或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ経済 → 月月火水木金金

月月火水木金金
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

あの『ワタミの宅食』にまつわる物語が 「今、注目の仕事として書籍化決定!」だそうですよ

ワタミの子会社が展開する、お弁当宅配事業『ワタミの宅食』。

先日、ガジェット通信ではブラック企業大賞2013のウェブ投票でダントツのワタミフードサービス『ワタミの宅食』宅配バイトも凄いと話題にという記事をお伝えした。

その『ワタミの宅食』において、お弁当を各ご家庭にお届けする「まごころスタッフ」をテーマにした書籍『お弁当でつながるありがとうの物語』が7月22日に発売されるという。

7月11日、なぜかガジェット通信に送られてきたプレスリリースによれば

この度出版される『お弁当でつながるありがとうの物語』では、実際にお弁当を各ご家庭にお届けしている「まごころスタッフ」とお客さまの間に起こったさまざまな心温まる実話に基づくエピソードが紹介されています。この書籍を通して、当社が最も大切に考え、事業拡大にも寄与している「まごころ」の一端についてご理解いただけます。

当社では、超高齢社会のインフラとなるという企業目標の下で、今後もお客さまには「食」を、高齢者の方や子育て世代など、さまざまな環境の下でもいきいき働きたい方には「職」を提供してまいります。

とのこと。

「お、おう」と答えるしかない感じではあるが、とりあえず従業員やその家族、宅配スタッフにも「まごころ」を……と思わずにはいられない。もしくは「事業拡大にも寄与している“まごころ”」とあるので、我々の考えるそれとは違い事業のために自らを犠牲にする尊い精神のようなものかもしれない。とりあえず「まごころスタッフ」がこの本を購入するように強要されないかが心配だったりする。

宅配の「まごころスタッフ」については本日7月11日発売の週刊文春が「追究第6弾 高齢者宅配弁当“偽装請負”の証拠文書」という記事を掲載しており、ちょうどそれと同日にプレスリリースが送られてきたというのも奇縁と言うべきか。

『お弁当でつながるありがとうの物語』の著者は宮島伸浩さん、定価1300円で株式会社あさ出版より発売されるとのこと。

プレスリリースの冒頭には「今、注目の仕事として書籍化決定!」という見出しが。

確かに今注目の仕事ではある。

(2013年07月11日 ガジェット通信)

 きがくるっとる。

 お給金は最高効率でやって時給400円程度、研修期間は無給、車は持ち込み、車両保険燃料費は従業員持ち、休んだら罰金で感動。

 まあ、こんな悪条件ですら働く人が存在するというのは、極悪ブラック経営者にとってはコロンブスの卵であり、イノベーションであり、一種の感動ではあるかも知れない。

 気狂いブラック経営者以外の人間はどん引き。

 「事業拡大にも寄与している“まごころ”」との事だが、そこまで悪条件で人を働かせる事が出来れば、猿でも事業拡大出来そうなもんだ。

 最低限の道徳心や遵法精神、他人を思い遣る心すらも持たないサイコパス、渡邊ミキティ様だからこそ為し得ている偉業だと思えば、まあ、無理矢理感動出来なくもない、かなあ?

 ミキティ様とは違って、人の心を捨てる事が出来ない凡俗には理解出来んが。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
今野 晴貴
文藝春秋
売り上げランキング: 1,144

ブラック企業に負けない
NPO法人 POSSE 今野 晴貴 川村 遼平
旬報社
売り上げランキング: 11,866


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3207-a8243bf0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。