或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → アメポチ吠ゆる

アメポチ吠ゆる
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

12、13年選挙 集団的自衛権 自民、公約記述わずか

 安倍晋三首相は武力で他国を守る集団的自衛権の行使容認について、選挙を通じ国民に約束したと主張している。しかし、自民党総裁として臨んだ二〇一二年十二月の衆院選や昨年七月の参院選の自民党公約で関係する記述はごくわずか。行使に反対の立場だった公明党は一切触れていない。 (生島章弘)

 自民党の衆院選公約は冒頭「まず、復興」と強調。続いて経済、教育、外交などの政策を並べた。集団的自衛権は外交のページ端に小さく「行使を可能とし、『国家安全保障基本法』を制定する」と書かれただけ。憲法解釈変更で実現するのか、改憲手続きを経るのか、正確には分からない。

 参院選公約は、集団的自衛権の文言が消えた。「日本の平和と地域の安定を守る法整備を進める」という文章はあるものの、行使容認を訴えているとは受け取れない表現だ。

 首相は記者会見で「集団的自衛権は衆院選と参院選で争点になっていない」との質問に対し「選挙の街頭演説で国民の生命や財産、領土・領海を断固として守り抜いていこうと言った。(解釈改憲は)国民との約束だ」と反論した。

 だが、インターネットなどで読め、有権者が投票先を決める手掛かりにする公約と、その場にいなければ聞けない街頭演説を同列に扱うのは無理がある。しかも、党総裁として遊説したのは衆参それぞれで三十都道府県前後にとどまる。参院選では賛否が分かれるテーマだとして主張も控え気味だった。

 集団的自衛権を取り上げなかった公明党の公約は、外交による近隣国との関係改善や連携強化が中心の内容。参院選の際には「憲法の『平和主義』や非核三原則を堅持し、日本独自の平和外交を進める」ことを重点政策に掲げた。

 五日の公明党全国県代表協議会では、地方議員から「参院選公約や当時の主張と違うのではないか」という意見が出た。与党協議で座長代理を務めた北側一雄副代表は「反対したのは他国防衛を目的とする集団的自衛権。今回はあくまで自国防衛のための『自衛の措置』の限界を定めた」と釈明した。

(2014年07月06日 東京新聞)

 先ず以て、下痢壺痴民党が選挙で全面に押し出していたのは、経済政策をきちんとやる、消費増税は景気が回復するまで見送る、場合によっては中止する、そしてTPPには参加しない、という事。

 集団的自衛権云々なんてのは、殆ど主張すらしていない。

 全面に押し出していた事を反故にして、殆ど主張してすらいなかった事を「国民との約束」だと主張して躍起になって実現させる。

 完全に気狂いの領域だわな。

 別に、集団的自衛権自体は自然権として日本も持っているものだし、その行使も場合によっては有りではある訳だが、現状で、敢えて日本がそれを主張して行使出来るとアッピールする事になんて、何の利益にもならない。

 精々、ダメリカ様の駒として侵略戦争に駆り出されるだけ。

 自然権として持っているのだから、本当に必要な時、場合には粛々と行使すればいいだけなのに、態態それを大声で叫き散らすとか、百害あって一利も無い。

 アホな駄犬が飼い主様のご機嫌取りをしているだけ。

 自分は助けないのに友好国、同盟国が本当に助けてくれるのか云々と言っている手合いもいるが、そもそも、日本国憲法を作って日本の軍事力を抑制したのはその同盟国様な訳で、こっちが助けようと助けまいと、あいつらには日本のピンチの時には動く義務がある。

 そのシステムに問題があると本気で考えるなら、主張すべきは集団的自衛権云々ではなく、日本のダメリカ様支配からの自立だろう、と。

 こんなもんでアベチョンマンセーしているアホは、一度脳外科に行った方が良い。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと
高橋史朗
致知出版社
売り上げランキング: 2,306

大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)
清水 馨八郎
祥伝社 (2011-07-22)
売り上げランキング: 9,814


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3511-2ca7fe4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。