或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ経済 → 卑屈王への道

卑屈王への道
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「尖閣」で激減の中国人観光客、鉄道やホテルが春節企画で呼び込み狙う/神奈川

 10日は中国の旧正月「春節」。例年、春節休暇を使い、東アジアを中心とする大勢の外国人が日本へ旅行に訪れるが、昨年9月の尖閣諸島問題以降、中国人旅行者が大幅に減少した。そうした中で迎える今年の春節。箱根町や横浜市の観光関連事業者は各種企画を用意し、外国人旅行者の取り込みを狙っている。

 小田急電鉄は外国人に人気の温泉地・箱根への誘客につなげようと、今年も、外国籍のパスポートを提示した客を対象に「春節限定箱根フリーパス」を発売。箱根・桃源台ターミナルでは10~12日の3日間、もちつき大会や抽選会などを開催。書道や折り紙といった日本文化を体験できる場も設ける。「従来から個人客が中心。尖閣諸島問題の発生以降も特に大きな影響はなかった」と担当者。今年の春節も、「多くの方の利用を期待している」。

 春節に合わせて、羽田空港を経由して訪日する外国人を対象にキャンペーンを展開しているのは京浜急行電鉄だ。英語、韓国語、中国語簡体字・繁体字で作成したフェイスブックや中国版ツイッターを活用。同社のページを「シェア(共有)」し、京急線羽田空港国際線ターミナル駅などで画面を提示した客にプレゼントを進呈する。「シェア」により、友達などに同社の情報が広まることが期待できるという。「ターゲットは今後、リピーターになり得る若年層」と意気込む。

 横浜駅西口の横浜ベイシェラトンホテル&タワーズは春節期間中、台湾の団体客の予約が4件、計約150人入った。ほぼ昨年並みで、都内や富士・箱根方面の周遊ツアーの中で1泊するという。今年は初めて、日本人向けの春節プランも販売する。

 尖閣諸島問題が日中関係に影を落としているが、担当者は「訪日旅行への機運が再び高まり、増加に転じてくれれば」と話している。

◆3月スタートの東横線直通運転で埼玉にもPR
 横浜中華街(横浜市中区)では10日から祝賀行事が始まる。昨秋の国慶節では、パレード中止など規模を縮小したが、今回は一転して公演などを拡充。3月から東急東横線との相互直通運転でつながる埼玉方面にもPRを広げ、盛大に祝う。

 東横線は3月16日から、東京メトロ副都心線と相互直通運転を開始。中華街の最寄り駅「元町・中華街駅」まで埼玉県の所沢や川越方面から乗り換えなしでつながることになる。

 春節行事を主催する横浜中華街発展会協同組合は、相互直通運転を来客増の好機と捉え、チラシを昨年の7万部から10万部に増刷して一つの路線となる西武、東武沿線にも配布。内容も従来のA4判1枚から同3枚分に増やして充実させた。

 イベントも、獅子舞やパレードを従来通り実施、公演内容や装飾などは拡充する予定だ。

 昨年10月の国慶節は、尖閣諸島の国有化による日中関係の悪化の影響を懸念、パレードを中止した。同組合によると、中華街全体でも若干の売り上げ減がみられたという。しかし翌11月以降は客足も回復しており、李宏道組合理事長は「多くの人と春節を祝いたい」と来場を呼び掛けている。

(2013年02月10日 神奈川新聞)

 どっかの哀哭政党様が「YOKOSO!JAPAN」なんてやっていた訳だけれど、観光立国みたいなものって、結局、こういう風になっちゃうのよね。

 だって、来て貰わないと生計が成り立たない訳だから、そりゃあ、卑屈にでも売国にでも何でもなるよ。

 貿易立国、てのもそうだね。

 買って貰わないと生計が成り立たないんだから、土下座でも靴を舐めるんでも、何でもやるよ。

 だから、政治は、そういう風にならない様に国を導かないといけない。

 それを、キモウヨヒキニートどもの英雄、神様、小泉チョン一郎だの安倍壺三だのピッキャン二世だのの塵芥どもは、口では愛国を吠えはするけれど、日本という国をそういう方向にばかり導こうとする。

 その結果、壺三さんやピッキャン二世様が幾ら愛国(笑)を吠えようとも、全体としてはそういう方向にしか進まないようになる。

 別に、貿易や観光を完全否定して、そんなものは一切やるな、と言っている訳じゃあ無い。

 買いたいという国がいるなら、工業製品でも農産物でも、可能な限りは売れば良いし、来たいという外国人がいるならば、問題が無い限りは来させてあげれば良い。

 ただ、貿易だとか観光だとか、相手国あってのものに国の興亡、存亡を賭けるな、という事。

 それは国の興亡、存亡を他国に任せる、という事。

 相手を怒らせるような事は一切NGとなるし、逆らう事もNGとなる。

 政治が国家をそういう方向に導いておいて、そうなってから、相手の当然の言動に形だけの反論・抗論をする事が愛国になるとか、アホくさ過ぎて言葉も出やしない。

 この観光にしても、そして貿易にしても、私企業が自己責任の上で勝手にやる分には何の問題も無い、結構な事な訳だけれど、それを政府が後押しして、国家の興亡、存亡が懸かった事業にするなど、愚の骨頂、国家滅亡の第一歩でしか無いのだ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 1,976

TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社
売り上げランキング: 24,389


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3056-0b47daa5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。