或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ経済 → この世の果て

この世の果て
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

日本の「ブラック企業叩き」これで韓国に勝てるかと人事担当

「ブラック企業=悪」という図式は定着しつつあるが、一向にブラック企業がなくなる気配はない。しかし、ブラック企業を悪だと糾弾すれば問題は解決するのだろうか? ジャーナリストの伊藤博敏氏が、この問題について解説する。

 * * *
 企業はすべてブラック企業的なるところからスタートするという現実を忘れてはなるまい。「ブラック企業偏差値」の上位に名を連ねる企業には、オーナーが一代で築いたベンチャー企業が少なくない。そこにあるのは、「人と同じ発想や努力では生き残れない」というシビアな社風であり、「勝ち残り組」のオーナーは社員にも刻苦勉励を求める。

 ベンチャー企業は無理をする。楽天の三木谷浩史社長のようなピカピカのエリートもいるが、東大卒であってもリクルートの故・江副浩正元会長、ライブドアの堀江貴文元社長のように“はぐれ者”も少なくない。

 彼らの頭の中にあるのは、早く会社を大きくしたいという欲望であり、成長を促す資金繰りである。社員の福利厚生や職場環境の整備によって社員の定着率を高めるより、ついてこられる者だけを大事にする発想になりやすい。それを身勝手と言い、ブラック企業と誹る(そしる)のは簡単だ。全肯定はできなくても、その泥臭さの中で這い上がらなければ、安定した業績を上げられる一流企業の域に達しないのもまた事実である。

 批判に晒されるファーストリテイリングについても、「競争力のあるグローバル企業として成長しようと思えば無理せざるを得ない。大志ある若手を求め、彼らを育てようとした結果、要求が高くなり、高い離職率にもなった。『人を大事にする仕組み』はともすれば甘えを生み、競争力を衰えさせる環境になってしまう」(業界関係者)という声もある。  

 日本型雇用慣行に沿って人を大事にした結果、能力はないのに年齢を重ねたというだけで安定した高い収入を得る層が生まれてしまった。一部の大企業には「ウィンドウズ2000=窓際なのに年収2000万円」と揶揄される社員もいる。それで企業の競争力が高まるはずがなかろう。伸び盛りの企業は旧来型企業の側から疎まれる。そこに寄り添う老舗の経済メディアが新興企業批判キャンペーンを展開するブラック批判にはそんな構図も見え隠れする。

 世界のエリート企業はより過酷さを求める。シビアな人事制度で知られる企業の人事担当者が、こう皮肉る。

「韓国の一流企業は、出張したら帰りの飛行機で映画を見たり、酒を飲んだりせず、ひたすら出張リポートを書き、翌朝一番で提出するというやり方を幹部に求めています。そのうえで毎年、成績下位の1割は辞めさせる。そんな国の企業と、ブラック企業叩きをしている国が戦えますか?」

 神経を病むほど社員を追い込む会社は認められない。ただ、レッテル貼りにも意味はないだろう。必要なのは、ブレない規制緩和による雇用の流動性の確保である。ブラック企業の淘汰は、あまりに酷ければ人は寄りつかないという自然の摂理にある程度は委ねてもいいのではないか。

(2013年05月03日 NEWSポストセブン)

 というか、そうじゃなくて、だからこそ、バ姦酷なる人畜有害な国家擬きの在り方を許してはいけないと思うんだ、真面目に。

 あの国の在り方を認め、追従、あるいは対抗していくという事は、人類が数千年かけて手に入れた人権だとか、人間らしさだとか、そういう概念の否定に繋がりかねないとすら言える。

 それくらいに、あの国の在り方というのは歪んでいるし狂っている。

 ぶっちゃけて言うと、まだ上朝鮮や厨獄の方がマシかも知れないくらいに。

 なまじ、偽物の嘘っぱちとは言え、民主主義国家を偽装しているだけに、前述の二者より性質が悪い。

 自分さえ良ければ後はどうなっても良い、という朝鮮人的な思想と、新自由主義というサイコパスが生み出した今世紀最悪の宗教との相性が良すぎたのだろう。

 欲望の掃溜めと化している。

 アホでバカで明き盲のお花畑サヨクくん達は、バ姦酷の経済発展とやらを誉め称える訳だが、あれこそが、彼のケケΦヘイゾーが「カイカクの成功モデル」と評した最低最悪のディストピア。

 人が人としての尊厳を見失い、ただ資本家や財閥の為の道具、歯車としてだけ存在している最果ての地獄。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

新自由主義の嘘 (双書 哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 194,820

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
今野 晴貴
文藝春秋
売り上げランキング: 885


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
今時姦酷刑罪が模範ですか?そんな寝言を言っていた多くは白ばっくれているでしょうけど、ある意味清々しい。
姦酷刑罪はヒトモドキだから許されるのであって、人間に適用してはいけません。
最貧国に並ぶまで、日本人を無限ループに追い込むって、人間がすることではありません。
小学生騙し館は、こんな糞文載せるくらいなら、新興国の国民を奴隷にしている糞刑罪塵を批判しろ。
2013/05/05(日) | URL | 北野茂良 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3138-43d13b54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。