或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → カイカクの果て

カイカクの果て
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

竹中平蔵氏が旗振り 人材会社を潤わす「300億円」助成金

労働移動という名目でリストラ促進

 これも人材派遣最大手のパソナによる政官接待の成果なのか──今年3月から大幅拡充された「労働移動支援助成金」が注目を集めている。この制度で多大な恩恵を受けるのがパソナだからだ。

 労働移動支援助成金は、従業員の再就職を支援する企業に国がカネを出す制度。それまでは転職成功時に限って上限40万円の補助金が出たが、これを改め、転職者1人につき60万円まで支払われることになった。しかも、仮に転職が成功しなくても、従業員の転職先探しを再就職支援会社に頼むだけで10万円が支払われる。この制度拡充を主張したのが、パソナ会長であり、産業競争力会議のメンバーを務める竹中平蔵慶応大教授だった。

「労働力の移動と言いますが、要はリストラ促進助成金です。従業員をクビにすると助成金を受け取れる。昨年3月に開かれた第4回産業競争力会議で、竹中氏は『今は、雇用調整助成金と労働移動への助成金の予算額が1000対5くらいだが、これを一気に逆転するようなイメージでやっていただけると信じている』と発言しています。その言葉通り、労働移動支援助成金は、本当に2億円から一気に300億円に増えた。この巨額の税金が、人材サービス業のパソナなどに流れ込むわけです。これが自社への利益誘導でなくて何なのでしょう」(元法大教授・五十嵐仁氏=政治学)

 労働移動支援助成金に150倍の予算がついた一方で、収益悪化などで従業員を一時的に休業させる際に、事業主が支払う賃金や手当の一部を国が助成する「雇用調整助成金」は、1175億円から545億円に減らされてしまった。従業員を無理して雇い続けるより、さっさとリストラした方がお得だと、国が勧めているようなものだ。

「企業によっては、社員の『追い出し部屋』をまるごと人材ビジネス会社に外注しているところもあります。そこでの業務は、自分の再就職先を探すこと。そんなリストラ策にも助成金が落ちる。新興企業が事業を拡大する時には、政治とのいかがわしい関係が表面化することが多いのですが、安倍政権で急速に進められている雇用の規制緩和は、ことごとくパソナの利益になるものばかり。あまりにロコツで、状況証拠でいえば、いつ汚職事件に発展してもおかしくありません」(五十嵐仁氏=前出)

 これだけのスキャンダルなのに、大マスコミはなぜ口をつぐんでいるのか。それも奇妙だ。

(2014年06月04日 日刊ゲンダイ)

 何故もクソも、その大カスゴミ各社も派遣害社を経営していて、その恩恵に与れるから。

 手前らに都合の良い事は絶対に批判なんかしない。

 所謂、既得権益の破壊というヤツに乗っかって酔い痴れる人の大半は、現体制において不利益を被っている人達なんだろうけれど、一つ覚えておくべきなのは、既得権益の破壊を訴えるカスの多くは、そういう人達の為に訴えているのでは無く、ただ、その権益を自分達の方に委譲させたいから、だけなのだという事。

 連中のカイカクによって行われるのは、現社会の問題の解決などでは無く、ただの親の権利の移行にしか過ぎない。

 ついでに、その委譲された権益をガチガチに守る為、余計な搾取まで行われる分だけ、現状のままよりもずっとずっと性質が悪い事の方が圧倒的に多い。

 別に、今のままの体制が理想的だとか、そこまでいかなくともマシなんだとか訴えるつもりは毛頭無いけれど、その改善をあいつらに委任するのは危険極まり無い、狂気の沙汰だという事は理解すべきだろう。

 そもそも、そういう他人任せの、誰かに何かを良くして貰おうという乞食的な精神こそが、社会を悪くしていっている一番の問題とも言える。

 そして、そうやって他人任せにして、それで何かが良くなると盲信するカルト宗教的な信仰こそが、自分達が虐げられ続ける一番の要因だと言える。

 カイカク、公務員叩き、既得権益への狂信に基づく攻撃は、人間を堕落させる麻薬に過ぎない。

 一つ一つの問題に、自分自身の力で、自分と同じ境遇の人間と手を携えて、一つずつきちんと問題の本質を理解して立ち向かってこそ現状の打破に、社会の良化に繋がるのだ。

 誰かに頼って、誰か盲信して、カイカクだの何だので一気に解決させようなどという甘えた精神を捨てない限り、日本の衰退は止まらない。

 何時の時代、何処の場所にだって、そういう人間の甘えを利用しようとするケケΦやアベチョンのような詐欺師はいるのだから。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


ワーキング・プア―アメリカの下層社会

岩波書店
売り上げランキング: 169,045


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3489-94a0f52f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。