或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Dressed to Kill

Dressed to Kill
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

大阪旧遊郭街顧問弁護士の経歴もやり玉に 外国人記者らが橋下市長釈明を追及

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は2013年5月27日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、自身のいわゆる従軍慰安婦をめぐる発言について釈明した。同協会としては異例の数の396人が集まり、一部記者からは「上祐(史浩・元オウム真理教広報部長)以来の盛り上がり」との声も出た。

 橋下市長は侵略と植民地支配については認め、慰安婦に対して謝罪すべきだとの立場を繰り返した。慰安婦動員の強制性を認めた1993年の河野談話については「修正」や「否定」ではなく「明確化」すべきだと主張。

 この主張に対して外国記者からは「矛盾している」「質問に答えていない」との声が相次いだほか、旧遊郭街の顧問弁護士を務めていたことについては「『料理組合』の顧問弁護士。料理組合自体は違法でもない」と主張。「詭弁(きべん)を弄して恥ずかしくないのか」という声も出た。

■「かつては顧問弁護士だったことは事実」

 橋下市長は会見冒頭、事前に発表された文章『私の認識と見解』を20分近くかけて朗読。外国人記者には、配布された英語版を読んだ上で質問することを求めた。文章には従軍慰安婦に謝罪すべきことや、米軍に風俗業の活用を勧めたことを撤回する考えなどが盛り込まれており、質問の大半は、この文章に書いてある範囲内のものだった。

 それ以外で特に厳しい質問が飛んだのが、弁護士としての顧問先についてだ。橋下市長は、大阪の旧遊郭街として知られる「飛田新地」の組合の顧問弁護士を務めていたが、市長という公的な役割との整合性を問う質問が出た。これに対して橋下市長は、「かつては顧問弁護士だったことは事実。それは、飛田の組合という『料理組合』の顧問弁護士。日本において違法なことがあれば、捜査機関が適正に処罰する。料理組合自体は違法でもない」と主張。記者席は失笑の声がもれた。この回答では到底理解を得られなかったようで、別の記者が、「名称は『料理組合』かも知れないが、飛田は、お店の2階に上がってお金を払えば買春できることは、大阪のちょっとませた中学生なら誰でも知っている。中学生が聞いて、『橋下さん、うそついてはるわ!』と思うような詭弁(きべん)を弄してひとりの政治家として恥ずかしくないのか」と追及。橋下市長が苦笑いしながら、「違法なことであれば、捜査機関が行って逮捕されます。以上です」と述べると、「なーにいってんだ」という声とともに、再び失笑が漏れた。


争点を「国家の意思があったかどうか」に絞る考え?

 従軍慰安婦問題については、「慰安婦の方には、しっかりおわびを申し上げなければいけないことは間違いない」という言葉を繰り返しながら、「国家が組織的に意志を持って女性を拉致・人身売買したかどうか」という点のみを争う考えのようだ。この点について橋下市長は、「国家が組織的に、国家の意思として女性を拉致した、人身売買をしたという事実はないというのが、日本の多くの歴史学者の主張であり、河野談話の後に出た2007年の日本政府の閣議決定では、国家の意思としての拉致、国家の意思としての人身売買を裏付ける証拠はなかったという日本政府の見解がでている」と日本側の見解を述べた上で、事実関係について韓国と共通見解を持つべきだと主張した。

 「韓国の皆さんが最も関心を寄せているこの核心的論点について、河野談話は逃げている。これが日韓関係が改善しない最大の理由。河野談話を修正・否定するということではなく、明確化すべきだと言っている。韓国のほうもいろんな意見があるだろうから、ここは日韓の歴史家・歴史学者が共同で事実を明確化すべきだと思っている。韓国は、日本が国家の意思として組織的に女性を拉致・人身売買したという主張。日本は、そのような事実はなかったという主張。ここを明確化しなければならない」

香港記者「『強制性ない』と思っているのに河野談話修正・否定しないのは矛盾」

 橋下市長は、2012年8月24日には「河野談話は見直すべきだ」と述べている。この発言との矛盾や、「強制性」に関する認識を問われたが、「これも核心的な論点。河野談話について、書かれている事実を変える必要はないと思っている。しかし、表現については、もっと付け足さないといけない。表現を付け足すことを『修正』というのか『明確化』というのか、これは言葉の問題。まさに『強制性』の言葉をもっと丁寧に記述すべきだと思う」と、慰安婦の動員に国家による「強制性」があったかどうかについてはコメントを避けた。この「強制性」に関する質問をした、香港のフェニックステレビのリー・ミャオ東京支局長は、「私は、国による強制性があったかどうかを聞きたかったが、それをはっきり言わなかった。橋下市長が言うように、これが核心的な問題なら、なぜはっきり言わないのか。安倍1次内閣の(07年の閣議決定の)ように『強制性はない』と橋下市長は思っているようだが、河野談話は修正・否定はしないと言っている。すごく矛盾している」と、煮え切らない態度に納得がいかない様子だった。

(2013年05月27日 J-CAST)

 つか、このおバカ、こういう過去があるにも関らず、安易に風俗だの何だのと発言したら、こういうツッコミが来る事くらい予測出来なかったんだろうか?

 それとも、「それは、飛田の組合という『料理組合』の顧問弁護士。日本において違法なことがあれば、捜査機関が適正に処罰する。料理組合自体は違法でもない」などというアホな詭弁で、本当に誤魔化せるとでも思っていたのだろうか?

 本当にアホだな、こいつは。

 まあ、そんな事は兎も角、このアホの会見で重要なのは、「河野談話を修正・否定するということではなく、明確化すべきだと言っている」という発言。

 散々、何度も何度も訴えてきた事だが、結局、こいつが目指しているのは、やろうとしているのは、「コレ」なのだよ。

 脳味噌がタンポポの綿毛よりも軽いネトウヨくん達は、発言の表面しか認識出来ずに、一々ピッキャン二世様の発言に一喜一憂しているけれど、こいつの言っている事は、一貫してこういう事。

 日本に永遠の十字架を背負え、と。

 強制性があろうとなかろうと、自称慰安婦の嘘吐き婆さん達に永遠に土下座し続けろ、と。

 そこに色んな屁理屈が付属しているから濁っているけれど、要点としてはそういう事。

 ある意味、強制性だの何だのを争点にしているバカサヨクの方がマシなくらい。

 あいつらは、日本が悪い事をしたから配慮、謝罪、賠償が必要だ、という論な訳だけれど、ピッキャン二世様の持論は、日本は別に強制も何もしてないけれど、兎に角悪いんだから、少なくとも負けたんだから永遠に配慮、謝罪、賠償が必要なんだ、という事だからね。

 無茶苦茶もいいところ。

 政治家として以前に、人間としておかしいレヴェル。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠

講談社
売り上げランキング: 286,814

橋下徹のカネと黒い人脈 (宝島NonfictionBooks)
一ノ宮 美成+グループ・K21
宝島社
売り上げランキング: 162,962


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3162-a9d14b22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。