FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 滅び行くバ韓国と決別せよ

滅び行くバ韓国と決別せよ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 天下無双の基地外王、韓国が誇る世界の汚物、盧武鉉大統領閣下が暫くの沈黙を破り、またもや何やら頭のオカシイ愉快痛快な面白談義を発表されたようです。

韓国「日本は騒ぎ過ぎ」 大統領官邸が声明

【ソウル9日共同】韓国青瓦台(大統領官邸)は9日、北朝鮮のミサイル発射問題に関する声明を発表、「無理に日本のように未明から大騒ぎする必要はない」と述べた。声明は盧武鉉政権が同問題で積極的な対応を取っていないとの国内からの批判に反論したものだが、日韓の姿勢の違いが浮き彫りになったことで、今後の連携に影響が出る可能性もある。

 また青瓦台の宋旻淳・統一外交安保政策室長は同日、聯合ニュースに、日米などが国連安全保障理事会に提出した制裁決議案の効果に疑問を呈し、制裁自体にも批判的な見方を示した。

 青瓦台の声明は、韓国政府の「落ち着いた」対応は、国民を不安にさせないようにとの大統領の意思によるもの、と説明。過去に独裁政権が南北関係を緊張させ政治的に利用してきた歴史から抜け出さねばならないと訴え、「(ミサイル発射は)政治的な事件にすぎず、安保上の非常事態に至るものではない」と主張した。

 その上で、朝鮮半島の緊張を高めることは問題解決につながらないと強調。「大騒ぎで国民を不安にさせてはならず、大きな声を上げずに少しずつ対応している」と、日本政府との対応の違いを取り上げて韓国政府の方針を説明している。

 一方、宋室長は制裁決議案に「ミサイル計画を食い止める効果があるのか、判断が難しい」と話し、外交努力を強めるべきだとの考えを強調。韓国は現在安保理メンバーではなく採決には参加できないが、制裁決議案をめぐり日米との摩擦が顕在化する可能性もある。

(2006年07月09日 産経新聞)


 年がら年中反日お祭り騒ぎの馬鹿三昧の大統領閣下に騒ぎすぎと言われるとは、流石に「おぢさん一本とられちゃったなぁ」と言った感じで、開いた口が塞がらないという言葉の意味を噛み締めざるを得ないものです。

 韓国政府国民を不安にさせないよう、「落ち着いた」対応を心掛けているそうなのですが、単に今までの太陽政策とかいう近年稀に見る愚策についての厳しい追及を避けたいが為、黙りこくってただけに思えるのは、私だけではないものと思います。

 言い訳するならもう少しくらいまともな言い訳をしなければ、様々な情報が一瞬にして飛び交う、現代の情報化された国際社会においては通用しないと思えるものです。

 もっとも、短慮で浅慮で思考停止した方の多い、大統領閣下のお国の国民には、閣下のこれまでの愚民化政策が功を奏し、「落ち着いた」政府の対応に騙されておられるようですが。

【ミサイル】専門家に聞く「なぜ韓国人は危機と思わないのか」

 北朝鮮のミサイル発射に対し、韓国国民が特に驚くこともなく、危機意識も見せていないことについて、専門家10人に意見を聞いた。外交・安全保障分野の専門家7人は、「8年間に及ぶ北朝鮮への宥和政策によって、北朝鮮が韓国を攻撃することはないだろうとの楽観ムードが広がった」と分析している。一方で、社会学・心理学の専門家3人は「数々の危機に慣れたためだろう」と分析した。

 高麗大の南成旭(ナム・ソンウク)教授は「金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の下で8年間続いた太陽政策が、韓国国民の危機の認識や状況判断の能力を失わせた」と説明した。また大統領府の外交安保首席秘書官を務めた亜州大の鄭鍾旭(チョン・ジョンウク)教授は「韓国国民の安全保障に対する認識が低下したとは思わない。今回の事態では政府が十分な情報提供をしていないため、国民が判断する材料が不足しているのだろう」との見方を示した。

 北朝鮮を韓国にとっての脅威だとは思わなくなっている風潮も影響を与えているとの指摘もある。世宗研究所の陳昌洙(チン・チャンス)首席研究員は「韓国国民は北朝鮮を甘く見ている。韓国が軍事的に北朝鮮よりも優勢であるという自信を持っているため、悠然と構えていると考えている」と述べた。

