FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → それで良いのか民主党

それで良いのか民主党
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 このところ著しい成長を見せていた民主党ですが、現状ではこの程度が限界であるのか、対決姿勢という一つの戦術を捨てきる事ができずにいるのか、合意できるものにまで反対の意を示し、いたずらに審議を長引かせようとしている模様です。

国民投票法案、与党と民主がそれぞれ衆院提出

 自民、公明両党は26日午後、憲法改正手続きを定める国民投票法案を衆院に提出した。

 これを受け、民主党も独自の法案を提出した。

 現在の憲法が1946年に公布されてから、国民投票法案が国会に提出されるのは初めてで、改正規定を持ちながら、その手続きを具体的に定める法がないという不備を解消するための第一歩となる。

 国民投票法案は、国会での憲法改正の発議から、その賛否を問う国民投票までの手続きを定めるものだ。

 憲法改正案は、衆参両院で3分の2以上の賛成を得れば発議される。国会提出の要件については、与党案、民主党案ともに、「衆院100人以上、参院50人以上の賛成」としている。

 国民投票の期日についても、ともに「発議の日から60~180日の間で国会が定める」とした。投票で賛成票が過半数に達すれば、憲法が改正される。

 与党案は、投票権を持つ年齢を20歳以上とし、賛成が有効投票総数の2分の1を超えれば、改正が承認されるとしている。メディア規制は設けなかったが、テレビ、ラジオでのCM放送は投票日前の7日間、禁止される。

 一方、民主党案は、〈1〉国民投票の対象を憲法改正以外の「国政における重要な問題」にも広げる〈2〉投票権を持つ年齢は18歳以上とし、国会の議決で16歳以上も投票できる――などの点で与党案と異なっている。

 両法案は、来月1日にも衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われる見通しだ。与党は審議と並行して民主党との接点を探る方針だが、隔たりは大きく、今国会での成立は困難だとの見方が広がっている。

(2006年05月26日 読売新聞)


 自党の存在感を示すために、一つの戦術として対決姿勢を示すということは理解出来るものものであり、それが今のところは上手く機能しているという事は確かでしょう。

 しかし内容の8割程度までが合意に達している法案に対して、無碍に反対姿勢を示す事は、党人である前に一国家政治家としてあまりにもどうかと思えるものです。

 ここまで法案の内容に一致点が見られるのであれば、何も無理に対案を提出する必要など何処にもなく、自民党との話し合いにより、自党の主張するところに近づけさせ、共同で提出するという道を選んだほうが良いのではないかと思えるものです。

 無論、その上でそうしても折り合いがつかないというのであれば、今回のような選択もありだとは思えますが、これまでの流れやハトポッポの発言などから考えると、民主党はまず対決姿勢ありきでやってきたとしか思えない節があります。

 政治家の職務が、国民生命財産を守る為に議論をし、速やかに法案を定めていくこととするならば、今回の民主党の行動は、それに反するものであると思えるものです。

 これでは民主党は、表向きは改憲を唱えてはいるものの、本当は横路などの旧社会党議員の意向により、憲法改正への道筋を閉ざそうとしていると思われても仕方の無いものと言えるでしょう。

 政党としての存在感を示す事は確かに重要な事ではありますが、それ以前に是は是、非は非として協力すべきは協力し、反対すべきは反対するという、政治家以前に人間として基本的な姿勢を示すことが出来ないのであれば、如何に所々に真っ当と思える発言や行動を示したとしても、結局は党利党略の為に取った行動と受け止められ、万年野党の座から抜け出すのは当分は無理であると思えます。

 国民は最早、何でもかんでも反対しているだけの旧社会党のような税金泥棒政党など望んではいないという事を、民主党はいい加減に気付かねばならないと思えるものです。

御誓文

一 、広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ

一 、上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ

一 、官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス

一 、旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ

一 、智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ


 民主党に本当に政権交代を起こし、日本政治に変革を齎す気概があるのであれば、まずは上記の御誓文を目から血が出るまでよく読み、その意味を考えてみては如何と思えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

民主党は今こそ存在感を示す時
杉原 誠四郎
文化書房博文社 (2005/11)

アメリカの永久革命―共和党と民主党が生むダイナミズム
松尾 弌之
勉誠出版 (2004/10)
売り上げランキング: 186,056
おすすめ度の平均: 5
5 短時間でアメリカの政治システムがわかる
5 コンパクトにアメリカの政治がわかる


PR情報
【基本プレイず~っと無料】ゲームで見つかる運命がある飛天online
★☆★「赤い彗星」のシャアも入ってる!?ガンダムオフィシャルカード!!★☆★

  
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/327-2d0b3bbc