FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ防衛 → ミサイル防衛は備えあれば憂いなしとなり得るか

ミサイル防衛は備えあれば憂いなしとなり得るか
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 北朝鮮長距離弾道ミサイルテポドン2号に燃料を注入し終え、今にも発射が危ぶまれている問題において、政府外務省もこれまでと比すれば幾らかはまともな対応を見せていますが、直接的な防衛、つまり軍事の面でも、進展を見せている模様です。

日米、ミサイル防衛前倒し実施も 北テポドン発射準備で

 北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射準備を受け、日米両政府が、在日米軍再編の一環であるミサイル防衛(MD)の協力について前倒し実施を含めた計画促進を検討していることが19日、分かった。ミサイルを迎撃する米軍の地対空ミサイル、パトリオット(PAC3)を年内に日本へ配備し、情報共有など役割分担も優先的に具体化させる方針だ。

 日米両政府は15日、米軍再編をめぐる外務・防衛当局の協議をハワイで開催。5月に合意した米軍再編の最終報告書に明記した計画の優先順位や、計画を具体化させるチームの設置を検討した。

 このころ、北朝鮮は実験場の発射台にミサイルを設置するなど、発射準備をほぼ完了していた。このため、交渉筋によると、協議では急遽(きゅうきょ)、テポドン2号の発射準備に関する日米の意見交換に時間が割かれ、日米の出席者は「北朝鮮の弾道ミサイルの脅威は切迫した課題」との認識を改めて確認。その上で、「再編計画に含まれるMDの協力項目は、前倒しを視野に促進していくべきだ」との方針でも一致した。

 具体的には、米軍のPAC3の日本国内での展開について、最終報告では「可能な限り早い時期に運用可能となる」と時期を特定していなかったが、年内に在日米軍基地に配備する方向となった。航空自衛隊も来年3月までにPAC3の配備開始を予定しており、米軍の配備はこれより前倒しの実施となる。

 また、米軍が近く、弾道ミサイルを探知するXバンドレーダーを青森県に配備するのに合わせ、7月にも情報共有の協定を締結する。日米の「共同作戦計画」なども刷新する方針だが、MDに関する共同対処の計画策定を先行させることも検討対象になる。



 【ミサイル防衛(MD)】 弾道ミサイルを迎撃するシステム。イージス艦搭載のスタンダードミサイル(SM3)が大気圏外で弾道ミサイルを撃ち落とし、失敗した場合、大気圏内に落下してきた段階で地対空ミサイルのパトリオット(PAC3)で迎撃する2段構え。自衛隊は平成18年度末から順次、SM3とPAC3の配備を始める予定で、米国が開発したものを導入する。また、日米両国は今年度から、新型のSM3の共同開発に入る。

(2006年06月20日 産経新聞)


 正直なところ、ミサイル防衛にどれ程の効果があるのかは、不透明と言わざるを得ないものではありますが、今までのように何もせずに手を拱いているよりかはマシと言えるものであり、少なくとも、北朝鮮に対して日米は恫喝には応じないという毅然とした態度を示す効果くらいはあると言えるものです。

 また、現状においては、このミサイル防衛以外に弾道ミサイルを防ぐ有効な方策も無い以上、これを推し進める以外の道も無いというのも、偽らざる現実であると言えるでしょう。

 本来ならば、このような消極的なものを推し進めるよりも、北朝鮮ミサイル基地に対して、危機の回避の為に先制攻撃を仕掛ける方が何倍もマシな防衛策であることは言うまでもないことですが、憲法9条の縛りがあり、日本がその選択肢を選ぶことが出来ない以上、やはり、このミサイル防衛に頼らざるを得ないとも言えるものです。

 社民党朝日新聞に代表される阿呆な似非平和主義者の口車に乗せられ、憲法9条などといった、何を如何考えても異常としか思えない条文を守ってきた結果は、やはりこのような事態であったと言うところでしょうか。

 或いは、彼奴等はこのような、日本北朝鮮に攻撃されるという、今のような事態を望んでいたのかも知れませんが。

 しかし、今日本軍事面で出来ることは、如何に効果が不透明なものであるとしても、このミサイル防衛を推し進めることくらいしか無い以上、何もせぬよりはこれに力を注いだ方が万倍マシというのは事実と言えます。

 このミサイル防衛によって戦う意思があることを示し、経済的な圧力を更に強めていく事で、北朝鮮から力を殺いでいくというのが、現在の日本の取り得る唯一の戦略であると言えます。

 決してテロには屈しないという姿勢を見せているだけでも、これまでの日本政府と比べれば、遥かに評価できるものであると思えるところです。

 軍事的な方策が、このミサイル防衛だけであるというのは、些か頼りないとは思えますが、是非とも今の姿勢を貫き、北朝鮮の阿呆な思惑を叩き潰して頂きたいものであります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

世界のミサイル防衛
世界のミサイル防衛
posted with amazlet on 06.06.20
坂上 芳洋
アリアドネ企画 (2003/12)
売り上げランキング: 86,687
おすすめ度の平均: 5
5 優れたBMD入門書

マンガ金正日入門-拉致国家北朝鮮の真実
李 友情 李 英和
飛鳥新社 (2003/07/31)
売り上げランキング: 65,782
おすすめ度の平均: 4.19
5 狡猾な独裁者の人物像と、北朝鮮の現状・歴史を丹念に描いたマンガ
5 日本人への警告-金正日侮るなかれ
5 世界でもっとも恐ろしい独裁者の姿が目の当たりに


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/20(火) | | #[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/373-5b594dd1
北朝鮮のテポドン2発射が懸念されているが、実際にミサイルが発射された時に自衛隊は何をするのかを調べてみた。確か、ミサイルが発射されそうな時には何らかの命令が下りて、国会の承認前に自衛隊がミサイルを破壊する事ができたと思ったので、防衛庁のサイトを中心に調べ
2006/06/20(火) | ikeday1な日々
北朝鮮関連の記事→カテゴリ:北朝鮮問題普段「いかなる武力行使も許さない!」と主張し、米軍や自衛隊にことごとく反対している反戦・平和団体が、今回の北朝鮮のミサイル発射準備に対して全く抗議をしていない。本当の反
胡中国国家主席がわが国の次期総理のあり方を言明する、など未だかつてない内政干渉や韓国の竹島不当占拠による日韓EEZ(排他的経済水域)問題、そして北朝鮮のテポドン2発射問題と東アジアにおけるわが国のあり方が問われています
2006/06/21(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
米、弾頭迎撃実験に成功 海自イージス艦が初参加 (共同通信) - goo ニュース共同通信によれば:米国防総省ミサイル防衛局は22日、8月に米海軍横須賀基地(神奈川県)へ配備予定のイージス巡洋艦シャイローが参加し、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の迎撃実験をハワイ
2006/06/26(月) | 王様の耳はロバの耳