 延世大の金皓起(キム・ホギ)教授は「理性的な面では北朝鮮を批判するが、情緒的な面で“同じ民族なのだから、まさか…”という認識を持っているために、他国とは違った反応を見せていると考えられる」と説明した。梨花女子大の咸仁姫(ハム・イニ)教授は「長期間数々の危機を乗り越えてきたため、平和ボケ、あるいは内向的な状態が生まれているようだ」との見方を示した。また延世大の李勳求(イ・フング)教授は「北朝鮮がミサイルを発射しても反撃できないため、何ごともなかったかのように構える心理が働いている」と主張した。

 危機的な状況を必要以上にあおるのは望ましくはないが、安全保障の問題は「最悪の状況」を想定して臨まなければならないとの指摘も少なくない。高麗大の玄仁澤(ヒョン・インテク)教授は「最悪の状況を想定して、安全保障体制を整えなければならないという基本が揺らいでいる」と述べた。

イム・ミンヒョク記者

(2006年07月09日 朝鮮日報)


 TBを頂いたLes reveries ou memoires sur l'art de la guerreさんの記事中に、

端的に言ってしまえば、核でない限りミサイルや爆撃には決定的な能力はない、というのがまず第一の重要な点である。確かに、ある一点、たとえばレーダーサイト、ミサイル基地、固定的な補給処、指揮所といった目標に対して攻撃をするにはこういったスタンドオフ火力というのは一定の効果を上げる。また、戦術レベルでも火力のデリバリーという意味では湾岸戦争やノルマンディ上陸以降のドイツ軍に於いて顕著に見られるように敵の行動を阻害する効果としては大きい(とはいえ夜間行軍や適切な防空、隠掩蔽によりある程度対抗できる、第四次中東戦争におけるエジプト軍によるSAMボックスの効果は絶大でありイスラエル空軍は手も足も出なかった)。



さて、それでは決定的な力を有する反撃兵器とは何か。単純である、それは歩兵である。歌にもあるように、最後の決は歩兵の任務である。ミサイルを撃たせないために、これを物理的に阻止する為にはどうすべきか。単純である、ミサイルを一つづつ探し出して使えないように占領し破壊すればよい。彼らに戦いを諦めさせ、そして我々の要求を飲ませるものは何か、それは空爆でもトマホークでもない、それは歩兵の銃剣である。イラクがなぜ湾岸戦争後も国際社会の要求を突っぱねたか、非行禁止空域が設定され爆撃がされていたのに、なぜ言うことを聞かなかったのか。日本は都市を灰燼にされても敗北は認めなかったが、ソ連軍、大量の地上軍の参戦により戦争を諦めたのではなかったか。



我々の心理は、実のところ、爆撃ではひるまない。たとえ自宅が破壊され、家族が殺されても空爆では、敵意を実感できない。天災に怒りを覚えないのと同じである。我々人間は人から直接に敵意を向けられた時に真の恐怖と憎悪を感じる。これは、デーブ・グロスマンの戦争における「人殺し」の心理学に詳しいが、我々人間はこのようにしなければ本当に意志を強要出来ないのである(その意味では、ルーデンドルフが諦めた事によって終戦を迎えた第一次大戦というのは19世紀以前の色合いが強い)。そして、だからこそ、直接に敵意、殺意、悪意、脅威、憎悪を向けられる歩兵戦闘と占領が意味を為すのである。

(Les reveries ou memoires sur l'art de la guerre 「専守防衛か先制攻撃か」より)


 とありますが、これは正しくその通りと思えるもので、航空機による爆撃ミサイルなどのによる遠隔攻撃よりも、歩兵による進軍、攻撃というものに人間は恐怖を覚え、屈服するものであると思えるものです。

 そして現状ではまだ、可能性は薄いとは思えるものの、仮に北朝鮮軍事的行動に出た時、この歩兵による占領行為というものの脅威に最も晒されると考えられるのは、他ならぬ韓国と言えるものです。

 ノドンミサイル、そしてテポドンミサイルの主な標的が日本、そして米国である事は確かですが、それは決して韓国を敵視していないからなどでは無く、韓国に対してはこれらの兵器よりも遥かに安価で有効的な歩兵という存在があるからに他ならないと言えるものです。

 こういった現実を何ら直視することも無く、金大中、そして盧武鉉という二大売国奴太陽政策という売国政策にあっさりと騙され、この恐るべき脅威を恐怖と感じることを忘れた韓国は、ある意味で最早、北朝鮮占領下にあると言っても過言ではないのかも知れません。

 このミサイル問題にしても拉致問題にしても、我が国の思考停止の馬鹿政治家の多くが日韓連携してなどと言っていますが、この韓国の現状を見る限り、そのようなことは絶望的に不可能と言わざるを得ないでしょう。

