或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Duel of the Jester and the Tyrant

Duel of the Jester and the Tyrant
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

首相がTPP交渉参加表明「最善の道を実現」、GDP試算で意義強調

 [東京 15日 ロイター] 安倍晋三首相は15日夕の記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加を正式に表明した。日本の主権は断固として守るとしたうえで、国益を踏まえて最善の道を実現するとの決意を示した。

 政府は同時に、TPP参加の経済効果として、実質国内総生産(GDP)を3.2兆円押し上げるとの試算を発表。交渉参加の意義を強調した。

 安倍首相は「TPPはアジア太平洋の未来の繁栄を約束する枠組みであり、アジア太平洋地域の新たなルールを作り上げることは日本の国益となるだけでなく世界に繁栄をもたらす」と指摘。「今がラストチャンスだ。この機会を逃せば日本が世界のルール作りから取り残される」と参加表明の理由を説明した。

 さらに、「いったん交渉に参加すれば、必ず重要なプレーヤーとして新たなルール作りをリードできると確信している」とした。

 TPP参加の日本経済への影響については、「すべての関税をゼロとした前提でも、日本経済には全体でプラス効果が見込まれる」と指摘。「今後の交渉でセンシティブ品目への配慮などにより、悪影響を最小限にとどめるのは当然だ」とし、投資活性化など今回の試算に含まれないプラス効果も想定されると説明した。

 具体的な交渉について安倍首相は「国民皆保険制度を守るなど、5つの判断基準を掲げている。交渉の中でしっかり守っていく」とした。聖域が守れない場合は交渉から離脱すべきとの決議を自民党が行ったことに関しては「われわれは国益を中心に交渉する。離脱するかどうかを言うのは国益にも反するので適切でない」と述べた。さらに「日本の主権は断固として守り、国益を踏まえて最善の道を実現する」との決意を示した。

 国内農業への支援策については「強い農業、攻めの農業、多面的機能を守るための対策・メニューについてはしっかり議論していきたい」と語った。

 <甘利氏がTPP担当相に、農林水産業の生産は4割減>

 TPP交渉参加に関する総合調整を手掛ける担当相に就く甘利明経済再生相は、記者会見で「首相の決断は様々な国民の声を踏まえ、国益を総合的に判断したもの。交渉参加は成長戦略実行の第一弾となる」と強調した。

 甘利担当相が発表した政府の統一試算によると、相手国の関税撤廃などで輸出は2.6兆円増加するが、輸入も増加するためGDPを2.9兆円押し下げる。輸出増が生産の増加などを通じて所得を増やすとして消費が3.0兆円増え、投資も0.5兆円増加する。差し引きの増加額は3.2兆円。実質GDPを0.66%押し上げる。

 TPPへの参加で大きな影響を受ける農林水産業の生産減少額は3.0兆円と予測した。コメや砂糖など試算対象33品目の生産合計額は7.1兆円で、4割超の国内生産が減少する計算となる。食糧自給率はカロリーベースで39%から27%程度へ低下する。

 甘利担当相は試算について「中長期の効果を示した。幅を持ってとらえる必要がある」としながらも、差し引きすればGDPを押し上げることから「経済全体へのプラス効果がある」と指摘。「経済連携が(参加した国の)GDP押し上げ効果があることは、日本や他国の発展の歴史を見れば、理解されるものだ」として、関税撤廃効果のみに着目した今回の試算以上の効果が生じることに期待を示した。

 さらに担当相は「太平洋を中心にそれを取り巻く国々が、太平洋を『内海』として自由に行き交うことがスタートする。極めて魅力的な話」だとして、TPPが東アジア地域包括的経済連携(RCEP)やアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)など、今後の経済連携が「発展する際のたたき台になる」側面も強調した。

(2013年03月15日 朝日新聞)

 まあ、売国奴集団・征倭会、そのエースであるところの安倍壺三さんの決断に全てを任せれば、こうなるのは自明の理だった事なんだけれどね。

 「最後は総理の決断」とか、アホでヘタレの痴民党が言い出した時点で、この結末は見えていた。

 アホウヨは「アベちゃんを信じよう」などと、ご自慢のケンチャナヨ精神でホルホルしていた訳だが、アベちゃん(笑)がアイコク的なのは基本口だけで、実際の行動は売国そのものだって、まだ気付かないかね。

 まあ、その辺は、昨日のエントリで散々書いたので敢えて割愛するけれど、兎に角、今回も結局こういう流れと相成った訳だ。

 まだ、交渉に参加しただけであり、国益に適わなければ脱退すればいい、などとケンチャナヨ精神を爆発させているお花畑くんも散見されるが、実際問題、そんな事がそう簡単に出来ると思っているのかね。

 ある程度、日本の意見と他国の意見の方向性が一致して、実際に参加してみて話が違うとなって物別れ、というのならあり得るが、今回の場合、最初から「こうだ」という示された方向性があって、日本としてはそれに逆らう、それを引っ繰り返すつもりで参加して、それが上手くいかなかったから脱退する、とか、そんなクッソ我が儘な餓鬼みたいな真似を、果たして他の参加国は笑って許すだろうかね。

 逆の立場で、例えば厨獄やバ姦酷がそんな真似を為出かした日には、オマイらキモウヨヒキニートくんたちは、髪の毛逆立てて激怒するんと違うのか、と。

 勿論、意見を言う権利自体はあちらさんも認めはするだろうけれど、枠組みの方向性がほぼ決まっているものの交渉に後乗りで参加するというのは、やっぱり、ある程度、枠組み自体への参加も前提となっている訳で、自分たちの言い分が100%通った時のみ参加する、などという言い分は、中々理解はされない。

 幾らアホのアベちゃん(笑)だって、それくらいは分かっている筈だけれどね。

 そして、痴民党のマニフェストにある条項を、全て他のTPP参加国が呑む可能性がほぼ皆無に等しい事を知りながら、それでも、アベちゃん(笑)こと安倍壺三さんは交渉参加を決断した。

 勿論、ポーズとして、6項目が全て受け入れられなければ参加反対、というような事を言いはするだろうが、最終的には、今回のように「最後は総理の決断」とかいう話になって、総理様が参加を決断して終わり、と。

 まあ、キモウヨくんたちは、J-NSCの指揮の下、全力でアベちゃん(笑)擁護や話題逸らしに邁進するんだろうけれどね。

 彼らが本当に守りたいのは国では無く、愛国的な自分という虚像と、それに依存した脆弱な自我、その投影の対象であるところのアベシンゾウという虚構の英雄に過ぎんのだから。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 629

TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社
売り上げランキング: 2,385


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3089-986c8600

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。