FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 対中ODAは人類への背徳行為である

対中ODAは人類への背徳行為である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 今尚、過去に侵略したチベット東トルキスタンなどの地域において、非道な弾圧を繰り返し、日本に対しても悪意を持っている事が、如何に隠し立てしようとも明白な支那に対して援助をすることなど、愚の骨頂以外の何者でもありません。

 しかし我が国の政府には、そのような当然と思えることさえ理解できない馬鹿が、未だ多数見られるようです。

中国への円借款740億円決定、中川農相は異議

 政府は6日午前、政府開発援助(ODA)の重要案件を協議する海外経済協力会議(議長・小泉首相)を開き、2005年度中の閣議決定を見送って“凍結”していた中国向け円借款の実施を決めた。

 新規供与額は、前年度比約120億円減の740億円程度。中川農相は「なぜ中国に援助を再開するのか分からない」と異論を唱えた。政府は与党の了解を得た上で、9日にも閣議決定する。

 会議では、08年の北京五輪までに対中円借款の新規供与を終了することも再確認した。05年度分の供与額は、「いきなり大幅に減らすと、中国側の反発も大きい。08年度にゼロにするため、徐々に減らすのがいい」(外務省幹部)との判断で決定した。04年度分は859億円だった。

 小泉首相は6日昼、対中円借款の決定について「総合的に判断した。いつも対中関係は重視している」と首相官邸で記者団に語った。

 中川農相は同日の記者会見で、「中国に対し、また援助するのか。正直言って分からない」と不満を表明した。

 支援事業は、植林、下水道施設の整備、大気汚染防止など環境、エネルギー分野に重点を置く。

 円借款は通常、年度末までに決定しており、対中円借款の決定が翌年度にずれ込んだのは、1979年度分以来。

(2006年06月06日 読売新聞)


 仮に支那侵略他民族への弾圧などを行っていない国家であるとしても、ODAというものが未だ貧しい発展途上国に対して行うものである以上、自前の核を持ち、有人宇宙船を飛ばし、近隣の発展途上国に対して支援という名の買収戦略まで行っている支那ODA援助を行うことは十分におかしい事と言えるものです。

 況や支那は冒頭に記した通り、チベット東トルキスタンにおいて、ナチスドイツも吐き気を催す程の残虐極まりない弾圧虐殺を繰り返し、我が国に対しても核ミサイルの照準を合わせている、米国に名指しこそ為されていないものの「悪の枢軸」の中心的存在に他なりません。

 このような超絶的非人道国家風テロ団体に740億円もの支援を行うなど、日本国民、そして国際社会に対する背徳行為であると言っても過言ではないでしょう。

 人類が生み出した最悪最低の仇花・中国共産党が支配を確立している限り、日中友好などは頭にお花が咲いているど阿呆の描く絵空事であり、また仮に可能であるとしても、邪悪の権化である中国共産党と友好を結ぶことなど、大局的に見て我が国に益する事では決してありません。

 真に日中友好を望むのであれば、まずは中国共産党という、我が国を脅かし、支那国内の人民を圧政によって苦しめ、近隣諸国に害悪を垂れ流している腐れ非人道団体を徹底的に叩くことが最も優先されるべきであると言えるものです。

 何故に小泉首相を始め、政府外務省はこのような道理的に考えても、人道的に考えても当然と思えることが理解できないのでしょうか。

 日本が支援すべきなのは邪悪の権化である中国共産党などではなく、支那国内に潜む反政府団体であり、不当な弾圧に苦しんでいる法倫功を始めとする団体であり、ダライ・ラマであるという事は、人権自由平等というものを理解している人間ならば、考えるまでもなく理解できる筈のことです。

 人類の敵である中国共産党の滅亡無くして、日中友好平和の到来も何もあり得ないと言えるものです。

 日本は中国共産党が滅びるその日まで、支那との関係は一切絶つべきであると言えるでしょう。

 まして支援などするような愚行は、即刻止めるべきである事など、言うまでのことでもありません。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

脱亜論(全文)

 世界交通の道、便にして、西洋文明の風、東に漸し、至る處、草も気も此風に靡かざるはなし。

 蓋し西洋の人物、古今に大に異なるに非ずと雖ども、其擧動の古に遅鈍にして今に活發なるは、唯交通の利器を利用して勢に乗ずるが故のみ。

 故に方今当用に國するものゝ為に謀るに、此文明の東漸の勢に激して之を防ぎ了る可きの覺悟あれば則ち可なりと雖ども、苟も世界中の現状を視察して事實に不可ならんを知らん者は、世と推し移りて共に文明の海に浮沈し、共に文明の波を掲げて共に文明の苦樂を與にするの外ある可らざるなり。

 文明は猶麻疹の流行の如し。目下東京の麻疹は西國長崎の地方より東漸して、春暖と共に次第に蔓延する者の如し。此時に當り此流行病の害を惡て此れを防がんとするも、果して其手段ある可きや。

 我輩斷じて其術なきを證す。

 有害一遍の流行病にても尚且其勢には激す可らず。況や利害相伴ふて常に利益多き文明に於てをや。當に之を防がざるのみならず、力めて其蔓延を助け、國民をして早く其氣風に浴せしむるは智者の事なる可し。西洋近時の文明が我日本に入りたるは嘉永の開國を發端として、國民漸く其採る可きを知り、漸次に活發の氣風を催ふしたれども、進歩の道に横はるに古風老大の政府なるものありて、之を如何ともす可らず。

