或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → チキンレース

チキンレース
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国軍、挑発を再開 戦闘機が領空接近 尖閣には監視船も 小野寺防衛相の発言に反発か

 中国軍が東シナ海で挑発行為を再開させたことが10日、分かった。日本政府が5日に海軍艦艇の射撃管制用レーダー照射を公表して以降、3日間沈静化していたが、9日になり空軍戦闘機などが日本領空に接近。沖縄県・尖閣諸島周辺では10日、照射公表後初めて海洋監視船も航行した。

 日本政府は、照射が「軍の独断」で、中国共産党指導部は当初、事実関係の回答を留保する一方、軍に挑発自粛を指示したと分析。8日になり中国外務省に照射を「捏造(ねつぞう)」と公式に否定させたことを機に軍への指示も一転、挑発再開を命じたとの見方を強めている。

 9日に領空接近したのは中国海軍のY8が1機と空軍戦闘機J10(殲10)2機。航空自衛隊は戦闘機の緊急発進(スクランブル)で対処したとみられる。Y8とJ10は昨年12月以降、連日のように接近飛行を繰り返していたが、今月6~8日は途絶えていた。

 中国国防省も5日以降、公式には照射の事実関係について沈黙を貫いたが、8日、「中国軍の正常な訓練活動を歪曲(した)」と主張。接近飛行を再開させたのは、「正常な訓練」として挑発を継続する意思を鮮明にしたといえ、日本政府高官は「照射に対する日米両国の批判に屈したとみられるのを嫌ったのでは」と指摘する。

 一方、尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域では10日、海洋監視船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国公船が確認されたのは5日以来。

 中国の旧正月にあたる春節期間中に公船を尖閣周辺に派遣するのは異例とされる。小野寺五典防衛相が9日午前、「(5日以降は)尖閣周辺の公船の動きが収まっている」と述べたことに反発し、即座に尖閣に接近させたとみられる。

(2013年02月11日 産経新聞)

 そりゃあ、まあ、ちょっとくらい抗議したくらいで、厨獄が黙ったり、ましてや謝ったりする筈が無い訳で、こういう展開になるのは当然の流れ。

 壺三さんの、厨獄に対する対応が評価されているらしいけれど、ここまでは、どんなヴァカでもやろうと思えば出来るレヴェルの事。

 問題はこの後。

 当たり前の話だけれど、強気の対応をただ単純に続けるだけなら、あちらもそれに倣って反抗してくる。

 まさか、そう簡単に戦争になったりはしないけれど、徹底的にあるつもりなら、その覚悟くらいはしないといけない。

 それが壺三さんに果たしてあるのかどうか。

 無ければ、ここまでは出来ても、その後に今までと同じか、あるいはそれ以上の腰砕けを披露して、日本国民からも、厨獄塵どもからも失笑、冷笑を買う事になる。

 戦争も辞さない覚悟で、戦争にならないように交渉を続けないといけない。

 そういう覚悟と責任の下でやっているのなら、そんなみっともない事にはならない訳だが、果たして、そんな立派なものが壺三さんにあるのだろうか。

 別に煽りでも何でもなくて、むしろ、あってくれた方が喜ばしいのだけれどね。

 ただ、何となく、手前の支持者たるキモウヨヒキニートくんたちのウケを狙って、短絡的な考えで騒いでいるようにしか見えないのだね。

 一応、言っておくけれど、あちらさん、厨獄狂惨党側には、最悪戦争も辞さない覚悟は、普通にあると思うよ。

 勿論、わざわざ率先してやりたいとまでは思ってないだろうけどね。

 覚悟のある奴と無い奴、チキンレースに勝つのはどっちになるだろうね。

 強硬姿勢自体には賛成だけれど、やっている奴がやっている奴だけに、非常に心配だよ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(祥伝社新書223)
西尾幹二 青木直人
祥伝社
売り上げランキング: 210,244


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 尖閣問題を利用して竹島問題を世間から忘れさせ、その後でしょうかね、尖閣問題を世間から忘れてもらうのは。
 もっとも、上トンスリアの花火大会が開催されたので、尖閣もこれで世間から忘れられるのかもしれませんが。厨獄が空気読まないことをやらなければ。
 アメ公が上トンスリアと事前に協議していたらしいですし、胡散臭いですね。騒ぎになっているうちにTPP交渉参加表明なんてやられたらたまったもんではないです。

 坪三さんのホシュっぽい公約は今回もほぼ全て偽装でした、ということになるのでしょう。何しろ最大の飼い主である罪塊様が、そうなってくれないと困りますからね。
2013/02/15(金) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3057-f4b367e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。