

                   ◇

【用語解説】購買力平価

 各国の物価水準の違いを調整する通貨換算レート。同じ製品やサービスを実際にいくらで購入できるのかを比較する。現行の国連分担率は世界のGNP総計に対する加盟各国のGNP比率に基づき算定。算定の前提となる各国のGNP額は、市場での為替レートに基づいてはじき出される。人民元の為替レートが実勢より格段に安い中国にとっては、分担率を低く抑えられる有利さがある。

(2006年05月15日 産経新聞)


 加えてこの国連という組織が、設立以来、一度もまともに機能し、世界に蔓延る紛争を未然に防いだ事も無ければ、中途半端な平等主義を採用しているが為に、人権弾圧が趣味の独裁国家が跋扈し、クズの溜まり場と大して代わり映えの無い様相を呈している事なども踏まえれば、このような組織に金を支払う事など、溝に金を捨てているに等しいと言っても過言ではないものと思われます。

 思考停止の基地外サヨクを中心とした国連主義者どもの隠蔽工作により、我が国ではこの国連という組織が、恰も平和の使者であるかの様に喧伝され、国連神話なる壇君神話並に胡散臭い神話が信じられてきましたが、現在に至り漸くにして、この嘘八百が暴かれ始めてきました。

 今回、政府はまだ支払いの見送りを決定した訳では無い様ですが、我々は政府の動向を強く監視し、中露二国が分担金の増額を呑まないのであれば、何としてでも政府に支払いの見送りを決断させる必要があると思えるものです。

 如何に有名無実の腐れ利権団体であるとは言え、一応は世界秩序を守るという名目を持っている団体から脱退する事は流石に愚行とも思えるものですが、安保理常任理事国である中露二国が分担金の負担増という当然の義務すら拒否するというのであれば、敵国条項に加えられながらも、長年に渡り多額の分担金を負担してきた我が国が、要求が通るまでは支払いを拒否するというのは当然の権利と言えるでしょう。

 これまでにこの様な主張をしてこなかった事こそが、異常であると言えるものです。

 戦後日本を立て直して来られた方々を否定するつもりは毛頭無いものですが、これまで我が日本国は、あまりにもお人好しに過ぎたと思えるものであり、弱肉強食の国際社会を生き抜いて行く為には、何としてでもこれを是正していかねばなりません。

 惻隠の情を持ち、共生の理念を持って世界に接するのは素晴らしい事ではありますが、それもあまりに過ぎると、半島に生息する火病民族のような、自己の権利ばかりを主張し、責任を一切果たそうとしない人類の恥部を育んでしまうという結果に繋がりかねないものである事を、日本人はいい加減に学習しなければなりません。

 これ以上我々が何らの権利を主張する事も無く献身的に国連に金銭を貢ぎ続ければ、国連に加盟している発展途上国に、権利があるところには義務が発生するという当然の事を忘却させ、第二第三の火病民族を生成してしまうという、国際社会の発展に致命的な一撃を加えてしまう事に繋がりかねないものです。

 良かれと思い為した事が、却って仇為すという事に繋がりかねないものである事は、朝鮮半島という実例で十分に理解出来るものである筈です。

 主張すべきは主張していく事こそが、真の国際貢献に繋がるものであるという事に、我々日本人はいい加減に気付かなければならないと思われます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

ずぶとい国、ずるい国、そしてバカな国
落合 信彦
小学館 (2005/09)
おすすめ度の平均: 4.67
5 楽しく一気に読める
5 国際情勢を理解
4 バカな国=日本

国連改革―「幻想」と「否定論」を超えて
吉田 康彦
集英社 (2003/12)
売り上げランキング: 75,526
おすすめ度の平均: 4
5 叱咤激励と受けとめたい
5 客観と主観、批判と叱咤激励
5 若者に勇気を与える刺激的な国際社会でのサバイバル術


PR情報
無い物は無い!日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
ピザをネットで簡単注文!!MyDomino's 【ドミノ・ピザ】

スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にてあなた様のブログをご紹介させていただけないでしょうか?

ご登録はサイトよりお願い致します。
http://www.blog-station69.com
2006/05/15(月) | URL | BlogStation69 #-[ 編集]
アメリカが国連に見切りを着けたら崩壊させるのは簡単ですね。
米日の分担金を止めてしまえばすぐに首が回らなくなる。

国連の大義なるものをアメリカ相手にぶつけてる人間は、国連を機能させてる力の根源がアメリカにあることには気付かないのか。

国連から脱退しないでも西側主要国が加盟する新しい同盟機構を作ってしまえば国連など抜け殻に等しくなって立ち枯れるのは明白。

中共の行動が看過出来ないものになれば一気に世界秩序は変動するでしょうね。
2006/05/15(月) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
西側主要国による新しい同盟機構というのが、やはり一番望ましいものですね。

中共に目新しい行動が無くとも、今回の国連改革の行方如何では、米国は国連を見限りそうな気もします。

日本は今すぐにでも、今後の行動について、具体的な戦略を練っておく必要があると言えるでしょうね。
2006/05/16(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/305-f25da551
 明日来日する予定になっているアナン国連事務総長。アジア歴訪と銘打った今回の外遊では、まず最初に韓国を訪問し、次期事務総長に立候補を表明している韓国の潘基文外相らと会談。