 この韓国を含む特定アジアの数々の蛮行を見てきた、良識ある日本国民はすでにお気付きであるとは思いますが、最早日本はこの韓国と連携することなど考えず、自国一国で北朝鮮と向き合うという事を考えていくべきと言えるものです。

 新米保守の方々は日米連携を叫ばれるのでしょうが、米国北朝鮮問題に対して、解決の意欲がそれ程強くはないことは、彼らの今回の言動を見れば明らかと言えるものです。

 米国は所詮他人であり、韓国はすでに半占領状態にあると言え、中露二国北朝鮮のパトロンと言っても過言ではない存在である。

 政府、そして日本国民は、この現実を踏まえなければ、この北朝鮮問題を解決する糸口を掴む事は永遠に不可能ではないかと思える次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

反日に勝つ「昭和史の常識」
渡部 昇一
ワック (2006/01)



PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
Webを100倍楽しむブラウザ「Lunascape」ダウンロードはこちら(無料)

  
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>新米保守の方々は日米連携を叫ばれるのでしょうが、米国が北朝鮮問題に対して、解決の意欲がそれ程強くはないことは、彼らの今回の言動を見れば明らかと言えるものです。

>米国は所詮他人であり、韓国はすでに半占領状態にあると言え、中露二国は北朝鮮のパトロンと言っても過言ではない存在である。

浪人さんの情勢分析によると、半島は昭和25年5月、朝鮮戦争勃発前夜と同じ雰囲気に包まれていると言うことになる。

私の見るところでは、ただ一点違う情勢がある。

それは当時金Srは、南鮮から越境してきた朴憲永らのもたらしたアメリカは半島には関与しないという情報を信じこみ、また南の人民共は共産主義に憧れきっているという情報を信じ切って南へなだれ込んだのだ。

ところが、金Srはアメリカの容共派と反共派の力関係を読み誤った。その結果は金Srの悲願だった人民共に白米と牛肉のスープという夢は潰えたどころが、まともに米粒を人民共に与えられない極貧最低の社会が出現した。

金Jrはまぬけ面に見えるが、これはこれでしたたかで、武大偉が今平壌で金Jrを必死に説得しているが、チャイナとアメリカを天秤にかけながら腹の中で損得計算をしているところだろう。

金Jrにしてみれば、チャイナの属国になるぐらいならアメリカの同盟国とまではいかないが、リビアライクな待遇がヒョッとしたら得られるんじゃないかと考えているところだろう。
2006/07/10(月) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
金正日がその間抜け面程に頭が悪くはないというのは、私も同意するところではあります。

ただ、如何に金正日が狡猾に立ち回ったところで、米政権が北朝鮮にリビアの如き待遇を与えることはないと思えるものです。

仮に米国が北朝鮮を悪の枢軸から外すとしても、それは精々代替わりしてからのことと思えます。

また、北朝鮮が支那を裏切り、米国に靡こうとすれば、恐らく金正日は中国共産党によって消されるであろうと思えます。

現状で金正日の計算通りに動いている国は、韓国、そして金正日の弟の弟をマンセーしている日本くらいのものと言えるでしょう。
2006/07/10(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/410-afe4b643
 青瓦台が大統領声明で「日本は騒ぎすぎだ」ってなことを言っていまして、まぁそれはある意味あたりなんですね。そして騒ぎ過ぎている連中にもその拠って立つ政治的な立場で真反対の思惑がある。共通しているのは、北鮮が我が国にミサイルを撃ち込む危険性と蓋然性に関する
 いよいよ、国連安保理において北鮮制裁決議案が審議される。世界の孤児へとまっしぐらに突き進んでいる北鮮の宗主国たるシナ政府は必死こいて決議案反対を訴えているようである。 北朝鮮ミサイル:中国が制裁反対電話 安保
2006/07/10(月) | ステイメンの雑記帖
北朝鮮のミサイル発射をめぐって それぞれ周辺国の思惑がある程度見え始めてきました
2006/07/10(月) | 続「とっつあん通信」
当ブログにトラックバックのあった浪人氏のブログで興味深い意見があったので紹介をしたい。 とありますが、これは正しくその通りと思えるもので、航空機による爆撃やミサイルなどのによる遠隔攻撃よりも、歩兵による進
以前に「文明と文化」の違いについて書いたことがある。 <流しのネトウヨについて> http://takashichan.seesaa.net/article/105807152.html上記スレッドの中で私は、文明とは普遍的なもの、文化は普遍的ではないもの、また文明には優劣が存在し、文化にはそれが無い、と...