或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ経済 → Runaway Train

Runaway Train
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「正社員を解雇しやすく」 安倍政権の有識者会議で議論

 安倍政権が発足させた有識者会議で、「労働市場の流動化」が大きなテーマになっている。衰退産業から成長産業への労働力の移転を促す狙いだ。流動化を実現するために、今よりも正社員を解雇しやすくするべきだという意見も出始めた。

 6日開かれた産業競争力会議の分科会では初めて雇用問題が話し合われた。委員から「労働移動の支援を重視すべきだ」「流動性を高めるための前向きな制度が必要」など、「労働力の流動化」を求める声が相次いだ。解雇規制についても「解雇が認められる場合の合理性を法律で明確にできないか」といった意見があったという。

 労働市場の流動化は、産業競争力会議と連携する規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)でも話し合われている。

(2013年03月07日 朝日新聞)

企業が「追い出し部屋」作っても社員辞めない理由を識者解説

 景気回復への期待感は高まっているものの、サラリーマンの雇用を取り巻く環境に明るい話題は少ない。雑用をやらせる部署に押し込んで退職勧奨する「追い出し部屋」の存在が次々と明るみに出たり、政府の産業競争力会議で解雇ルールの明文化が叫ばれたり……。こんなことで日本の人材力強化は図れるのか。人事ジャーナリストの溝上憲文氏が持論を展開する。

 * * *
 日本にある唯一の解雇ルールは、労働契約法に定められた「合理的理由のない解雇は無効である」という文言。それ以外は、整理解雇を実施するために満たさなければならないと判例で出された「4要件」(人員削減の必要性、解雇回避の努力の有無、対象者選定の合理性、手続きの妥当性)のみで、まったく具体性を欠いています。もっと解雇しやすいように法律でルール化してほしいというのが経営側の主張です。

 しかし、安倍政権も2%のインフレ目標を達成するためには、所得と雇用の増大を図らなければならない大事な時期。なかなか雇用問題にメスを入れることは難しいでしょう。

 そこで、経済財政諮問会議の民間議員などは、「地域限定・職務限定」の正社員制度の導入を呼び掛けています。限定した職務がなくなる、もしくは特定の事業所が閉鎖されれば立派な解雇理由になる。企業がスムーズな人員削減を行うためには、こうした新制度をつくったほうが早いと考えています。

 不当解雇による裁判を避けるために、金銭支払いの基準を法律で定めて「和解」を促す方法もあるでしょう。例えば、ドイツでは既に同様の法律がありますが、あまりにも複雑な算定基準のうえ、日本では「カネですべてを解決するのか」といった労働者団体の反発を食らい、法案化を見送った経緯があります。

 結局、日本では簡単に社員を解雇できない状況のため、1990年代以降、「追い出し部屋」のような雪隠詰めの部署に押し込み、退職強要する会社が増えてきたのです。昔なら、リストラ要員は人事部の預かりになり、関連会社に出向させて1年間は給料を支払うという“優しい措置”もありました。しかし、バブル崩壊以降は企業体力に余裕がなくなり、一気にクビ切りへと追い込む手法を取っているのです。

 私の結論を言えば、陰湿な「追い出し部屋」をいくら増設しても人員は減りません。

 なぜなら、戦力外通告を受けた社員の人事評価は5段階評価でDやEと下位ではなく、B評価やC評価をもらっていた人がほとんど。つまり、いくら能力がなくても上司の温情で甘い評価になっていたため、「なんで、オレが辞めなければいけないんだ!」と憤って、逆にしがみつかれてしまうからです。社員に健全な危機感を持たせなかった企業の責任です。

 その点、不況期だろうが好況期だろうが、下位5%は常時リストラしている外資系の経営は、シビアですが分かりやすいのかもしれません。サムスン電子なんて45歳までに部長になっていなければ、みな自主的に会社を去っていくわけです。

 サムスンのやり方を日本に定着させるべきなのかは議論の分かれるところでしょう。しかし、法整備により解雇をしやすくすれば悪ノリする企業も出てくるはず。ならば、適正な人事評価に則り、自社の恒常的な“運用”によって解雇していく。そのほうがいいと話す企業の人事担当者もずいぶん増えてきました。

