FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → カルトに打ち勝つ為に

カルトに打ち勝つ為に
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 ある程度は覚悟していたことではありますが、どうやら我が国に対するカルトの侵略は、私が想像していたよりも、遥かに根深く、そして広いものであると考えて間違いはなさそうです。

統一協会関連のイベントに群がる議員たち

岸信介元総理大臣の孫 内閣官房長官 衆議院議員 安倍晋三

内閣官房副長官
衆議院議員  長勢甚遠(自民、森派)
参議院議員  鈴木政二(自民、森派)

自由民主党政調会長 中川秀直(自民、森派)

衆議院議員
石原宏高(自民)      高市早苗(自民、森派)
松浪健太(自民)
木村義雄(自民、山崎派)  福井照(自民、丹羽・古賀派)  
増原義剛(自民、伊吹派)  高鳥修一(自民、森派)
篠原孝(民主)      下条みつ(民主、羽田グループ) 
丹羽秀樹(自民、高村派)  木村隆秀(自民、津島派)
自由民主党愛知県連合会会長  大村秀章(自民、津島派)
国土交通副大臣 江崎鐵磨(自民、二階グループ)
文部科学副大臣 馳浩(自民、森派)
防衛庁長官政務官 高木毅(自民、森派)
文部科学大臣 小坂憲次(自民、津島派)
船田元(自民、津島派)  牧原秀樹(自民、無派閥)
小宮山泰子(民主)    西川公也(自民、伊吹派)
神風英男(民主)     中野正志(自民、森派)
山際大志郎(自民、山崎派)
前経済産業副大臣 小此木八郎(自民、無派閥)
笠浩史(民主)      平沢勝栄(自民、山崎派)
松本文明(自民、森派)  清水清一朗(自民、無派閥)
高鳥修一(自民、森派)  
元法務大臣 保岡興治(自民、山崎派)
前防衛庁長官 大野功統(自民、山崎派)

参議員議員

岸信夫(自民)      山谷えり子(自民、森派)  
山本一太(自民、森派)  
山内俊夫(自民、山崎派) 田中直紀(自民、丹羽・古賀派)
若林正俊(自民、森派)  中曽根弘文(自民、伊吹派)
財務大臣政務官 野上浩太郎(自民、森派)
国井正幸(自民、山崎派)
元農林水産大臣 田名部匡省(民主)
経済産業大臣政務官 小林温(自民、森派)


埼玉県知事: 上田清司   宮城県知事: 村井嘉浩
厚木市長: 山口巖雄
宮城県議会議員:今野隆吉  石川光次郎(自民)
山形県議会議員:今井榮喜(自民)
元内閣総理大臣 :中曽根康弘(自民) 羽田孜(民主)

元衆議院議員
鈴木康友(民主)   中本太衛(自民)
中山義活(民主)   大谷忠雄(新生党)
前文部科学副大臣   青山丘(国民新党)
岩下栄一(自民)   宮島大典(民主)

元参議院議員
小林正(新生党)

元徳島市長 三木俊治

前衆議院議員東京都議会議員 樺山卓司(自民)

神奈川県日華親善協会会長 酒井麻雄
成蹊大学元学長 朝倉孝吉
青森大学元学長 盛田稔
名古屋大学名誉教授 東邦短期大学元学長 島津康男
信州大学前学長 森本尚武
第一薬科大学副学長 吉武毅人?
九州大学名誉教授 高島良正
韓国総領事 金一萬
徳島県芸術協会?会長 岡多美子

その他衆議員、参議員、県議会議員、町議会議員等々数多く

(佐々木たかしの政治道さんより引用)
(参考動画:http://www.youtube.com/watch.php?v=0f7StnoPKgw)


 6月20日の朝日新聞の記事上では、この統一教会系のカルトの集会に祝電を打ったのは7人とあり、このカルトに取り込まれている政治家はもっと多いであろうものの、まだ救いはあると思えるものではありました。

