FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → さらば韓国 Chapter2

さらば韓国 Chapter2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 一見譲歩するように見せ掛けて、相手が油断したところに一気に攻め込むというのは、戦術として非常に正しいものであると思えるものです。

米政権、北朝鮮との平和条約交渉を検討

≪6カ国協議再開へ局面打開を図る≫

 【ワシントン=有元隆志】18日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、ブッシュ政権が平和条約締結交渉の開始など北朝鮮に対する「広範で新しい取り組み」を検討していると報じた。北朝鮮が求める金融制裁解除は拒否するものの、同じく北朝鮮が要請した平和条約交渉に応じることで、昨年11月以来中断中の核問題をめぐる6カ国協議再開に向け、局面打開を図ったといえる。

 米政府高官らの話を引用した同紙によると、新政策はライス国務長官やゼリコー国務省顧問が主導して策定され、ブッシュ大統領も北朝鮮が6カ国協議に復帰すれば、承認する見通しという。

 核問題とともに、平和条約交渉や経済協力、人道問題を話し合う。条約交渉の形式としては、朝鮮戦争の休戦協定(1953年)当事者である米朝、中国に加えて、韓国の参加を想定している。

 北朝鮮は米側との交渉で、休戦協定に代わり平和条約を締結したいとの意向を伝えていた。米政府も昨年9月の6カ国協議で、北朝鮮の核放棄を明記した共同声明が採択されたことを受け、核放棄の具体的な交渉が始まった段階で、平和条約交渉も開始することには前向きだったが、北朝鮮が金融制裁を理由に協議再開を拒否したため、検討は中断していた。

 ブッシュ政権内で6カ国協議再開のテコとして、平和条約交渉開始に応じるとの考えが浮上した背景には、6カ国協議が中断したまま北朝鮮が核開発を続けることは、イランとの核開発をめぐる交渉に「あしき先例」を示すことになるとの懸念が強まったためとみられる。

 もっとも新政策には、チェイニー副大統領ら「圧力重視派」が求める金融制裁の継続や、北朝鮮の人権問題、政治体制の変更、市場開放の協議も含まれており、「交渉促進派」とのバランスをとった内容ともいえる。 金融制裁の解除を求める北朝鮮が、米側の提案に応じるかは不透明だ。

(2006年05月18日 産経新聞)


 一見すると、停滞する六カ国協議を進展させる為、米国北朝鮮に譲歩するかのように見れる記事ですが、私としてはこの米国の提案の裏に、先の大戦の時に見せた米国の狡猾さというものを、再び垣間見たように思えるものです。

 米国は恐らく、かの高名な基地外整形大統領の反米発言や、先頃韓国内にて起こった、大々的な反米基地デモなどから、かなり強く韓国に対する不信感を募らせているものと思われます。

 そして、もしも仮に北朝鮮がこの条件を呑み、休戦協定が締結されれば、北の馬鹿将軍にゾッコンである韓国の基地外整形大統領は、間違いなく今以上に北朝鮮への歩み寄りを強めるであろうと想定されます。

 何しろ一応は戦時中である今でさえ、無条件に北朝鮮に対する支援を行いたいだなどと、阿呆な事を口走る天下の基地外大統領の事でから、この戦時中であるという足枷が外されたとしたら、それこそ日本米国の白い目など一切お構いなしに、北の馬鹿将軍に対して貢ぎ始めるであろう事は疑い様がありません。

 しかし、皆様もご存知の通り、北朝鮮拉致麻薬紙幣偽造などを生業とする凡そ国家などとは呼べないテロリスト団体であり、米国からも「悪の枢軸」と呼ばれているような連中であります。

