FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 中国共産党ある限り、日中友好などはあり得ない

中国共産党ある限り、日中友好などはあり得ない
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 先頃、阿呆の経済同友会北城工作員が、首相靖国神社参拝の自粛を求めるのは、自社や業界の利益の為ではなく、真の日中友好を促進させる為だなどと嘯いていましたが、そのようなものはお花畑と売国奴の絵空事であるという事を、他ならぬ当事者である支那自身が証明するかのような事件が起こった模様です。

中国経由で偽メール 「空幕」装い不特定多数に

 額賀福志郎防衛庁長官や、航空自衛隊航空幕僚監部(空幕)が発信したように装った偽メールが大量に送りつけられる事件があり、中国のサーバーを経由して送信されていたことが23日、分かった。中国人ハッカーらによるサイバー攻撃の可能性もあるとみて、防衛庁は発信元などを特定するため、近く警視庁に被害届を提出する方針だ。

 今月中旬、空幕広報室のメールアドレスを表示し、「第16駆逐戦隊の3週間」という件名のメールが、自衛隊関係者を含む不特定多数のパソコン利用者に送りつけられた。送信者は「防衛庁航空幕僚監部総務部」。しかし、これは実際には使用されていない名称で、「なりすましメール」の疑いが強い。

 本文は「3週間を付属のファイルに見てください」と不自然な日本語で、添付ファイルを開くよう促していた。受信者がファイルを開くと、パソコンがウイルスに感染し、登録しているアドレスに偽メールを自動的に送信する恐れがあった。

 空幕広報室には、この偽メールの受信者から問い合わせのメールが1日に1000通以上も届き、業務に支障を来した。このため、立件する場合は偽計業務妨害容疑が適用される見通し。

 この偽メールについて防衛庁が発信経路を調べたところ、中国のサーバーを経由していたことが分かった。添付ファイルには、米海軍原子力潜水艦が横須賀基地に入港したという、日本の市民団体のホームページに掲載された情報や写真が転載されていた。

 また、同じ時期に額賀長官の名をかたった偽メールも配信されている。送信者は「額賀福志朗(正確には郎)」で、「『海軍作戦計画』を刷新」との件名で不特定多数に送りつけられた。本文は「海軍作戦計画を付属のファイルに見てください」と、不自然な表現だった。

 中国の関与が疑われるサイバー攻撃としては、昨年4月、防衛庁や警察庁のホームページが大量のデータを送りつけられる「DoS攻撃」により接続しにくい状態になった例がある。この際には、反日運動を標榜(ひようぼう)する中国系ホームページで、日本の省庁にサイバー攻撃を仕掛けるよう呼びかける書き込みがあった。

(2006年05月24日 産経新聞)


 犯行グループの特定こそ為されていないものの、どのような面から見ても、明らかに支那人の犯行と思われるものです。

 それを裏付けるような、下記のようなニュースも飛び込んできた模様です。

中国ハッカー集団、自衛隊サイトなど標的に

≪攻撃作戦への参加呼びかける≫

 【北京=福島香織】「中華愛国力量連盟紅客戦隊」を名乗る中国ハッカー集団が、インターネット上で、5月1日から自衛隊や警視庁サイトを標的にした攻撃作戦「巨竜の怒り」への参加を呼びかけていたことが24日、わかった。防衛庁関係者になりすましたメール事件と関連があるのかは不明だが、同集団は昨年から日本の自衛隊のサイトなどにウイルスを仕掛けたとしている。

 「巨竜の怒り」は、3月の台湾独立派サイトへの攻撃作戦「連盟行動」や4月の靖国神社サイトへの攻撃作戦「正義の剣」に続くものという。

(2006年05月24日 産経新聞)


 特定こそ為されていないものの、この「中華愛国力量連盟紅客戦隊」なる団体が中国共産党関係の組織である事は疑い様のないものであり、この「中華愛国力量連盟紅客戦隊」の一連のサイバーテロ中国共産党が何らかの形で関わっている事はまず間違いは無いと思われるものです。

 単なるウィルスの撒き散らしや、見境の無いF5アタックならば、支那国内の何処ぞの基地外の仕業とも思えるものですが、標的とされているのが、自衛隊警視庁のような、日本治安安全保障の為の重要な機関という事になれば、このサイバーテロ中国共産党政府が関わっている可能性は極めて高いと見るのが当然と思えるものです。

 そしてまた、何故にその様な行動を取るのかと考えた時、日本に対して何らかの攻撃的意図がある為と見做す事は、ごく普通の危機認知能力がある人間ばらば、至極当然であると言えるでしょう。

 時期や方法などこそ断定は出来ないものの、明らかに日本に対して攻撃、もしくはそれに準ずる行動を取ろうと企てている国家の要求を全て呑み、友好関係を築こうなどという事が如何に愚行かという事かは、ほんの少し考える力が備わっている人間ならば容易に理解し得ることです。

 そもそも相手が攻撃の意図を持っているならば、如何に要求を全て呑もうとも、友好関係などは築き得るわけが無いと言えるでしょう。

 それでも阿呆なサヨクは、これも首相靖国神社参拝が原因であると言い張ったり、先の大戦での「ニッテイ」の悪行の為せる業であると嘯いたりするのでしょうが、他国の首相戦没者追悼施設に赴いたからといって、テロを起こすなどといった馬鹿げた話はついぞ聞いた事がありません。

 これはその様な事が原因なのではなく、明らかに何らかの攻撃的意図を持って行われている行為と見做すのが、ごく普通の感覚を持った人間の判断であると言えるものです。

 アタマにちゅーりっぷが咲いている馬鹿サヨクは、無闇に支那脅威を煽る事は間違いであると、正論に聞こえる詭弁を吐いていますが、この様な行動を取ってくる国が脅威でないとしたら、一体何を持って脅威と呼べば良いのか私にはさっぱり分かりません。

 基地外サヨクが何をほざこうとも、中国共産党が日本に対して侵略的意図を持っている事は、疑い様の無い真実であり、我々日本人はこれを覚悟し、備えておく必要が絶対に必要であると思えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

中国は日本を併合する
平松 茂雄
講談社インターナショナル (2006/02)

日本とシナ―1500年の真実
渡部 昇一
PHP研究所 (2006/03)


PR情報
ITエンジニア 長期・高額案件なら『Axis Web Japan』
「ノーローン」のシンキは、新生銀行グループ!!なんどでも1週間無利息なのは、ノーローンだけ。

  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/323-f911598f