FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 小沢氏訪中、日中複雑化確実

小沢氏訪中、日中複雑化確実
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日夜、民主党小沢代表が邪悪で淫猥で狡猾で卑劣な中国共産党の治める支那に入国されたようです。

小沢氏訪中、唐国務委員と会談…「日中の重要性認識」

 【北京=赤津良太】民主党の小沢代表は3日夜、北京市内の釣魚台国賓館で唐家セン国務委員(前外相)と会談した。

 唐氏は冒頭、「(小沢氏の訪中は)日中関係を重視していることを体現していると理解する」と歓迎の言葉を述べた。小沢氏は「私自身はもちろん、民主党も日中関係の重要性を認識している」と語った。

 会談に同席した菅代表代行は、北朝鮮の核問題を巡る6か国協議に関連し、「北朝鮮に良い意味で影響を及ぼしてほしい」と要請した。唐氏は「北朝鮮の非核化を実現し、6か国協議を推進することには、確固たる不動の信念で取り組みたい」と前向きに対応する考えを示した。

 小沢氏は3日夕には、中国共産党対外連絡部で王家瑞部長と会談した。王氏は冒頭、小沢氏と胡錦濤国家主席の会談が4日午後に行われると伝えた。さらに、「両国関係の難局の打開について意見交換すれば、必ず両国関係の順調な発展に資する」と述べ、民主党との政党間交流を深める考えを示した。

 小沢氏は「中国との長い友好の歴史を踏まえ、今後も手を取り合って、協力関係を発展させなければならない」と応じた。

 小沢氏は4月の代表就任後、初の外国訪問。(唐家センのセンは王ヘンに「旋」)

(2006年07月04日 読売新聞)


 拉致実行犯・辛光洙の助命嘆願書に署名をした管ガンスくんや、アタマの中がお花畑のハトポッポ支那利権を守ることに政治生命を賭けているジャスコ等よりはお利巧な小沢氏ならば、一方的に支那に利するだけの軽々しい発言は流石にしないとは思われますが、状況が状況だけに油断は禁物と言えるものです。

 小泉自民党靖国参拝問題などで支那との不和を作り出している今の状況において、支那との友好関係が成り立っているということを証明すれば、未だ日本国内にいる支那は良い国と勘違いしている人間を民主党側に取り込み、次期参院選を有利に進められると小沢氏が考えている可能性は大と言えるでしょう。

 また、民主党内で未だに一定の勢力を誇る、横路工作員率いる旧社会党勢を篭絡する為にも、中国共産党のご機嫌を取っておくことは、小沢氏の益になると思われるものであり、一方的ではなくとも確実に、何か支那に利する発言をする可能性は非常に高いと言わざるを得ません。

 更には、出立前のテレビ出演において、靖国神社について、またも無知蒙昧な軽々しい発言をしていたことも、今回の訪中に対して不安感を募らせるものであると言えます。

小沢代表:「霊じ簿」から「A級戦犯を削除すべきだ」

 民主党の小沢一郎代表は2日のテレビ朝日の番組で、首相の靖国神社参拝問題の解決策として、祭られている戦没者を記す「霊璽簿(れいじぼ)」からA級戦犯の氏名を削除すべきだとの考えを示した。4月の毎日新聞のインタビューで「(A級戦犯合祀(ごうし)を)事実上なくせばいい。名札みたいなものがある。それがなくなればいい」と述べていたが、司会者から「霊璽簿からA級戦犯の名前を削除するのか」と尋ねられ、「行為としてはそういうことだ」と答えた。

 新たな国立戦没者追悼施設の建設構想に対しては「靖国神社があるのだから、それで問題なければ一番自然だ」と述べ、合祀問題をクリアする形の解決の方が望ましいとの考えを示した。【山田夢留】

(2006年07月02日 毎日新聞)


 霊璽簿を名札と呼び、その上に出来もしない廃祀を出来ると強弁したりすることを、国内で叫ばれているだけでも、靖国神社に眠られる英霊、そして一般の良識と知識のある日本国民は迷惑しているというのに、こんなトンデモ話を、あの何でもかんでもプロパガンダに利用する中国共産党に話されでもした日には、どのようなことになるかなど、想像するまでもないと言えるものです。

 小沢氏と違い、これらの問題に詳しい政治家外交官が、事後にきちんと順序立てて説明したところで、「しかし小沢は出来ると言ったアル」と言われて話が堂々巡りになり、この靖国問題が更に複雑化することは確実と言えるでしょう。

 何故か小沢氏は、この出鱈目な知識から創出された解決法に絶対の自信を持っており、中国共産党幹部や胡錦濤の前でこの話をする確率は非常に高く、少なくとも今回の小沢氏の訪中で、靖国問題が複雑化するという事だけは覚悟しておいた方が良いのかも知れません。



 この靖国トンデモ解決法を、阿呆で意固地で話を捻じ曲げるのが大得意な中国共産党に話されるだけでも大迷惑と言えるものですが、これに加えて、対中円借款東シナ海ガス田などの問題においても、「支那の立場も分かりますよ」といった態度でも取ろうものならば、最早目も当てられない程の苦境に日本が追い込まれる可能性も否定出来ません。

 そしてまた、日本国益日本国民幸福などよりも、政争と自らの利権が大好きな小沢氏ならば、後の事も考えずに党利党略、そして自らの地位固めの為に、話の中でこのようなニュアンスのことを織り交ぜる可能性は大であると言わざるを得ません。

 本来ならば、一野党党首がどんなトンデモなことを言ったところで外交に大きな支障は無いと言えるのですが、小沢氏が未だに大きな影響力のある政治家であることが、ここでは悪い方向に作用する可能性が高く、また、中国共産党という連中が、詭弁の天才であるという事も考慮に入れると、小沢氏が阿呆なことを一言発するたびに、日本国益は大きく損なわれていくと考えられるものです。



 残念ながら何を如何考えても、今回の小沢氏訪中は、日本にとって、悪い方向に作用するものとしか考えられないものです。

 小沢氏政策に関する知識や、政局を読む力、選挙対策の能力などは評価するところですが、やはり国士としての心が全くゼロであるというのは、余りにも痛すぎると言えるものです。

 今回の小沢氏訪中を以って、支那との諸々の争いが、更に泥沼化していくことは確実と言えるでしょう。

 政策に関する知識、政局を読む力、選挙対策の能力を兼ね備え、且つ、日本国、そして日本国民を愛する政治家

 そのような人物が現れ、この不毛な争いに終止符を打ち、日本国平和へと誘ってくれる日は、未だ遠いと言わざるを得ないのかも知れません。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

「日中友好」は日本を滅ぼす!――歴史が教える「脱・中国」の法則
石 平
講談社 (2005/07/21)
売り上げランキング: 10,528
おすすめ度の平均: 5
5 新しい日中関係

中国はなぜ「反日」になったか
清水 美和
文藝春秋 (2003/05)
売り上げランキング: 16,427
おすすめ度の平均: 4.57
5 燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや
3 知識として知っておくべき内容が満載
4 日中関係について書かれた良書


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/399-6fc25cd2
 本日から中国を訪問している民主党の小沢代表。滞在中、胡錦濤主席ほか中共の指導部との会談がセットされており、どんな会談になるのか、その内容に注目されます。今回の訪問が代表就任後はじめての外遊ということで、小沢氏として