或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → アイコク的な、あまりにアイコク的な

アイコク的な、あまりにアイコク的な
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

TPP減収農家に補填検討 農水省・自民、共済を拡充

 【小山田研慈】環太平洋経済連携協定(TPP)に日本が参加した場合に備え、農林水産省や自民党が、打撃を受けた農家の収入を補填(ほてん)する仕組みを検討していることがわかった。2016~17年度をめどに、政府と農家が積み立てている「農業共済」を拡充するなどして、収入が減った分を補う制度をつくる。

 農業共済は政府と農家がお金を出し合い、災害や病害虫などの被害にあった時に収入を補填する「保険」のような仕組みだ。コメや畜産、果樹などを対象にして、年間1千億円ほどを支払っている。

 ただ、収穫が減った時しか使えないため、農水省は「農産物の価格が下がって収入が減った時にも対応できるようにする」(幹部)という。3~4年後に新制度につくり直す方向だ。

(2013年03月23日 朝日新聞)

 これまた、安直な解決法を提示してきたな、痴民党さん。

 いや、別に、農家に対して補助金を出す事自体は構わない、むしろ賛成な訳だが、ここまで安直に、従来通りの、農協を通じての補填、というやり方を堂々と踏襲してくるとは、流石と言うか何と言うか。

 強い農業だの、農業改革だのが、ただTPPに参加する為の口から出任せだったというのが、本当によく分かるのが超ウケル。

 手羽先であるJ-NSCやネトウヨに農協を叩かせつつ、解決策においては真っ先に農協の権力維持に走り、肝心の農民の方は見向きもしない。

 流石、哀哭裂死、バカウヨのアイドル・アベちゃん!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!

 ていうか、哀哭裂死隊・痴民党征倭会としては、叩かれ役としての、スケープゴートとしての農協はもうしばらく必要な訳で、まともな組織になられても困るし、なくなられても困るものね。

 まあ、でも、哀哭裂死隊・痴民党征倭会が望む望まざるに関らず、国際金融資本、多国籍企業は農協を喰いにかかるだろうけれどね。

 農協の連中も、どうやら、農協を通しての補填、という形で政府と交渉を進めているようだけれど、そんなやり方では、数年は延命出来ても先は無い。

TPPで農協が弾くそろばん勘定「補償額10兆円」水面下で内閣と条件交渉

昨今TPPが話題だが、そこにも裏がある。農協の大規模な反対運動がメディアで報じられているが、政権と農協側は水面下で早くも条件交渉を始めているそうである。

<TPP参加は既定路線だから、あとは農協を通じた農家への補助金交渉になる。農協は、93年にウルグァイ・ラウンドで米市場の一部自由化を決めた際には、8年間で6兆100億円という巨額の農業対策予算を引き出した。関税撤廃品目次第では、今回は10兆円規模の減額交渉になるのではないか」(安倍ブレーン)
自民党のTPP対策委のひとりもこういう。
「北海道庁がTPPによる道内の損失額を米1130億円、小麦418億円などトータルで2兆1254億円と試算している。委員会では農水族の議員が『北海道だけでこれだけの数字になるんだ!』といいながら、補償額について話し合っている。最低でもウルグアイ・ラウンドの6兆円は超えるはずだ」>(週刊ポスト)

週刊ポストの報道姿勢を私は評価する。新聞やテレビなど大メディアが大本営発表のような官邸・官僚情報を垂れ流している中で、こういうときこそ週刊誌は「権力を疑え」という姿勢を貫かなければいけない。それが週刊誌の存在理由なのだから。

(2013年03月21日 J-CAST)

 まずは、農協を通じての大規模補填という形で農協を納得させ、頃合を見て、油断したところをパクっといくつもりですよ、連中は。

 というか、喰う前に、たっぷりと税金が投入されて肥え太るのは、連中にしても望む所だし。

 税金を投入する事で、民衆のルサンチマンを高める事にも繋がる。

 農協の連中は、その辺のところ、全く理解出来ていないんだろうな、多分。

 まあ、真面目な話、本当に農家、生産者を救済したいのであれば、こんな今まで通りのやり方では無く、小沢民が掲げていた農家の個別保障の方が、ずっと個々の農家の為にも、消費者の為にも、これからの農業の為にもなるやり方だと思うね。

 個別保障をした上で、生産調整をやめれば、価格競争力だってつけられる。

 一応、ミンス党政権の時から、少しずつ進めてはいるみたいだけれど、これをもっと、がっつりしっかりと取り組めばいい。

 フランスなんかは、この個別保障が農家収入の8割を占めているのだから、日本も、それくらいやればいいんだよ。

 農協に問題は、全くの別問題だから、それはそれで、時間を掛けて、ガイアツに頼らず、日本人の手でじっくりゆっくりやって行けばいいだけ。

 ただし、ことTPPに関しては、仮にそれをやったとしても、余り安心は出来ない。

 個別保障にしても、今回の出ている案のような農協を通すものにしても、やり過ぎてダメリカ様の農産物の流通量が増えなければ、「非関税障壁だ」となって、訴えられて取り潰されないかねないから。

 ダメリカ様だって農家への保障は行っているから、多少ならばそうはならないだろうけれど、自分のところの農産物の輸出が増えない、という事が何年か続くと、きっといちゃもんを付けてくる。

 だって汚いジャイアンだもの。

 という訳で、結局、保障のやり方云々以前に、TPPには参加しないのがベスト、という結論以外出てこない。

 TPP参加を断念した上で、農協、そして農業、農家のこれからの在り方というものを、もう少し真面目に話し合っていけばいい。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 1,740

TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社
売り上げランキング: 26,152


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 こんな政策まで出されて、ホシュの防波堤こと阿部坪三閣下がTPPに消極的だとか、TPP交渉には破談させるために参加したとか言ってるアホがいたなら、黄色い救急車に乗せた方がいいですね。

 もっとも参院選公約にこれを挙げたとしても、さっさと破ってしまうんじゃないですか?今更そんな甘言信用できるものなのかと。
2013/03/24(日) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3097-d1f3df7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。