FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 親中派とは人類の敵である

親中派とは人類の敵である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 狂気の大量虐殺、天安門事件より4日で17年、人類が生み出した最低最悪の仇花・中国共産党は、再び支那内に潜む民主化勢力が諸悪の根源たる自身らに向かってこぬよう躍起になっているようです。

天安門事件から17年、厳戒態勢の北京・中南海

 【北京=杉山祐之】中国共産党政権が民主化運動を武力鎮圧した1989年の天安門事件から、4日で17年がたった。

 北京では、この日、党・政府所在地である中南海の周囲などで厳しい警戒態勢が取られた。

 事件の舞台となった天安門広場は、いつものように観光客らでにぎわった。日ごろより多めの公安車両が配置され、制服、私服警官が、事件犠牲者の追悼など反政府的な活動が行われないよう目を光らせた。AP通信によると、少なくとも2人が広場で拘束された。

 一方、赤い壁に囲まれた中南海の入り口がある道路は、一時、「歩行者のほとんどが私服警官」(市民)という状況になった。出稼ぎ農民(民工)らしい男性が道に入ると、私服の屈強な男に呼び止められた。

 政権がいま最も警戒するのは、インテリの民主化運動ではない。役人の腐敗、経済格差、土地強制収用などで社会に充満する弱者たちの怒りが、何かの拍子に暴発することだ。中南海の厳戒は、民衆を恐れる政権の心理を映し出している。

(2006年06月04日 読売新聞)


 我が国には今尚、この天安門事件文化大革命などを知ってか知らずか、毛沢東なる20世紀最悪の虐殺者を妄信する基地外が多数存在し、狂気の虐殺弾圧集団・中国共産党の支配する支那との友好を叫んでいます。

 彼らの言い分として多く見られるのが、世界中で戦争を仕掛けている米国と比すれば、支那の悪事などかわいいものであり、反中を唱えている人間は、政府日本米国に売り渡そうとしている人間のプロパガンダに乗せられているだけであるというものです。

 確かに現在の米国中東において無益と思える戦争を繰り返しており、また日本政治家にも、ただ米国の言うがままに従っている気骨の欠片もない人間が多いことも事実です。

 しかし、如何に米国が悪辣であるとしても、だからと言ってチベット東トルキスタンを不当に侵略し、今尚そこに住まう民衆を圧政によって苦しめている中国共産党が許されるのかと言えば、それは否であるというものです。

 また、米国の行動が如何に不当で理不尽であるとしても、中国共産党の如くに、制圧した地域において非人道的な弾圧を行ったり、国内の反政府団体に対して徹底的な弾圧を加えたりしたりはしていません。

 無論、だからと言って米国が素晴らしいなどと言うつもりは毛頭ありませんが、邪悪で非人道的で俗悪な狂気の圧政弾圧虐殺集団・中国共産党比すれば、遥かにマシである事だけは疑い様のないものです。

 勿論理想を言えば、米国に対しても支那に対しても、正道に基づいて意見する日本になる事が望ましいことは言うまでもありませんが、何故か親中派の多くが存続を訴えている憲法9条などという亡国の条文がある限り、日本が一国で自国を防衛するのは限りなく不可能に近いものであり、何処かの国と同盟を結ばねばならないと思われるものです。

 そして現在における二大大国と言われる米国支那を見比べた時、制圧地域で非人道的な弾圧と虐殺を繰り返し、更には自国民に対してさえ、凡そ人間に対して為す事とは思えない事を平然と為している支那よりも、一応は人権自由などといった概念を共有している米国をパートナーとして選ぶのは、至極当然の事であると言えるでしょう。

                  ◆

 親中派と名乗る人間の多くは、ハト派だの人権派だのと名乗っていますが、この天安門事件文化大革命というものを知りつつ中国共産党を擁護する人間が平和人権などという崇高な理念を理解出来ているとは、とてもではないが思えないものです。

 本当に平和人権というものを愛しているのであれば、まず一番に糾弾しなければならない存在が、この中国共産党という史上最低最悪の非人道団体だと言えるでしょう。

 そしてまた、日中友好というものにしても、その一番の障害はこの中国共産党という下劣な集団であり、真に日中友好を望むのであれば、まず日本と全く別の思想・信条を掲げる中国共産党の打倒を叫ぶべきであると言えます。

 親米であれ反米であれ、人権平和という理念を真に理解しているまともな人間であるならば、まず反中であるべきと言えるでしょう。

 中国共産党、そしてそれを支持する人間は全て、口で如何なる奇麗事を吐こうとも人間の屑であり、人類の敵であると言えるものです。

 この認識が日本国に少しでも広く知れ渡るよう、微力ではありますが尽力していこうと思うものであります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

 Tiananmen Massacre Memorial Museum - June 4th 1989というサイトで、天安門事件の遺族や関係者たちへのインタビューによる肉声をポッドキャストで配信しているようです。

 中国共産党が如何に非人道的で残虐な連中であるか興味があられる方は、是非御一聴ください。

真実の中国4000年史―侵略と殺戮
杉山 徹宗
祥伝社 (2004/08)
売り上げランキング: 50,960
おすすめ度の平均: 4.33
5 一つの中国の側面として。
5 中国史の入門書として最適!
3 中国の歴史を駆け足で読む

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男
講談社インターナショナル (2006/02)


PR情報
アドバプラスツールバーでお小遣いをゲット!!
【モビット】10秒で審査結果表示!限度額300万円、年利15.0~18.0%!

  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
「あなたがたは匪賊上がりの殺人集団と仲良くしたいのですか」
2006/06/05(月) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
本当に親中派と言っている人たちに聞いてみたいものです。
2006/06/05(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/345-0a9ada68