FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 英霊を政争に巻き込む輩は人間の屑

英霊を政争に巻き込む輩は人間の屑
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 阿呆だからなのか、馬鹿だからなのか、或いは間抜けだからなのかは知りませんが、靖国神社神道には一般的に言う分祀の概念は無いと散々言っているにも関わらず、これを理解できない御仁が一向に居なくならないのは一体何故なのでしょうか。

A級戦犯分祀、神社の判断に期待表明…与謝野経財相

 与謝野経済財政相は2日の閣議後の記者会見で、靖国神社のA級戦犯の分祀論について、「皇族や政治家、遺族、一般国民が何のためらいもなくお参りに行けるようにするためには、神社の自主的な判断にゆだねるほかない」と述べ、神社が自らの判断で分祀することに期待を示した。

(2006年06月02日 読売新聞)


 自主的な判断も何も、靖国神社に限らず神には一般的な分祀の概念は無く、そのような事はしようと思っても出来ないというのが靖国神社の一貫した見解です。

所謂A級戦犯分祀案に対する靖國神社見解

 中曽根案によると、所謂A級戦犯で刑死された方々(政府は法務死、靖國神社では昭和殉難者と称しています)の神霊をご本殿から別のお社にお祀りするとの案ですが、この分祀案に賛成か反対かということ以前のこととして、神道の信仰上このような分祀がありうるのかということが一番大切なことです。

 結論から申し上げますと、このような分祀はありえません。

 本来教義・経典を持たない神道では、信仰上の神霊観念として諸説ありますが、昔より、御分霊をいただいて別の神社にお祀りすることはあります。しかし、たとえ分霊されても、元の神霊も分霊した神霊も夫々全神格を有しています。

 靖國神社は、二百四十六万六千余柱の神霊をお祀り申し上げておりますが、その中から一つの神霊を分霊したとしても元の神霊は存在しています。このような神霊観念は、日本人の伝統信仰に基づくものであって、仏式においても本家・分家の仏壇に祀る位牌と遺骨の納められている墓での供養があることでもご理解願えると存じます。神道における合祀祭はもっとも重儀な神事であり、一旦お祀り申し上げた個々の神霊の全神格をお遷しすることはありえません。

 なお、中曽根氏の発言によれば、過去靖國神社の神官の頭が固いために、分祀案が成就しなかったと述べられているようですが、時の今昔にかかわらず、靖國神社の信仰は今後も変ることはありません。所謂A級戦犯の方々の神霊の合祀は、昭和二十八年五月の第十六回国会決議により、すべての戦犯の方々が赦免されたことに基づきなされたものです。過去の歴史認識に対しては、夫々のお気持ちがあると思いますが、靖國神社は国家のために尊い生命を捧げられた神霊をひたすらお慰めし、顕彰する神社であります。

 また、もし仮にすべてのご遺族が分祀に賛成されるようなことがあるとしても、それによって靖國神社が分祀することはありえません。

以上

平成十六年三月三日

靖國神社社務所


 これに対して、この与謝野ワカラズヤ大臣のように、出来ないなら出来るようにしろとでも言いたげな発言を以って不当な圧力を掛ける事は、信教の自由の侵害に当たるものであり、立派な憲法違反であると言えるものです。

日本国第20条

1.信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。

 いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

2.何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

3.国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。


 直接的に権力を行使することをしなくとも、このように発言によって間接的にでも圧力を掛ける事は、十分に信教の自由の妨げになるという事は明白と言えます。

 行政に携わる人間が、そのような基本的のことにすら気付かずに、このような馬鹿発言をしているのですから、開いた口が塞がらないというものです。

 確かに、皇族の方や政治家が自由に参拝できないという今の状況は是正せねばなりませんが、その根本的な原因と言えるものは、他国の追悼施設にイチャモンをつけてくる支那朝鮮の異常な精神構造であり、A級戦犯と呼ばれている方々が合祀されている事とは本来は何の関係も無いことです。

 そもそも、サンフランシスコ講和条約に署名もしていない支那朝鮮が、サンフランシスコ講和条約締結の際に日本が受け入れた、東京裁判の判決により定められたA級戦犯に文句を言っている時点でおかしいと思わねばならないところです。

 加えて、そのA級戦犯と呼ばれる方々は、その後すでに名誉が回復されているという事実を踏まえれば、憲法云々以前に、如何に自分がケッタイな事を言っているかは理解できそうなものです。

 阿呆の社民党や、基地外の共産党がこのような馬鹿な事を言っているなら未だしも、一応は保守政党である自民党の中にこのような馬鹿なことを言っている議員が多く見られるのは、実に嘆かわしいと言わざるを得ません。

 もういい加減に、このようなクダラナイ論争をして、靖国神社に眠られる英霊政争に巻き込むのは、本当に止めにして頂きたい。

 日本の為に生命を賭けて戦いに挑み、命を落とされた方々をイデオロギー論争に巻き込むなど、政治家以前に人間として問題があるとしか思えないものであります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

戦争を知らない人のための靖国問題
上坂 冬子
文藝春秋 (2006/03)

ニッポン人なら読んでおきたい靖国神社の本
別冊宝島編集部
宝島社 (2005/08/09)
売り上げランキング: 6,934
おすすめ度の平均: 5
5 中立的で、意外といい本


PR情報
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!
メールを読んでクリックするだけ! GetMoney!


テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
中曽根大勲位の段階で「宗教は政治に譲るべき」と考えてるんですね。

他は推して知るべし、か。
2006/06/03(土) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
中曽根氏を始めとして皆、「憲法、憲法」と大騒ぎするわりには、現行憲法すらまともに理解していない御仁がとても多いようです。

改憲派にしても護憲派にしても、もう少しくらいはものを考えて頂きたいものですね。
2006/06/03(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/342-6ab8eb13
「靖国参拝が中国との経済関係で障害になっていることはない」 経団連会長が断言東京はすっかり夏の陽気です。今日は良いニュースを3つご紹介します。 一つ目は、経団連の会
2006/06/03(土) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
このところ、男より、女のほうがはっきりとものを言う議員が増えてきたようだ。男の中にも、安倍官房長官や、麻生外務大臣に原田義郎氏など、昔で言えば,即,更迭されていたような骨の在る議員も居るのだが・・・・http://www.s-abe.or.jp/http://www.aso-taro.jp/http://w
どうもこんばんわ!。五月の更新回数はたったの二回!。私の仕事が最近忙しくてこうなってしまいました!。やっぱ生きてくためです。仕方ないですよね?。閉鎖かと思った人もいたでしょうがご迷惑をかけました。今月中は必ず「憲法」シリーズを完結させることを宣