FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 大作をぶっ飛ばせ

大作をぶっ飛ばせ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 「愛国心」といったものを、一体どのようにして評価すればよいのかなどと、連日、基地外サヨクと馬鹿マスコミが騒ぎ立てておりましたが、やはりというか、当然というか、これが「愛国心」という言葉を異常に嫌う、馬鹿サヨクと基地外マスコミによる反日プロパガンダであった事が発覚しました。

教育基本法改正案:愛国心教育、小泉首相「評価必要ない」

 教育基本法改正案は24日の衆院教育基本法特別委員会で実質審議が始まり、「愛国心」をめぐる表現や、教育現場への影響を中心に議論が行われた。政府案に盛り込まれた「我が国と郷土を愛する態度」を養う教育が、内心の自由への侵害に当たるとの懸念を野党各党が示したのに対し、政府は「子どもの内心に立ち入って(愛国心があるかどうか)評価するものではない」(小坂憲次文部科学相)などと慎重な答弁に終始した。

 02年度から小中学校で導入された現行学習指導要領に基づき、福岡市内の小学校のほぼ半数に当たる69校で、6年生の社会科の通知表に「愛国心」を3段階で評価する項目が設けられた。市民団体が反発し、03年度はいずれも削除された経緯がある。

 志位和夫氏(共産)がこの通知表のコピーを示し、評価の是非をただすと、小泉純一郎首相は「評価するのは難しい。あえてこういう項目を持たなくてもいいのではないか」と答弁。保坂展人氏(社民)の質問にも、小泉首相は通知表の例を挙げ、「小学生に対して愛国心があるかどうか、そんな評価は必要ない」と述べ、評価は不要との認識を示した。

 また、藤村修氏(民主)が「我が国を愛する態度」の具体的な指導方法を尋ねると、小坂文科相は、日本の歴史の中で貢献してきた偉人について学ぶことなどを挙げ、「基本的に現行の学習指導要領から大幅に変更するものではない」と述べた。

 河村建夫氏(自民)の質問にも小坂氏は「(伝統や文化などへの)関心、意欲、態度を総合的に評価するもので、子どもたちの内心に立ち入って評価するものではない」と答弁。内心への介入や強制ではないとの見解を繰り返し強調した。【長尾真輔】

(2006年05月24日 毎日新聞)


 そもそも「心」と名のつくものを評価することなどは不可能なことであり、教育基本法に記述があるからと言って、わざわざ通知表において評価する必要など最初からなく、自民党民主党も、そのような項目を通知表に設けようとは一言も言ってはいませんでした。

 にも関わらず、基地外馬鹿マスコミは、連日アタマの弱そうなサヨクをテレビに映し出しては、「愛国心」を通知表で評価するのは難しいなどと浮き上がってもいない問題を提起し、何とか教育基本法の改正を阻止しようと躍起になっていましたが、所詮アタマの可哀想なサヨクの考えた事らしく、昨日の国会において、あっさりと否定された模様です。

 相も変わらず詭弁と強弁だけは得意な馬鹿サヨクですが、詭弁と強弁だけなら歴代総理の中でも一二を争う小泉首相には敵わないらしく、ものの見事に撃沈している様子です。

 ただやはり、小坂文化相の「日本歴史の中で貢献してきた偉人について学ぶこと」、「基本的に現行の学習指導要領から大幅に変更するものではない」などの発言からも、今回の自民党案による教育基本法改正案は、日本教育が抱える根本的な問題を解決に至らせる程のものでは無いと思われるものであり、今国会で強引に成立させるよりは、大作の僕どもを切った上で、幾らかはマシな法案を提起している民主党と話し合いを進めて、より良い法案を作ってから国会審議に入った方が良かったと思われるものです。

 現行のものよりは遥かにマシであるとは言え、やはり大作の僕どもの意向が含まれる限りは、真に日本の未来を築きうる教育基本法を制定させる事は難しいと思われるものであり、この教育基本法憲法改正防衛問題などに関しては、民主党との一時的な大連立も視野に入れて進めていくべきと言えるでしょう。

 また、他の法案にしても、やはり大作の僕どもが絡んでくる限りは、真に日本国益に結びつくものが出来るとは思えないものであり、現政権では無理にしても、次期政権には是が非でも大作真理教の狗どもを与党から放逐して頂きたいものであります。

 結局のところ、現在の日本において最も邪魔な存在は大作真理教政治部門である公明党であり、これを駆逐せぬ限り、日本政治が根本から良くなる事は無いものであると思われます。

 公明党ある限り日本に真の平和は無く、公明党ある限り日本に真の発展は無いと言っても過言では無いでしょう。

 自民党にしても民主党にしても、真に日本のことを愛するのであれば、目先の争いに囚われる事無く、大作真理教の狗・公明党を駆逐する為、まずは互いに力を合わせて頂きたいものであると思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

創価学会
創価学会
posted with amazlet on 06.05.25
島田 裕巳
新潮社 (2004/06)
売り上げランキング: 22,382
おすすめ度の平均: 3.8
5 都市貧民の不安を考えるヒント
4 避けては生活できないよね
3 比較的公正さを持つが突っ込みにかける



PR情報
【基本プレイず~っと無料】ゲームで見つかる運命がある飛天online
ITエンジニア 長期・高額案件なら『Axis Web Japan』

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さんこんにちは。
そもそも日本が、非アーリア人種系の国の中に於ける唯一の先進国として、他国に比較しても豊かな生活が享受できるのは、過去ご先祖様たちの努力の蓄積があってこそです。我が国の先達が、支那・鮮人のように愚かであったならば、日本と云う国はこうまで発展を遂げることはなかった。そりゃ汚点も失態もありましたが、それを含めて今日の日本がある。
反日マスコミ、媚特亜政党、そして煎餅学会は自分達も豊かな生活の恩恵に与りながら、先祖の功績を認めることを否定せよと喚く。あたかも現在の日本は、自分らが築いたとでも言いたげです。マスコミを含む左巻き共は、そうした欺瞞が国民の反感を招き、今や身の置き所が無い状態に追い込まれつつあります。しかし、煎餅学会は与党にへばりついて、今後とも血を吸い続ける腹積りのようです。日本国内に別個の王国を樹立せんとしている。寄生虫はいい加減で駆除しないと容態は悪化するばかり。首魁の活き仏である“巨悪強姦畜生仏”には、これまでの罪業を鑑み、卑劣な鮮人に相応しい鉄槌を下す必要があるでしょうね。
2006/05/25(木) | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
カルト宗教の尖兵が、国会という国家の中心機関に入り込み、あろう事か与党の一翼を担っているなど、狂気の沙汰としか思えないことです。

本当に公明党は、是が非にでも政界から駆逐しなければならない存在であると思えるものですね。
2006/05/25(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/324-e37662d3