或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Hotter Than Hell

Hotter Than Hell
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自民党TPP交渉参加を容認 安倍総理あす参加表明

 安倍総理大臣によるTPP=環太平洋経済連携協定への交渉参加表明を15日に控え、自民党は米など5つの農産物を関税撤廃の対象外とすることなどを求める決議をまとめました。

 TPP反対派・小里泰弘農林部会長:「交渉のなかで守るべき国益を守れないのであれば、脱退すると明示したわけですから、そこは大きなこれからの交渉の支えになっていく」

 TPP賛成派・小泉進次郎青年局長:「皆、思っている意見を言って、最後にまとまるのが自民党、その姿が出た」

 2時間近くに及んだ会合では、農村を抱える議員から、「国益が守れなければ脱退すると言わないと、地元で説明できない」などの意見が出されました。このため、決議には「聖域扱い」として米や牛肉、乳製品など農産物の5品目の関税や国民皆保険制度が盛り込まれました。そのうえで、交渉については当初の決議案にあった「脱退も辞さない覚悟で」という表現を「脱退も辞さないものとする」に強め、了承されました。自民党は14日、安倍総理にこの決議を報告したうえで、交渉参加については「総理一任」を伝えることにしています。これを受けて、安倍総理は15日に記者会見し、TPP交渉への参加を表明します。

 また、安倍総理は、担当大臣に甘利経済再生担当大臣を起用する方針を固めました。交渉参加表明に合わせ、15日にも発表する見通しです。TPPの交渉は21分野と多岐にわたり、複数の省庁にまたがるため、交渉の正式参加に向けた戦略の取りまとめ役などを担うことになります。

(2013年03月14日 ANN)

 まあ、所詮は、小泉の恫喝に屈したヘタレと、一度は逆らったものの、負けて土下座して復党したヘタレ、それ以外は最初っからのイエスマンと、純粋な売国奴で構成されている集団だものな。

 「ウソつかない TPP断固反対 ブレない」「日本を耕す! 自民党」などと、選挙の時だけは調子の良い事を言っても、いざとなると、こうやって直ぐに執行部び尻尾を振って国民を裏切る。

 J-NSCに洗脳されきっているアホなキモウヨヒキニートくんたちは必死に誉め称え、崇め奉っているけれど、結局、今の痴民党なんてこんなもん。

 消費増税反対を叫んで選挙に当選しておきながら、挙党一致で野豚の消費増税に加担にた屑のミンス党と同種同類の塵屑。

 二大政党制などは、ありもしない対立をあるように見せ掛ける為のトリック。

 全ては売国の為のシステム。

 大体、ユダ公の飼い犬小泉チョン次郎くんは「皆、思っている意見を言って、最後にまとまるのが自民党(キリッ」とか言っているが、要するに、征倭会を始めとする今の痴民党患部どもの間では最初から結論があって、それを民主的に見せ掛ける為に議論らしきものをやっているように演じているに過ぎない。

 ミンス党に政権をやらせた事ではっきりと分かったが、ミンス党も基本的に同じシステムを採用しているね。

 小沢民が徹底的に排斥されたのは、要するに、そのシステムに抗ったからだね。

 まあ、小選挙区制、二大政党制に関しては、強く推進したのは小沢民自身で、要するにあいつの所為でもあるのだから、責任を取るのも当然の義務なんだが、まあ、それはまた別の話。

 要するに、ここまでの流れでハッキリしているのは、痴民が勝った、ミンスが勝った、右派が勝った、左派が勝った、保守が勝った、革新が勝った、と、そんな事で一喜一憂している限り、事態は進展しないという事。

 そんなものは、本当の病根を感知させない為のフェイクに過ぎない。

 もっともっと根深い。

 シンプルな対立図に逃げたがるアホウヨやバカサヨほど簡単に騙される。

 侮日やアカピーは左翼と呼ばれ、惨刑やゴミ売りやは右翼と呼ばれているのに、何故か、ある一点でのみ必ずと言っていい程に一致する。

 消費税然り、TPP然り、その前で言えば郵政民営化然り。

 橋本元首相が死の直前まで後悔していたカイカクも、大プッシュしていたのは連中。

 その流れを修正しようとした小渕元首相は謎の多い病死。

 中川昭一もそうだ。

 カスゴミとバカサヨにより、右翼政治家の一言で片付けられているが、彼は、数少ないカイカクに抵抗する政治家であり、それを実現し得る可能性のある政治家だった。

 ぽっぽは単なる自爆にしても、小沢民も、この流れに一石を投じようとしていたのは明らか。

 小沢民の好き嫌いは兎も角として、ちょっとまともな人間の感覚に照らし合わせれば分かる事なのだけれど、選挙に勝てるマニフェストを作り、選挙戦略を構築し、そして勝利をもたらした人間を、あそこまで執拗に攻撃して排斥するとか、普通に考えてあり得ない事。

 更に、亀井・平沼は発言権のほぼ無い風下に追いやられ、その姿勢を崩さない亀井はどんどんと追い詰められ、何かを妥協したように見える平沼は取り敢えず野党第一党の有力議員にまでは返り咲いた。

 別に陰謀論を唱えている訳じゃない。

 事実を羅列しているに過ぎない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 1,288

TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社
売り上げランキング: 11,080


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>交渉のなかで守るべき国益を守れないのであれば、脱退すると明示したわけですから
>国益が守れなければ脱退すると言わないと、地元で説明できない
交渉不参加を交渉離脱にすり替えるなよ。
35vs233で、しかも35の方は何ら正当性も示せないのに、この結果はあり得ない。
初めから騙すつもりで、八百長していたと言われても反論する資格はない。

>侮日やアカピーは左翼と呼ばれ、惨刑やゴミ売りやは右翼と呼ばれているのに、何故か、ある一点でのみ必ずと言っていい程に一致する。
産経と朝日の意見が一致したときは気をつけろいう、某ブロガーの言葉か今でも心に残っています。
基本的なパトロンが同じなんですから、当然ですけどね。

>バカサヨ
権力者の左手で踊らされているだけですからね。こいつら。

>小沢民
姦や野豚よりはまだマシなのに何故か徹底的にバカウヨから叩かれてましたね。不思議なこと。
2013/03/15(金) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3088-26d71aef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。