 そのような連中に対して、何も考える事無く今以上の支援を続ければ、米国はその国家に対して一体どの様な行動に出るか。

 ここまで言えば、誰もが気付かれる事と思います。

 米国は恐らく、韓国北朝鮮休戦協定を締結させ、韓国の基地外整形大統領が北朝鮮に対して大々的な支援を始めたとき、それを根拠に韓国に対してテロ支援国家というレッテルを貼り、北朝鮮とともに、反米の目立つ韓国も一緒に始末してしまおうと企てていると思われるものです。

 米国を中心として北朝鮮への締め付けを強化しようとしているタイミングでの、基地外整形大統領による北朝鮮を無条件に支援したいとの旨の発言や、朝鮮戦争において韓国を救った英雄である筈の米軍の基地に対する大々的なデモなど、あれだけの事を立て続けにやらかせば、米国がキレるのは時間の問題であるとは思っていましたが、早くもその第一手を打って出てきた様です。

 北朝鮮がこの条件を呑んでくるかどうかは不透明ですが、恐らく米国は今回の手段が上手くいかなかったところで、さらに恐ろしい第二・第三の手を考えて、北朝鮮とともに、散々逆らった韓国を始末する手を考えている事でしょう。

 韓国北朝鮮が協力したところで、米軍との力の差は虎とフンコロガシ以上に離れている以上、韓国北朝鮮とともに亡国への道を歩むことになる事は、米国によってすでに決定されていると見て良いものと思います。

 五月蝿くて、鬱陶しくて、目障りで如何しようもない隣国ではありましたが、いなくなると思うと、ミジンコの糞くらいの寂しさは感じるものです。

 さようなら韓国

 線香の一本くらいは立ててあげるから、華々しく砕け散ってきてくれたまえ。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

「反日韓国」に未来はない
呉 善花
小学館 (2001/09)
売り上げランキング: 1,135
おすすめ度の平均: 3.83
3 soozzyさんとは違う立場で
5 拍手!
5 非常にわかりやすい!

「反日・親北」韓国の暴走―「韓流ブーム」ではわからない
呉 善花
小学館 (2005/03)
売り上げランキング: 2,212
おすすめ度の平均: 4.2
5 勇気ある本だ
5 彼女への支援の意味でも購入します。
4 呉さんは真の愛国者


PR情報
雨が降る2時間前にお知らせメールが届く!月形半平太メール!
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さんこんにちは。
日本だけじゃ物足りないのか、アメリカを目の仇にして久しい韓国ですが、鮮人の悲しい性とでも言うのか、有無を言わせぬ相手には奴隷根性を剥き出しでも、耳を傾ける相手は自分より格下だから意見を聞くと勘違いをする。自虐指向の強い日本と違い、自爆指向が顕著な朝鮮人。今更ですが救い難い馬鹿ですね。日本だけにすりゃ良かったものを、虚仮威しをせにゃ生きてゆけん性分なんでしょうが、ただ相手が悪すぎましたね。どうやら、晴れて南北朝鮮揃っての“悪の枢軸”入り決定のようです。おてて繋いだ南北朝鮮トップが、キモ顔を引き攣らせる様が目に浮かぶようです。まあ、基地外は埒外に置いとくってことですか。
どの途、“太陽政策”以外には切れるカードが手札にない飯島酋長のこと、アメリカが北へ科した経済制裁を相殺してしまいかねない援助を強行するのでしょうが、逆鱗に触れるのは火を見るより明らか。事ここに至っては、華々しく玉砕ならぬ、火病を見せて欲しいもんです。
2006/05/19(金) | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
あそこまで徹底的に反米の意を示した以上、米国は絶対に韓国を許すことはないでしょうね。

今回の米提案に北朝鮮が如何なる返答をするにせよ、南北朝鮮の滅亡は、米国の意思によって確定していると見て間違いないでしょう。
2006/05/19(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/312-64e8270c
「韓国世論の変化に期待」横田滋さんが帰国、会見(読売新聞5/18)皆様ご承知のことと思いますが、横田滋さんらが15日から韓国を訪問され、昨日(17日)帰国されました。
2006/05/19(金) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN