FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 村上世彰スケープゴート説を唱えてみる

村上世彰スケープゴート説を唱えてみる
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 CIAより日本経済を破壊するべく派遣されている竹中平蔵工作員の仲間、村上世彰氏が5日夕、証券取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されました。

村上世彰代表を逮捕 インサイダー取引の疑い

 ライブドアによるニッポン放送株の大量取得を知りながら、公表前に同株を買い増したとして、東京地検特捜部は5日夕、証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で、「村上ファンド」代表の村上世彰容疑者(46)を逮捕し、証券取引等監視委員会と合同で東京・六本木ヒルズの村上ファンド事務所など約10カ所を家宅捜索した。特捜部は、村上容疑者が同株を高値で売り抜けるため、主導的に一連のスキーム(枠組み)を計画したと断定した。違法取引で得た利益は数10億円に上る。
 敵対的TOB(株式公開買い付け)や株主総会の委任状争奪戦(プロキシーファイト)を仕掛け、「モノ言う株主」として株式市場で注目を集めた村上容疑者。特捜部は、その錬金術の解明を進める。

 調べによると、村上容疑者は村上ファンドの投資顧問会社「MACアセットマネジメント」(東京都港区)の実質経営者として、遅くとも平成16年11月8日に、ライブドア前社長の堀江貴文被告(33)=証取法違反罪で起訴=らから、5%以上のニッポン放送株を大量取得することを伝えられ、翌9日から公表前の17年1月26日までに計193万株を99億5000万円で買い増した疑い。

 ライブドアが翌2月8日に時間外取引で同株を大量取得した際に1部を売却。その後、ライブドアとフジテレビによる同株の争奪戦で株価がつり上がったのを見計らって残りの株の大半を売却し、違法取引で取得した株の売り抜けで数10億円の利益を得た。

 村上容疑者は、フジテレビが17年1月に実施したTOBの動きを察知。フジテレビとライブドアが同株争奪戦を行えば株価がつり上がり、高値で売り抜けられると考え、時間外取引をライブドア側に指南するなど一連のスキームを考案した。

 村上容疑者は逮捕前の5日午前に記者会見し、特捜部の任意の事情聴取で容疑を認めていることを明らかにした上で、「もうけようとしたわけではないが、(ライブドアの動きを)聞いちゃった」と弁解した。


 ■伊藤鉄男・東京地検次席検事の話 「一般投資家の犠牲によって利得を図った卑劣な犯行。十分な捜査を行う」

(2006年06月05日 産経新聞)


 このまま芋蔓式に竹中平蔵工作員世耕弘成工作員と逮捕・立件されていけば、非常に目出度いことであると思えるものですが、テレビで流れていた記者会見を見ていて、私は一抹の不安を覚えました。

 あまりにも悲壮感のない態度、そしてあまりにも簡単に罪を認めた態度、これを潔いと感じる人もおられるやも知れませんが、私としては、何か今まで以上に胡散臭く、不穏な空気を感じるものでした。

 村上氏竹中工作員とつるんでいるのはすでに周知の事実であり、普通に考えれば竹中工作員は逮捕、悪くとも失脚するものと考えられるところですが、何かこのまま上手くいかないような不穏な空気を、記者会見中の村上氏の態度や顔色から感じずにはいられないものです。

 一番に考えられるところとしては、村上氏竹中一派スケープゴートを何らかの条件と引き換えに引き受け、極力罪の軽いものをわざと表面に浮き出させて逮捕され、竹中一派が犯していた更にタチの悪い何かを、世間から完全に隠蔽しようとしているというもの。

 現在、罪状として出されている証券取引法違反では、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金程度の罰則、罪を素直に認めたという点も考慮に入れれば、或いは遥かに軽い刑になるであろうと考えられるものです。

 しかし、この村上氏、そして竹中工作員が犯した罪がこれだけではないであろうということは、明確な証拠はないものの、恐らく殆どの人が薄々感じているところではないかと思います。

 しかし明確な証拠が無い以上、これ以外の罪で村上氏を立件することは、法治国家である日本国においては不可能なことであり、このまま行けば恐らくは非常に軽い懲役、もしくは罰金のみでこの一件は終幕となるでしょう。

 そして諸悪の根源たる竹中工作員は、何らの罰を加えられることも無く、のうのうと政界でのさばっていくという可能性は、残念ながら非常に高いと言わざるを得ないものです。

 こうなれば政界の腐敗は更に酷いものとなり、米国による日本への工作は加速度的に進んでいってしまうと言えるものです。

 そして更に悪い想像としては、この村上ファンド事件で世間を騒がしている間に、竹中一派が何かまたとんでもない法案をこっそりと国会に提出して成立させてしまおうとしているというものです。

 私の考えすぎなのかも知れませんが、個人情報保護法にしてもPSE法にしてもそうですが、自民党という政党は何か国民に都合の悪い法案を通そうとするとき、何かこのような事件の影に隠れて通そうとする癖があるように思えるものです。

 この事件が自民党竹中一派の思惑により起こされたものか否かは私には分からないところですが、大山鳴動して鼠一匹なら未だしも、大山鳴動して国家鳴動するなどということにはならぬよう、しっかりと政局を監視していかねばならないように感じるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる
関岡 英之
文藝春秋 (2004/04/21)
売り上げランキング: 22
おすすめ度の平均: 4.36
4 大いなる警鐘!要熟読玩味熟考慎重行動。
4 日本人はよく考えた方がよいかも
5 日本、これからどうなるの?

ボロボロになった覇権国家(アメリカ)
北野 幸伯
風雲舎 (2005/01)
売り上げランキング: 3,688
おすすめ度の平均: 4.43
5 国際情勢に疎い私でもよく分かった本
5 国民が待ち望んでいた本
5 とても面白い


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
進化したローンカード!ついに楽天が金利「7.0%」を実現!!

    
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/347-a395c123
「村上ファンド」によるニッポン放送株の不正売買疑惑で、東京地検特捜部は5日、同ファンドを率いる村上世彰氏らファンド幹部4人に出頭を要請した。 証券取引法違反(インサイ