或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 狂人惨歌

狂人惨歌
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

竹中平蔵さんが語るアベノリンピックで
日本経済&日本株が復活する理由とは?!

質問2 成長戦略はうまくいっていないのでは?

A.アベノミクスは唯一無二の政策で、第3の矢の成長戦略はまさにこれから。


 理論的にアベノミクスは、100%正しい唯一無二の政策です。ただし、それを着実に実行できるかどうかは、現時点でまだ定かではありません。

 安倍首相は英国のサッチャー元首相が掲げていたスローガン「TINA」を引用し、「アベノミクス以外、他に方法はない」と力説してきましたが、それは正しいです。「TINA」とは「There is No Alternative(他に選択肢はない)」という意味で、サッチャー元首相はこの言葉の下で構造改革を推進しました。

 それに倣って安倍首相もアベノミクスの手を緩めなければ、構造改革に伴って日本経済も活性化し、長期政権が誕生することになるでしょう。たまたま景気がいい時期に発足して長期政権化するパターンもありますが、安倍政権の場合はその逆です。それを果たすうえでも不可欠となってくるのは、第3の矢である「成長戦略」でしょう。

 私は小泉政権下で4年半にわたって経済政策に携わってきましたが、成長戦略は一切打ち出しませんでした。成長戦略が議論されるようになったのは、私が政界を退いた後のことです。そして成長戦略が作られてから、日本の成長率は低下しました。成長戦略は“打ち出の小槌”ではないのです。結局、規制緩和と減税によって、民間の力を強くしていくしか術はありません。

 たとえば、国から補助金をもらっている日本の大学が、グローバルに強くなるはずはありません。だから、私は東大を民営化し、教育の強化を図るべきだと考えています。世界のトップ10に挙げられる大学に、国立など存在しません。民営化したうえで、補助金ではなく、競争を促すような方向で研究資金を助成すべきでしょう。

 もっとも、規制緩和や減税に関しては利害関係者の抵抗も根強く、ここまでのところ、まったくビクともしていないのが実情です。いわば「岩盤規制」と化し、これをどうやって打ち砕いていくのかが安倍政権の課題です。その意味で、まだ第3の矢は実際に放つ前の準備段階にあると言えます。

 いずれにせよ、安倍政権の成長戦略が結実するには時間を要するので、性急に成否を議論すべきではありません。一般の国民も、しっかりと現実を認識する必要がありそうです。先般、読売新聞が行なったアンケートでは、「アベノミクスを評価しない」と答えながらも、「安倍政権のどこを支持するか?」との問いに「経済政策」を挙げた人がいました。

(2013年12月30日 ザイ・オンライン)

 ネトウヨのヒーロー、安倍壺三さんは、経済政策のブレーンとしてこのケケΦヘイゾーを重用している訳で、要するに、今後の展開としてこういう事を考えている訳ね。

 気狂いの向う側に行こうとしているな。

 何が「成長戦略は“打ち出の小槌”ではないのです」だよ、と。

 民営化と規制緩和こそ”打出の小槌”じゃねーよ。

 何でもかんでも民営化して、規制緩和さえすれば上手くいくのならば、お前が経済政策の顧問を務めたバ姦酷は今頃世界の盟主になってるよ。

 それどころか、アジア通貨危機の時よりも危うい状況に陥りつつあるだろうが、お前がカイカクのモデルケースともて囃したバ姦酷わ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

増補 民営化という虚妄 (ちくま文庫)
東谷 暁
筑摩書房
売り上げランキング: 378,115

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社
売り上げランキング: 467,090


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3367-c47f8589

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。