 しかし、実際は上記の引用にもあるように、7人どころか数えるのが面倒くさい程の多数の政治家が、この腐れ壷売りカルトに祝電を打っていたようであり、流石に眩暈を覚えざるを得ないものであります。

 そして恐らくは、これは所詮、今回祝電を打ったものの名前に過ぎないものであり、実際は更に多数の政治家が、この腐れ人身売買カルトとの関係を持っているものであろうと想像出来るものです。

 何とか救いを見出すとすれば、安倍晋三を除けば、ここに名前の挙がっている政治家の大半は、ここに名前が出るまでも無く、屑認定出来るような輩ばかりであるという事くらいのものです。

 しかし、それを差し引いても、ただでさえ公明党という腐れカルトが政界、それも政府与党に入り込んでいるという現実があるのに加えて、こうも多数の政治家が、それを上回ると思われる基地外カルトに祝電を打つ程の関係にあるという現実は、悲観せざるを得ないものであります。

 確かに統一教会は、過去において有力な反共勢力であり、アタマが完全に愉快な状態に成り果てていたサヨク連中が跋扈していた当時において、保守政治家がそれに立ち向かう為に、この腐れ淫行カルトと裏で手を結ばざるを得なかったというのは事実と言えるものです。

 しかし、そのような言い訳が成り立つのは、精々ソ連の崩壊、宮沢内閣当時くらいまでの話であり、共産主義勢力がほぼ瓦解していると言える現在において、このような言い訳が成り立つ筈が無いと言えるでしょう。

 未だに多くの政治家が、この腐れ人攫いカルトと繋がりを持っている理由は多々考えられますが、一番可能性の高いものとしては、やはり金、選挙資金と、選挙における票田であると考えられます。

 つまりは、この腐れカルトに金で買われた政治家が、この腐れカルトに洗脳された信者の手によって、我々国民の生命・財産を左右する国政の場へと送り出されていると考えられるものなのです。

 このような異常な状態は、一刻も早く何とかせねばならないと言えるものです。

 政治資金という問題は、我々、一般の国民にはそう簡単には如何ともし難く、一朝一夕には解決することは出来ませんが、少なくとも、我々国民がこのような政治家の行動に目を光らせ、選挙には何があろうとも自らの意思を示すべく、一票を投じに行くように心掛ければ、この腐れカルトに買収された政治家国政の場に送り出すという事だけは、最小限に食い止められる筈と言えるものです。

 もはや手遅れかも知れませんが、何もせず指を咥えて、日本カルト侵略されるのを待つよりは、せめて一矢報いる為に動き出した方が、遥かにマシであると言えるものです。

 もし事此処に至っても、何の行動も起こさず、安易にカルトに買収された安倍晋三宰相の座に就けるような愚を犯せば、世界史的にも類を見ない美しい国土と歴史を持つ日本国は、カルトの神が支配する痴情の楽園へと堕ちていくことになるであろうと言えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします


なぜカルト宗教は生まれるのか
浅見 定雄
日本基督教団出版局 (1997/03)
売り上げランキング: 476,533


PR情報
映画『ハイジ』公開記念クイズキャンペーン!映画チケットプレゼント!
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』

  
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/383-a0fb57dd
1992年8月25日、統一教会の合同結婚式が挙行されました。そこに中曽根康弘元内閣総理大臣が祝辞を贈られました。憲法上、全く何の問題もありません(参考サイト:30000家庭合同結婚式)。今年の3月22日、統一教会創始者・文鮮明師が創設した大会(千葉・幕..
2006/06/28(水) | 天地の諸事情
統一教会系の大会に対して祝電を贈られた安倍晋三内閣官房長官や中川秀直自民党政調会長らに対して、紀藤正樹という弁護士は強く非難し、安倍長官については「辞任してその責任を明確」にすべきだと強く迫っています(弁護士紀藤正樹のLINKTOPNEWS-BLOG版「統一教会の今...
2006/06/28(水) | 天地の諸事情