或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Let's Spend the Night Together

Let's Spend the Night Together
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

首相「こういう憲法でなければ、めぐみさん守れた」

 安倍晋三首相は15日、自民党本部で開かれた憲法改正推進本部(保利耕輔本部長)の会合で講演し、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんを引き合いに出して「こういう憲法でなければ、横田めぐみさんを守れたかもしれない」と改憲の必要性を訴えた。

 講演は非公開で、党が昨年4月にまとめた憲法改正草案を新人議員に説明する目的で開かれた。

 出席者によると、首相は「日本は拉致犯の存在を知りながら手を打てず、拉致被害の拡大を許した」と言及。1977年に旧西独のルフトハンザ機がテロリストにハイジャックされた事件に触れ、「西ドイツは実行犯を射殺して人質を奪還し、世界から喝采された。西ドイツは何度も憲法改正をしてきたからできた」と強調したという。

(2013年02月15日 朝日新聞)

 それは無理があるよ、壺っち。

 現行憲法が国民を守れない欠陥憲法であるのはその通りな訳だが、それは、戦争という事態においての話であって、拉致だの誘拐だの、それ以前に行われる行為には全く以て有効では無い。

 それじゃあ、ベクトルが逆なだけで、憲法9条さえ守れば戦争を防げる、とか言っている頭のお花畑なラリパッパどもと全然変わらない。

 拉致が起こった後の展開にしても、憲法は全く、1フェムトも関係無くて、憲法云々じゃあなくて、ただ政権に解決の為の強い意志があれば良かった。

 尤も、今となっては、それだけでは不十分となってしまった訳だが。

 過去の自民党政権に、その為の意志と覚悟さえあれば、解決出来ていたかも知れないな。

 憲法が関係あるとしたら、まあ、拉致の報復に攻撃をしかける事が可能だった、という事くらいか。

 まあ、それをネタに交渉を有利に進める事くらいは出来たかも知れない。

 それも、政権に解決の意志と覚悟があってこそ、の話だけれどね。

 これは別に壺三さんに責任のある事でも無いのだけれど、過去の自民党政権にそれがあったかと言うと、極めて疑問だと言わざるを得ない。

 まあ、憲法9条が無ければ、その覚悟を政権を持つ事が出来たかも、という話なら、確かに可能性くらいはあるとは思うけれど、そんな事まで考え始めたらキリが無い。

 「風が吹けば桶屋が儲かる」的な事まで考え始めないといけなくなる。

 拉致問題にしても、憲法問題にしても、取り組む事自体には大賛成な訳だけれど、中途半端に、訳の分からない屁理屈でまじぇまじぇするのは誉められた行為では無い。

 というか、バカ丸出し。

 本当に真面目に取り組むつもりが欠片でもあるのなら、こういうバカな事はしない方が良いな。

 まあ、壺三さんに本当に真面目に取り組むつもりがあるのか、個人的には極めて懐疑的な訳だが。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

めぐみ―北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミック (双葉文庫)
横田 滋 本 そういち 横田 早紀江
双葉社
売り上げランキング: 505,742

「拉致」処分―家族を翻弄する米中のパワーバランス
青木 直人
ビジネス社
売り上げランキング: 678,431


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
壷っちwww
2013/02/17(日) | URL | む~ #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3061-d4accf4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。