FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 竹島を取り戻せ

竹島を取り戻せ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 日韓のEEZの問題の根本的な原因が竹島である以上、ここから逃げていては、問題の解決は先送りされるだけであると言えるものであり、韓国竹島の領有権を叫ぶのならば、政府は日和ったことを言っていないで、徹底抗戦の構えを見せるべきと言えるものです。

日韓EEZ交渉進展なし、日本は竹島問題との分離主張

 日本、韓国の両政府は12日、排他的経済水域(EEZ)の境界画定交渉を外務省で行った。

 日本側はEEZ画定作業を竹島の領有権問題と切り離すよう求めたが、韓国側は竹島をEEZ画定の基点とする考えに言及するなど、主張の隔たりは埋まらなかった。

 交渉は13日も続けられる。

 EEZ交渉は1996~2000年に計4回開かれ、今回は6年ぶりに再開された。日本側は小松一郎外務省国際法局長のほか、水産庁や海上保安庁の関係者が、韓国側は朴喜権(パク・ヒグォン)外交通商省条約局長のほか、海洋水産省関係者が出席した。

 約6時間にわたった12日の交渉では、日本側は、1996年に当時の橋本首相と金泳三大統領が「竹島領有権問題と切り離してEEZ交渉を促進する」と合意したことを指摘し、「意味のある進展が図られるよう、最大限の努力を惜しまない。韓国側も同様の姿勢で臨むことを期待したい」と2つの問題を分離するよう求めた。

 また、7月に韓国が計画している竹島周辺の日本のEEZ内での海洋調査への懸念を表明し、EEZの境界が画定していない海域での海洋調査に関し、互いの国に事前に通報する制度の創設を提案した。

 これに対し、韓国側は、首脳合意の存在自体は否定はしなかった。ただ、鬱陵(うつりょう)島を基点に同島と隠岐諸島の間に境界を引く立場を改め、竹島に基点を移すことについて、「直接的な表現ではないが、間接的に言及した」(日本側出席者)という。事前通報制度については、明確に回答しなかった。

(2006年06月12日 読売新聞)


 韓国側の狙いが、竹島の領有を既成事実化することにある事が明白である以上、日本はEEZ画定作業を竹島の領有権問題と切り離すべきなどと甘いことを言っていないで、あえて韓国の挑発に乗って、日本竹島の領有権を声高に叫び、この問題を紛争として国際社会に知らしめていくべきであると思えるものです。

 韓国の主張を認めるなどと言うことは論外以外の何物でもありませんが、何時までもこの問題を放置し続ける事もまた、韓国竹島の不法占拠を黙認している行為として受け取られかねないものです。

 韓国が不法占拠を居直ってEEZの基点を竹島に置こうとしてきた事は腹立たしくはありますが、竹島日本の手に取り戻す為には、あえてこの挑発に乗り、徹底抗戦の意を韓国、そして国際社会に示していく必要があると言えるでしょう。

 日韓友好だなどと日本人風朝鮮人や、朝鮮利権で儲けている人間の屑が声高に叫んではいますが、本来ならば領土紛争を抱える二国間で友好も糞もあったものでありません。

 友好関係を結ぶにしても、結ばないにしても、まずはこの竹島問題に然るべき決着をつける事が先決であり、それもせずして幾ら奇麗事を並べ立てたところで、阿呆の戯言に過ぎないと言えるものです。

 政府外務省は、韓国竹島の領有権を叫ぶならば、日本も竹島の領有権を叫び、韓国が7月に竹島周辺の海洋調査をするというのならば、武力による中止勧告をも視野に入れて、この問題で日本が譲歩するつもりは一切無いという姿勢を見せ付けるべきであると言えるでしょう。

 戦争を仕掛けろなどと言うつもりはありませんが、戦争を恐れていては領土問題など永久に解決を見ないものであり、このまま行けば竹島日本の手に戻ってくる可能性はどんどん低くなってくると言わざるを得ないものです。

 竹島が邪悪な侵略者である李承晩に奪われた経緯は、日本戦後防衛能力を失っていた事などから、仕方の無いと言える側面もありますが、ここまで問題が悪化した事は、明らかに政府外務省の、この問題を放置し続けた怠慢な態度にあると言い切れるものです。

 この責任を取るつもりが僅かでもあるのならば、政府韓国に対する経済制裁日韓断交をも視野に入れて、ただ只管に強気一辺倒で日本の主張を韓国に叩きつけ、日本の主張を韓国に呑ませる事が出来なければ腹を切るくらいの覚悟を持って望んで頂きたいと思う次第であります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

竹島は日韓どちらのものか
下條 正男
文藝春秋 (2004/04/21)
売り上げランキング: 44,004
おすすめ度の平均: 3.67
3 古文書にみる竹島問題
4 竹島問題入門書
5 結局韓国国民の対日感情の問題です



PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
メールを読んでクリックするだけ! GetMoney!

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
日本政府のかくも中途半端な一連の行動の裏には何か理由があるのでしょうか?
私には、どうも、中韓に媚びる連中の抵抗によるものだけではないような気がしますが…。
2006/06/14(水) | URL | イェジン ユシ #2AJ..f72[ 編集]
媚びる連中、過去に日本が半島に本当に悪いことをしたと妄信している連中、利権による見返りがある連中、媚びるというより、本当に日本を売り渡そうとしている帰化人、自己の保身と出世の為に、事を荒立てるのが嫌な連中。

これで大体、日本政府を構成する人間の9割程度は占められていると見て間違いはありません。

裏があると言うよりは、これが表であり、裏で日本を守ろうとしている人間の活躍により、この程度で済んでいると表現した方が正しいのかも知れません。
2006/06/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/361-39d79754
 戦争やれと言っているわけではないけど、戦争になるなら仕方がないんじゃないの?まぁ要はそういう覚悟を持って交渉するのが正しい外交なわけで、これでは物乞いですよ。
2006/06/13(火) | 溶解する日本
日華(台)親善友好慰霊訪問団藤田 達男 先週4日、対馬に行ってきました。以下は筆者が見たままのレポートです。●福岡 ⇔ 対馬間は空路30分の近さ!交通機関の発達で便利
2006/06/13(火) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 人は、自分が経験していないことや、見たことがないこと(今までの自分の常識に当てはまらないこと)を初めて見聞すると、”本当かな?”と疑ってかかりますよね。 今の世の中は
2006/06/13(火) | 子供達の未来
<a href="http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060612i117.htm" target="_blank">日韓EEZ交渉進展なし、日本は竹島問題との分離主張</a> 日本、韓国の両政府は12日、排...
2006/06/13(火) | 三輪のレッドアラート
「日韓EEZ協議、溝埋まらず」産経新聞 http://www.sankei.co.jp/news/060613/sei107.htm ひとことで言えば、「竹島問題」であるが、 竹島が日本の領土であることには何の疑いもない。 それにもかかわらず、いつまでこんな小田原評定を続けるのか? そもそも韓国側の主張
2006/06/14(水) | 加賀もんのブログ