或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → Cruel Intentions

Cruel Intentions
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

主張
「ブラック企業」一掃
長時間労働の規制を強めよう


 過酷な労働環境で働かせる「ブラック企業」の一掃が重要な政治課題になっています。「労働時間が長すぎる」「サービス残業をやめてほしい」と若者たちが切実に訴えている長時間労働の規制強化がどうしても必要です。

 ところが政府と財界は、裁量労働制の拡大や、労働時間規制の適用除外制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)の導入で、残業代を払わない長時間ただ働きの国づくりをめざしています。働くものの叫びに背を向けた動きを阻止するためにも、「長時間労働なくせ」「ブラック企業なくせ」の声を広げる運動が重要です。

人間は消耗品ではない

 「365日24時間死ぬまで働け」。これは「ワタミ」の企業理念です。ここに入社した26歳の女性社員が月140時間を超える残業で疲れ果て、自ら命を断つ悲しい出来事がおこりました。人間を死ぬまで働かせる消耗品扱いは絶対に変えなければなりません。

 厚生労働省が6月、2012年度の労災認定件数を発表しました。仕事のストレスなどによる精神疾患で労災認定された人は475人(うち自殺が93人)で、前年度より46%増え、過去最多を更新するという深刻さです。認定された人の残業時間を見ると、月100時間以上~120時間未満の人が66人(17人)です。120時間以上~140時間未満が46人(15人)です。160時間以上の人も46人(14人)でした。残業が月80時間以上の人が前年度より29人増えています。29歳以下の若者の自殺者が21人もいたのは悲惨です。

 厚労省は、残業が月45時間を超えるにしたがって「過労死」との関連性が強まり、80時間を超えると強いと判断する認定基準を出しています。これがまともに守られていないのが現状です。

 「過労死」するような長時間労働と「サービス残業」が横行する根本に、労働基準法の欠陥があります。まず残業の上限規制がなく、労使協定(条文が36条なので「三六協定」という)を結べば企業のいいなりの長時間残業を命じることができます。さらに企業に労働時間の把握・管理を義務づける明文規定がありません。このため残業の目標を労働者に「自主申告」させ、それを超えた残業は「サービス残業」にするやり方がまん延してきました。

 これにたいして、人間らしい働き方を実現しようとたたかい、成果を勝ち取っていることも重要です。旧労働省が1998年に、それまで青天井だった「三六協定」による延長時間の基準について「週15時間、月45時間、年360時間」とする告示を出しました。これを守らせ、法定化させる運動が重要です。「サービス残業」根絶でも労基法の欠陥だった、企業の労働時間管理責任を明確にした通達を2001年に出させました。これをさらに実効あるものにしていくたたかいが重要です。

国連も懸念を表明

 国連の社会権規約委員会が5月に、日本で「過労死」やハラスメントによる自殺が起こっていることに懸念を表明し、長時間労働を防止する措置を講じるよう勧告を出しました。政府に求められているのは、長時間労働をさらに助長する労働時間の規制緩和をただちに中止し、安心して働ける労働時間ルールをつくることです。

(2013年08月11日 しんぶん赤旗)

 何が終わってるかって、こういう事をきちんと主張している政党が、共産党以外に存在していないという事が終わっている。

 政権与党の痴民党は、長時間労働の規制どころか、その真逆の位置にいるキング・オブ・ブラック忌業、ワタミのミキティ様を三顧の礼で迎え入れ、忌死んの怪やこっちみんなの党は、壺三&ワタミペア以上の新自由主義マンセー。

 ミンスも前科さんや野豚のような新自由主義マンセーの滓に乗っ取られ、捨民党は青息吐息。

 その他の政党も、多少は主張しているのだろうけれど、勢力が小さ過ぎる。

 カスゴミも、慰安婦問題やら何やらは大々的に取り上げても、この手の問題を大々的にクローズアップする事はまず無い。

 この現状は、余りにも悲惨過ぎるね。

 このままでは、本当に革命が起こるような事すらあり得るように思える。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
今野 晴貴
文藝春秋
売り上げランキング: 1,303

ブラック企業、世にはばかる (光文社新書)
蟹沢 孝夫
光文社
売り上げランキング: 136,495


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3237-af8e0eaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。