或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → ブラック死長

ブラック死長
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

大阪市役所は劣悪な「新3K職場」だった!? 休日ナシ、規則だらけ、恐怖政治…etc.

 90年代、バブル崩壊とともに誕生した「3K」という言葉。元来、土木建築などに従事する肉体労働者に該当していた3Kは昨今、職業の多様化によって「K」の中身が変化し、ホワイトカラーにも浸食してきている。現代の労働者を蝕む「K」とはいったい何か? 7/8発売の週刊SPA!に掲載されている『[新3K職業]ヤバすぎる裏側』では、過酷すぎてヤバいと噂の職業の舞台裏を徹底取材。「新3K職場」の実態をリポートしている。

 ここでは、ことあるたびに何かと話題になる「大阪市職員」の「新3K化」について紹介しよう。

◆大阪市職員の新3K⇒「休暇がない」「規則が厳しい」「恐怖政治」

「休日には“オバケ”が役所にぎょうさん出よりますわ」

 橋下徹大阪市長が就任して以来、一変した役所内の様子を市職員の吉田高志(仮名・44歳)さんはこう話す。彼ら市職員の間で言われる“オバケ”とは、休日出勤する職員のこと。成果主義を公務員に求める橋下市長のもと、市職員は「土日祝日はもちろん、代休や有給休暇を返上しての出勤も余儀なくされている」という。

「市サービス向上に関する報告書をどれだけ提出できるか、日、週、月の単位で数値目標があるんです。平日の昼間は窓口対応もあり、到底追いつかない。報告書を書くため、残業も休日出勤も当たり前になってしまいました」

 自発的な休日出勤に加え、市職員は、ボランティアも強要される。

「市民マラソンの旗振りや、区民祭りのサクラをやらされます。区役所に勤務していた頃は、同区のゆるキャラの着ぐるみを着て、丸1日踊ったことも。もちろん何の手当ても出ません」

 これだけ仕事量が増えたにもかかわらず、残業代は逆に大幅カット。課長補佐の役職に就く吉田さんの月給は33万円+残業代5万円に減額されたという。

 さらに、市職員を過酷な労働に追いこんでいるのが、市長を崇拝する“プチ橋下”と呼ばれている上司たちだ。

「やたら規則を盾に、部下に対して威張り散らすので、そう呼んでいます。法や規則で白黒付けたがる市長の真似事なのでしょうが、正直うっとうしい。この前なんて腹痛でトイレに30分長居しただけで『無断で職場を離れた』との理由で、懲戒手続き請求にかけられた職員もいました。それに、嫌煙家の市長の影響で、タバコを市役所に持ち込んだ職員を懲戒処分にしようとする上司もいます。まるで大麻や覚せい剤と同じ扱い……さすがに行きすぎですよ」

 橋下市長誕生後、疲弊する吉田さん。彼が心の底から橋下市長の国政転出を願っているのは、言うまでもない。

 本特集ではほかにも、「すき家店長」「ケースワーカー」「アプリ開発者」「原発作業員」「LCCのCA」「生保レディ」「地下アイドル」などさまざまな職業の「新3K化」について克明にリポートしている。従来の3K(「キツイ」「汚い」「危険」)を超えた新たなるKの存在とはいったい何か? また、「新3K化した職場で生き抜く方法」についても考察し、明日は我が身なこの社会問題を徹底的に特集しているので、ぜひご熟読されたし!

(2014年07月09日 夕刊アメーバニュース)

 ピッキャン二世様のいうところの「民間感覚」って、要するにブラック忌業の事なのよね。

 決して、真面目に働く市民の感覚ではなく、その人達から搾取する気狂い犯罪者どもの感覚。

 というか、こいつにとって市民とは、ブラック経営者ども、罪怪塵だけなのかも知れんな。

 アベチョンと一緒。

 その他の日本国民など、耐久消費財程度にしか考えていないのだろう。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
今野 晴貴
文藝春秋
売り上げランキング: 4,766

就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語
恵比須 半蔵
彩図社
売り上げランキング: 114,914


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>こいつにとって市民とは、ブラック経営者ども、罪怪塵だけなのかも知れんな。
そうですね。腐敗しまくった「民主主義」の「民」も同じ意味でしょう。

官=悪、民=善 という一元的単純思考から抜け出さないと、永久に同じような連中に騙されることになります。
まあ「官」も霞ヶ関を筆頭に、十分に香ばしいですけどね。
2014/07/29(火) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/3513-8b8c6d4e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。