 政府を保存せん歟、文明は決して入る可らず。如何となれば近時の文明は日本の舊套と兩立す可らずして、舊套を脱すれば同時に政府も亦廢滅す可ければなり。

 然ば則ち文明を防て其侵入を止めん歟、日本國は獨立す可らず。

 如何となれば世界文明の喧嘩繁劇は東洋孤島の獨睡を許さゞればなり。是に於てか我日本の士人は國を重しとし政府を輕しとするの大義に基き、又幸に帝室の神聖尊嚴に依頼して、斷じて舊政府を倒して新政府を立て、國中朝野の別なく一切萬事西洋近時の文明を採り、獨り日本の舊套を脱したるのみならず、亞細亞全洲の中に在て新に一機軸を出し、主義とする所は唯脱亞の二字にあるのみなり。

 我日本の國土は亞細亞の東邊に在りと雖ども、其國民の精神は既に亞細亞の固陋を脱して西洋の文明に移りたり。

 然るに爰に不幸なるは近隣に國あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云ふ。

 此二國の人民も古來亞細亞流の政教風俗に養はるゝこと、我日本國に異ならずと雖ども、其人種の由來を殊にするか、但しは同様の政教風俗中に居ながらも遺傳教育の旨に同じからざる所のものある歟、日支韓三國三國相對し、支と韓と相似るの状は支韓の日に於けるよりも近くして、此二國の者共は一身に就き又一國に關してして改進の道を知らず。

 交通至便の世の中に文明の事物を聞見せざるに非ざれども耳目の聞見は以て心を動かすに足らずして、其古風舊慣に變々するの情は百千年の古に異ならず、此文明日新の活劇場に教育の事を論ずれば儒教主義と云ひ、學校の教旨は仁義禮智と稱し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として、其實際に於ては眞理原則の知見なきのみか、道徳さえ地を拂ふて殘刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者の如し。

 我輩を以て此二國を視れば今の文明東漸の風潮に際し、迚も其獨立を維持するの道ある可らず。

 幸にして其の國中に志士の出現して、先づ國事開進の手始めとして、大に其政府を改革すること我維新の如き大擧を企て、先づ政治を改めて共に人心を一新するが如き活動あらば格別なれども、若しも然らざるに於ては、今より數年を出でずして亡國と爲り、其國土は世界文明諸國の分割に歸す可きこと一點の疑あることなし。

 如何となれば麻疹に等しき文明開化の流行に遭ひながら、支韓兩國は其傳染の天然に背き、無理に之を避けんとして一室内に閉居し、空氣の流通を絶て窒塞するものなればなり。

 輔車唇歯とは隣國相助くるの喩なれども、今の支那朝鮮は我日本のために一毫の援助と爲らざるのみならず、西洋文明人の眼を以てすれば、三國の地利相接するが爲に、時に或は之を同一視し、支韓を評するの價を以て我日本に命ずるの意味なきに非ず。

 例へば支那朝鮮の政府が古風の専制にして法律の恃む可きものあらざれば、西洋の人は日本も亦無法律の國かと疑ひ、支那朝鮮の士人が惑溺深くして科學の何ものたるを知らざれば、西洋の學者は日本も亦陰陽五行の國かと思ひ、支那人が卑屈にして恥を知らざれば、日本人の義侠も之がために掩はれ、朝鮮國に人を刑するの惨酷なるあれば、日本人も亦共に無情なるかと推量せらるゝが如き、是等の事例を計れば、枚擧に遑あらず。

 之を喩へば比隣軒を竝べたる一村一町内の者共が、愚にして無法にして然も殘忍無情なるときは、稀に其町村内の一家人が正當の人事に注意するも、他の醜に掩はれて湮没するものに異ならず。

 其影響の事實に現はれて、間接に我外交上の故障を成すことは實に少々ならず、我日本國の一大不幸と云ふ可し。左れば、今日の謀を爲すに、我國は隣國の開明を待て共に亞細亞を興すの猶豫ある可らず、寧ろその伍を脱して西洋の文明國と進退を共にし、其支那朝鮮に接するの法も隣國なるが故にとて特別の會釋に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に從て處分す可きのみ。

 惡友を親しむ者は共に惡友を免かる可らず。我は心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり。

(1885年03月16日 時事新報)


中国共産党に消された人々
相馬 勝
小学館 (2002/03)
売り上げランキング: 157,442
おすすめ度の平均: 4.5
5 全体主義国家としての中国
4 チャイナ・ウォッチャー暦20有余年の記者が書く中国民主化運動リポート。

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男
講談社インターナショナル (2006/02)


PR情報
【モビット】10秒で審査結果表示!限度額300万円、年利15.0~18.0%!
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです

    
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/349-c7a29dd9
 思わず「おいおい」と思うような記事である。3月末の閣議決定で見送っていた平成17年度分対支那円借款について近く決定するとの方針だそうだ。 産経記事  額については毎日新聞が700億円規模と伝えている。 毎日記事  日本の常任理事国入りを阻止するため、日
2006/06/07(水) | Independence JAPAN
和歌山「正論」懇話会 中西氏が講演 靖国参拝続けるべきだ 和歌山「正論」懇話会の第46回講演会が5日、和歌山市内のホテルで開かれ、中西輝政・京都大学大学院教授が「ポス
2006/06/08(木) | The planet earth
あの戦争を隣人を殴ったのか、隣家に自分の思いを押し売りにいったのか、それとも新しい社会を作るために救いにいったのか議論しようとは私はあまり思っていない。だって何かされた方の隣人からすれば、した方の人間が何を考えていたかなんて関係ないもの。
2006/06/12(月) | 人身売買日記
どんどん話しましょー
2006/06/13(火) | 人身売買日記
最近、急に訪れて下さる方が増えてよろこんでます。ただ、最近ばたばたしていて中々まとまった文章があげれずにいます。もうしわけないです><。せめて、コメントなと残していただけると次のハナシのたたき台にしますのでお時間のあるかたお願いいたします。
2006/06/14(水) | 人身売買日記