FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → KISS MY ASS

KISS MY ASS
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

[FT]アベノミクスで韓国企業の業績悪化広がる

(2013年4月24日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 日本の経済界はここ数年、日本の景気低迷は国内事情ではなく韓国ウォン安のせいだと信じてきた。円安が進めば、すべてが順調にいくとでも言うかのように。

 日本で言う「順調」とは、世界中の消費者が韓国サムスン電子の製品を買うのをやめ、日本製品に代えることを意味する。その主張が今まさに試されようとしている。

 サムスンはこの脅威に耐えそうだが、世界の総需要が減退する中で、円安は多くの韓国企業に立ちはだかる大きな課題となりつつある。

■借入金の比率が高水準

 日本ではアベノミクスの効果で流動性が拡大し、企業の業績不振が持ち直しつつある。海外ヘッジファンドはつい最近まで、造船や鉄鋼など苦境に陥った業種で信用保証料率が上昇すると見ていた。しかし実際には保証料率は低下し、当面、それは続くとみられている。

 一方、韓国企業の業績は悪化の兆しが顕著になり始めた。韓国は2008年の世界金融危機を乗り切ったものの、5年後の今はうまく事を運べていない。

 世界のほとんどの国では、企業も家計も債務負担の圧縮を続けてきた。しかし韓国では、借入金の比率がまだ高水準にある。韓国財閥グループ上位30社の負債は1000兆ウォン(8930億ドル)に上るという調査報告もある。昨年下半期には大手12財閥のうち4財閥で利払い金額が営業利益を上回った。

 グループ傘下の部門ごとにのしかかる負担はまちまちだ。例えば、ある大手財閥の取締役によると、自動車部品など好調な部門のキャッシュフロー(純現金収支)が建設などの不採算部門を支えているという。国家財政を助けるため多くの主婦が保有する金を売り払った1997年~98年のアジア金融危機ほど深刻ではないが、今回も心配な事態には違いない。韓国開発研究院(KDI)によると、運輸、造船、建設、不動産は著しい業績不振に見舞われ、厳しい信用収縮に直面している。

■中堅財閥の破綻が増加

 特に苦悩しているのは中堅の財閥だ。2011年に企業再生手続き(民事再生手続きに相当)を申請した企業の数は5年前の5倍となり、その後さらに悪化している。

 今回、最初に衝撃が走ったのは12年9月に企業再生手続きを申請した熊津(ウンジン)グループの破綻だ。同社は財閥上位35社に名を連ね、建設や造船、貯蓄銀行、太陽光発電などの不振産業で広く事業を手掛けていた。

 ウンジン破綻を機に、資本市場の流動性が低下し、資金繰りの苦しい他の財閥への圧力も強まった。とりわけ、再生手続き中の多くの企業が破綻直前の数週間に市場から借り入れをしていたという事実に、資本市場は動揺した。それが地方の信用機関に対する信用危機にもつながった。

 銀行システムの健全性に対する懸念も広がっている。多くの貯蓄銀行がすでに破綻し、規制当局は最近数カ月で20数行に営業停止命令を出した。ここに来て、大手銀行にも圧力が及び始めている。調達した資金を融資などに回して得る利益を映す「純金利マージン」が低下する一方、不良債権が徐々に積み上がって収益を圧迫し、今後の数四半期は2桁の減益になるとみられている。

■借り入れに頼らないモデル構築を

 韓国は過去に何度も逆境を乗り越えてきた。しかし、世界各国で経済成長が減速し、通貨を巡る競争圧力が強まり、(限られたパイを奪い合う)ゼロサム的な考え方が顕著になっている現在でさえ、韓国も日本も輸出を成長の主たる原動力とするモデルを追求し続けているようにみえる。

 ただ、不振の韓国にもチャンスはある。アジア系投資ファンドのMBKパートナーズは昨年、ウンジン・グループ傘下で浄水器などを手掛けるウンジン・コーウェイを買収することで、破綻企業から利益率の高い事業を手に入れた。韓国にとって真のチャンスは借り入れ、特に表に出ない隠れ借り入れに依存しない新たなビジネスモデルを構築するところにあるだろう。

(2013年04月24日 日経新聞)

 まあ、バ姦酷のアホくん達の怨み言はどうでもいいとして、ここで問題なのは、ただ単純に少し円安に振れただけで、ここまで窮地に追い込まれてしまうバ姦酷経済の脆さ。

 こんな、どうしようもなく脆い代物を、数多くの経済学者、経済評論家が「カイカクの成功モデル」として誉め称え、日本も追従すべきと言っていたという事。

 幸い、ここまで愚の極致には至っていないものの、日本もまた、小泉や安倍のカイカクによってこの限りなく脆い経済に近付きつつまるという事実。

 下手な怪談よりも余程に恐ろしい事実。

 輸出に依存する経済というのは、他国がほんの少し通貨安政策をとるだけで、ここまで窮地に追い込まれるのだ。

 こんなものを目指そうとする愚かさは、余程のバカじゃなければ一瞬で理解出来るだろう。

 TPPに参加し、内需を切り捨ててでも輸出力の強化を図ろうとする政権、罪塊の愚かさが分かるだろう。

 小泉や安倍、ピッキャン二世、そして罪塊の糞どもにその御用学者連中の押し進めるカイカクの先にあるのは、日本のバ姦酷化だ。

 他国の通貨政策に国運を左右される限りなく脆弱な三流以下の国家擬きだ。

 絶対に拒否しなければならない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 2,207

TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社
売り上げランキング: 12,230


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3129-4b803e1c