或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 地獄に堕ちた野郎ども2

地獄に堕ちた野郎ども2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

韓国が日本人観光客を見限り始めた…街にあふれる「歓迎光臨」の声

 日本と韓国の関係が、かつてないほど冷え込んでいる。日本人の対韓感情は、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の竹島上陸問題などを契機に悪化。現在の朴槿恵(パク・クネ)大統領による度重なる反日発言を受けて、修復不能なほど悪くなっている。日本の韓流ブームが失速した背景には、単純にブームがピークを過ぎただけではなく、歴史認識をめぐる両国の葛藤にどことなく居心地の悪さを感じ、自ら韓国離れした人も多いのではないだろうか。

  円安が影響しているとはいえ、韓流グッズや韓国食品、韓国化粧品の売り上げは、11年以降、軒並み減少している。韓国を訪れる日本人も大幅に減り、韓国旅行協議会が韓国政府に対し、日本人観光客を誘致するための活動費を要請したという報道もあった。では、日本人観光客が消えてしまった韓国では、今どんな変化が起きているのだろうか。

■日本人の穴を埋める中国人

  近年、韓国を訪れる日本人観光客はほとんどが女性だ。彼女たちが旅行中、一度は立ち寄るとされるのが、ソウル中心部にある繁華街・明洞(ミョンドン)。女性向けのファッションブティックやコスメショップ、飲食店などが立ち並び、つい財布の紐をゆるめてしまう人気のスポットだ。数年前までは、そこが韓国であることを忘れてしまうほど、日本人観光客であふれていた。

  だが、このところ日本人観光客の数はめっきり減少。代わりに幅を利かせているのが中国人観光客だ。韓国観光公社が11月4日に発表した資料によると、2013年1月から9月までの日本人の韓国入国者数は、前年同期より26%少ない203万9508人だった。一方、同期間における中国人の韓国入国者数は308万5232人で、前年より100万人もアップした。

■「ようこそ」から「歓迎光臨」へ

  変化は明洞の入口から感じられる。地下鉄2号線の線乙支路入口(ウルチロイック)駅から明洞に向かうと、にぎやかなストリートの入口に巨大なアーチがある。これまでは日本人観光客を歓迎する日本語が大きく書かれていたが、今では中国人観光客を歓迎する中国語に書き換えられている。

  コスメショップなどの呼び込みは「いらっしゃいませ」から「歓迎光臨」にチェンジ。店内は日本語ができる店員より、中国語ができる店員の方が多い。明洞という街全体が、消費者のターゲットを日本人観光客から中国人観光客に完全シフトした感じだ。

■流れ込むチャイナマネー

  明洞がターゲットを日本人から中国人に切り替えたのには理由がある。単純に観光者数が増えたこともあるが、観光客1人あたりの消費額が日本人よりもはるかに多いからだ。かつて日本人観光客ばかりだったロッテデパートの免税店に行けば、中国人観光客の豪快な買い物っぷりを目撃することができる。彼らは数人のグループでブランドショップを回り、高価な商品を大量に購入する。さっきまでルイヴィトンで買いあさっていたグループを、今度はエルメスで目撃するなんてこともある。日本人のマイペースなショッピングとは比べ物にならない。

  購買意欲全開の中国人観光客がブランドショップを陣取るころ、日本人観光客は韓国海苔や伝統茶が並ぶコーナーで商品を吟味していたりする。日本人観光客の減少によってできた穴を中国人観光客が埋めているのだが、そもそもの個人の消費額が違うので、韓国が“小銭大勢”から“大金大勢”に切り替えるのも当然といえる。

■中国の「旅行法」に韓国観光業界は大打撃

  明洞界隈にあふれる中国人観光客だが、すでに新たな変化が起きている。中国政府が10月から施行した「旅行法」により、韓国を訪れる中国人観光客が大幅に減少しているのだ。

