或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 哀哭裂死

哀哭裂死
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

レーダー照射:証拠開示を見送る方針…日本政府

 政府は15日、中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦などに射撃用の火器管制レーダーを照射した問題で、自衛隊が収集した証拠の開示を見送る方針を固めた。断定の根拠だった電波の周波数などを公表すれば、「日本の情報収集能力を明かすことになる」(防衛省幹部)と判断した。米国が照射を認め、「中国の挑発行為」との日本の主張は国際社会で一定の理解を得られたことも背景にある。

 小野寺五典(いつのり)防衛相は9日に証拠開示に前向きな意向を示したが、その後、「中国が(照射を)認めることは多分ない」と慎重姿勢に転じた。防衛省内では、レーダーの様子などを撮影した映像や写真を公開しても効果は薄いとの見方が多い。

 一方、日本政府は米国に証拠の内容を説明し、国務省のヌーランド報道官は11日の記者会見で支持を表明。日本政府高官は「相手がおかしなことをしない限り、こちらも公表しないということだ」と中国をけん制した。政府は今後、日中防衛当局のホットライン設置を含む「海上連絡メカニズム」をめぐる日中協議を急ぐ。【青木純】

(2013年02月16日 毎日新聞)

 予想通りというか何というか、有耶無耶に終わらせる方向に進み始めたな。

 まあ、そりゃあ、行く所まで行けば戦争になる訳で、その覚悟の欠片も無い政権では、まともな交渉なんざ出来る訳が無いんだけれどね。

 まあ、壺三さんとしても、取り敢えず騒ぎを起こす為に騒いだだけで、本当に問題を解決させようなんてつもりは1フェムトも無かった訳だから、どうでも良いんだろうし。

 若干、壺三さん信者のキモウヨヒキニートくんたちが憐れな気がせんでも無いけれど、まあ、あの子らは真性の阿呆だから、何か変な超理論を考えて、壺三さんと自分達を弁護して壊れそうな儚い自我を守っている事だろう。

 ある意味、阿呆は簡単で少しだけうらまやしい。

 うらやましくは無いけれど。

 まあ、阿呆どもは、「これも貴重な外交カードになるニダ。ホルホル」とか言い出すんだろうけれど、これをもう一回持ち出す時には戦争の覚悟がいる訳で、そんな覚悟を日本政府が持てる訳も無く、結局、使えない、ただ持っているだけの外交カードにしかならない。

 壺三さんも、改憲の必要性を訴えるなら、この件とでも絡めればいいんだけれど、それだと、戦争する覚悟が必要なので改憲しませう、と言わなければならん訳で、それは流石に言えんわな。

 まあ、だから、壺三さんを過剰に責めるつもりは無いんだけれども、だからと言って、今、出来る範囲というのを考えもせずにその場のノリだけで軽率な行動をするのは誉められた行為じゃないね。

 だって、結局、憲法云々は関係なく、そうなるのが分かっていて、その上で軽率な行動をしたという事実は変わらんのだからね。

 結局、壺三さんの愛国的(笑)な行動なんてのは、一事が万事これなんだよ。

 阿呆な信者連中を盛り上げる為に何にも考えずに発言した挙句、覚悟も気概も、知識すらも無いからそのまま尻すぼみになって、事態を余計に悪化させる。

 無意識的にやっているのか、意図的にやっているのか、ここでの断言は避けるけれど、結果的に全てそうなっている事は紛れもない事実。

 この人のやる愛国は、国民にとっての哀哭にしかならない。

 事実はそれだけだ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(祥伝社新書223)
西尾幹二 青木直人
祥伝社
売り上げランキング: 21,267

日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)
保阪 正康 東郷 和彦
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 16,132


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
改憲関係で煽りたかったのでしょうね。
あと日中米の軍事筋に影響力与えただけです。
2013/02/18(月) | URL | む~ #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3062-963e5831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。