 日本企業に問われている最大の課題は、ボリュームゾーンといわれている40代前半で下位評価の社員たちを、いかに配置転換して再起を図らせるか。もしくは再就職のサポートができるかに掛かっています。いつまでも“仲良しクラブ”では、その人たちが50代になってからでは手遅れ。会社は高給を払い、社員の再就職もままならない年代。お互いにとって悲劇なのです。

「追い出し部屋」は景気回復で雇用が安定してくれば廃止されていくでしょう。しかし、問題の根源は追い出し部屋の有無ではありません。

 好況期に向かう今こそ、企業は人事の構造改革に真剣に取り組まなければ、また不況期になれば大量リストラを迫られ、国際競争力に敗れていく。その悪循環の繰り返しになるのです。

(2013年03月08日 NEWSポストセブン)

 という訳で、有識者(笑)サン達は、壺三さんとその内閣に、意地でも解雇規制の緩和を、壺っち内閣が人気ストップ高の今の内に進めたいらしい。

 まあ、今が最大のチャンスだからなあ。

 前回の壺っち政権の時も人気に肖ってやろうとしたけれど、見事に失敗。

 それどころか、それを含めた労働政策の失敗が致命傷になって壺っち内閣の人気は失速。

 そのまま政権崩壊にまで行き着いた。

 取り敢えず、前回一番の致命点となったホワイトカラー・エグゼンプションの事は置いておいて、比較的騙し易い解雇規制の緩和だけでもやっちまおう、と。

 これなら、無能な中年が居座っている所為で若者のチャンスが奪われている、とか、そういう必殺の煽りが使えるし。

 実際、100%嘘では無いだけに効き目もグンバツ。

 ただし、殆どの冷静な国民は言わなくても理解している事ではあるのだけれど、正社員の解雇規制が緩和され、非正規労働者と同じになるという事は、そのお陰で若者の正社員雇用が増えたとしても、結局、派遣を始めとする不安定な雇用と何も変わらない状態の人間が増えるだけ。

 当然の事なのだが、立場が正規だろうと非正規だろうと、そこに安定と高給が伴わなければ需用や消費は増えない。

 というか、流動性が上がろうと需用が増えなければ生産も増えない訳で、生産が今のままで間に合うのならば、ただ単純に、今ある雇用の席取りゲームの激化以外、何も起きはしない。

 ポストセブンの方の記事中で、バ姦酷のサムスンを一例として挙げている訳だけれど、バ姦酷の経済、雇用状況なんて、絵に描いたような「それ」でしょ?

 全体、総体としての大きさは、現大統領の父親である朴正煕政権の時から一切増えておらず、いや、むしろ先細りを続けながら、ただ、醜く限られた席を取り合っている無間地獄。

 賃金自体の安さもあり、国民総借金生活というオプション付き。

 あそこは所謂「国」では無く、単なるダメリカ・ユダヤ・グローバル資本家の釣り堀。

 家畜の屠殺場。

 それに倣えというのは、ケケΦを始めとするダメリカ・ユダヤ・グローバル資本家の手羽先。

 壺っちが本当の「政治家」であるならば、これらの圧力に屈せず日本の姦酷化を防ぐ訳だが、果たして、前回、ダメリカ・ユダヤ・グローバル資本家の言うが儘に労働規制カイカクを行おうとした壺っちが、たったの6年ほどでそれ程に変わっているだろうかね。

 流石の阿呆の壺三さんも、前回の失敗が骨身に染みているだろうから、あからさまにグローバル資本家の言うが儘に出鱈目の限りを尽くしはしないだろうけれど、TPPに関する動きでも分かるように、本質的には何一つとして変わっていないからな、壺っち。

 日本の国益よりも、ダメリカ・ユダヤ・グローバル資本家の利益を優先する、立派な立派な利権政治屋さん。

 所詮、それが壺三さんの正体。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

新自由主義の嘘 (双書 哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 424,413

現代資本主義と新自由主義の暴走
二宮 厚美
新日本出版社
売り上げランキング: 497,496


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3082-e2e9afff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。