  「旅行法」は低価海外ツアーの禁止やツアー客へのショッピング強要や買い物リベートの受け取り、旅行日程変更などを禁じている。これまでツアーを格安で販売していた旅行会社は、買い物リベートなどで利益を上げられないため旅行代金を値上げ。リーズナブルに海外旅行が楽しめることがウリの韓国旅行の魅力は薄れてしまい、結果、旅行者数の減少へとつながっている。

  韓国旅行業界は、頼みの綱だった中国観光客まで減少すれば、影響は計り知れないと懸念を示している。一部報道によれば、中国からのツアー客はすでに40-60%減少したという。韓国が新たな魅力を打ち出さない限り、日本人と中国人の観光客減少というダブルパンチは続きそうだ。

(2013年11月13日 サーチナ)

 毎度の事ながら、トンスル棒子どもが観光客減少で困窮しようとも知った事では無い訳だが、この問題も、このまま行くと日本が将来抱える事になりそうな問題なので言及しておく。

 トンスル棒子が、何故に観光客の増減に一喜一憂し、よく来る外国人の言葉を率先して多少でも使えるようになるまで必死なのかと言うと、南トンスルランドの一般塵は、兎に角カネを持っていない。

 「内需」というものが全くと言っていい程に無い訳だ。

 事実、南トンスルランドのGDPの殆どは「輸出」と「観光」によって成り立っている。

 つまり、小売やサービス業にとってのメインの客層というのが、自国の国民では無く海外からやって来る観光客な訳だ。

 兎に角、外国、外国人に対して「売る」事が出来ないと、棒子どもは生活がままならない状況なのだね。

 対して、我が日本国はと言うと、本来は、GDPに対する「内需」がとても大きく、絶対的な基板がある上で、「輸出」や「観光」をプラスアルファとして運営して来た。

 これを、「内需」が大きい所為で日本国内の物価や人件費が高くなってしまい、その所為で、この南トンスルランドを始めとする外需依存症国家の企業との価格競争に勝てないからという巫山戯た理由でデフレを促進し、日本国の内需という基板を破壊しようとする勢力がいる。

 そう、御存じ頸断斂と征倭会。

 連中は、自分達だけが富を独占するシステムを構築したいが為に、自分達だけが更に富を得るシステムを構築したいが為に、日本の内需という内需を壊滅させ、南トンスルランドのような国家に変えたいのだ。

 事実、頸断斂やその御用学者、そして征倭会の刑罪政策のブレーンであり、彼のピッキャン二世様も大絶賛のケケΦヘイゾー教授(笑)は、南トンスルランドをカイカクの成功モデルだと誉め称えている。

 そして、アホの征倭会は、この南トンスルランドモデルを実現する為、観光庁なる税金の無駄以外の何物でも無い塵を創設し、YOKOSO!などという訳の分からん和製英語だか何だかすら分からん言葉で外国人を大量に呼び寄せようと奮闘しとる訳だ。

 勿論、無知蒙昧のネトウヨどものちっぽけな自尊心をくすぐる為、歴史ある建築物や遺跡、自然などを持ち出し、持ち上げて宣伝している。

 アホのネトウヨは、それを見て、「我が国はトンスルランドと違ってこんなに価値のある観光地が沢山ある。ホルホルホルホル」と陶酔する。

 大量に観光客が流入すれば、その中に少なからず筋の悪い連中が紛れ込み、そういう我が国の至宝を汚して壊す可能性が肥大化する事から目をそらして。

 実に立派なアイコクシャ様だね。

 まあ、兎に角、南トンスルランドというのは実に、実に悪い意味で進んだ国で、このまま行くと日本が抱えてしまう病理、問題というのを完璧なまでに発現させている。

 日本人は、こうなりなくないと少しでも思うなら、カイカクを謳う塵屑どもを一刻も早く駆除すべきだ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

新自由主義の嘘 (双書 哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 465,812

まともな日本再生会議:グローバリズムの虚妄を撃つ
中野剛志 柴山桂太 施光恒
アスペクト
売り上げランキング: 285


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3324-78b8a286

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。