FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 支那訪朝の真意を考察してみる

支那訪朝の真意を考察してみる
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 今回の北朝鮮ミサイル発射劇に、中国共産党が何らかの形において関与しているであろうことは、それが中国共産党の指示による発射なのか、或いは北朝鮮が画策し、中国共産党に報告して、それを中国共産党が見て見ぬ振りをしたという形なのかは不明ですが、まず疑いようがないと言えるものです。

 そしてその答えは、今回の中国訪朝団による北朝鮮への説得によって明らかになるものと私は考えます。

中国訪朝団平壌入り、ミサイル発射凍結など説得

 【北京=末続哲也】新華社電によると、中国の回良玉・副首相(共産党政治局員)の率いる代表団が10日、平壌入りし、6日間にわたる北朝鮮訪問を開始した。

 北朝鮮核問題を巡る6か国協議の議長役を務める武大偉外務次官も同行したと見られる。

 北朝鮮のミサイル発射に関し、国連安保理で同国に対する制裁決議案の採決が迫る中、制裁回避を訴える中国は、ミサイル発射の凍結や6か国協議への早期復帰を説得する。

 代表団は、中朝友好協力相互援助条約の締結45周年を記念する行事に出席する。

 一方、中国外務省によると、李肇星外相は9日、国連安保理理事国のうち11か国や、韓国と、相次いで電話で外相会談を行い、安保理に提出された北朝鮮に対する制裁決議案について、支持しないよう改めて求めた。

 李外相は各会談で安保理でのミサイル発射問題への対応について、「いかなる行動も、地域の平和と安定や、安保理の結束を守るのに役立つものでなければならない」と述べた。

(2006年07月10日 読売新聞)


 今回のこの中国共産党による説得を、仮に北朝鮮が素直に聞き入れたとすれば、これはまず間違いなく北朝鮮によるミサイル発射は、中朝二国による出来レースであったと断じられるものであります。

 まず北朝鮮が、周辺国米国の忠告も聞かずミサイルを発射し、その保護者である支那もそれに懸念を表明する。

 国際社会から制裁の声が高まる中、支那が単独で北朝鮮に赴き、その行動を自制するように求め、北朝鮮が渋々ながらもこれを了承し、今後暫くはミサイル実験を行わないと約束する。

 そしてまた、六カ国協議にも、何らかの条件付きで復帰すると明言し、中国共産党北朝鮮の言い分も多少は聞いてやるべきだと主張し、国際社会を説得する。

 そして目出度く、北朝鮮安保理の制裁を回避した上、何らかの見返りを得て、ミサイル実験を凍結し六カ国協議にも復帰する。

 そして、その他の問題、つまり拉致問題人権問題は有耶無耶にされ、これまで通り六カ国協議という名の時間の無駄遣い協議の中で、何の中身も無い議論が延々と展開されるという、まさしく中朝が望む展開となる。

 あまりにもふざけたシナリオで、普通の国ならばこんな馬鹿げたことを考え付きもしないと思えるものですが、相手が相手だけに否定し切れないところがあると言えるものです。

 普通ならば、こんな見え透いたお芝居に騙される幸せ者がいるとは思えませんが、となりの馬鹿、韓国は無論このシナリオに乗るでしょう。

 そして私が何より不安なのが、北朝鮮ミサイルを発射して尚、「対話の余地は残さなくてはならない」などと間の抜けたことを言っていた我が国の首相が、このシナリオに乗って北朝鮮との無駄な対話を続けようとすることです。

 現在は強気の発言を続けている次期首相候補である将軍様の弟の壷売りカルトの弟も、このシナリオが実現した場合、「圧力は必要だが、対話も続けなければならない」などと嘯き、このお芝居に相乗りする可能性は大と言えるでしょう。

 或いは寧ろ、首相殿次期首相候補殿も、この見え透いたお芝居の仕掛け手である可能性も否定できないと言えるものです。

 こんな笑い話のような展開など、出来れば起こって欲しくはないと思えますが、吉本新喜劇ヨロシクのベタな展開が大好きな特定アジアの連中や、我が国に巣食う事勿れ似非平和主義者どもならば、十分にやりかねない事であると思えるものです。

 早期解決は早期解決でも、玉虫色の早期解決などにならぬよう、我々は今まで以上に厳しい監視の目を、特定アジア、そして我が国政府に向けておかねばならないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する


日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社 (2006/02/21)


PR情報
映画『ハイジ』公開記念クイズキャンペーン!映画チケットプレゼント!
どこよりも早くポイントを集めてどこよりも早く現金ゲット!

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/411-4b66dd8e
「北朝鮮はケシカラン」 確かに。それには完全に同意します。 でも、怒りの声を上げるだけでなく、「今、何ができるか?」を考えてみたいと思います。
2006/07/11(火) | 半休眠ぶろぐ
【告知】北朝鮮からすべての拉致被害者を奪還する国民大行進【告知】 ...
2006/07/11(火) | もののふのこころ
予想通りですが、敵基地攻撃能力には反発も多いようです。ようやっと、のむひょんクンが釣られてきましたね(でもまだ少し大人しい感じも)。韓国は2008年までに国産クルーズ・ミサイルを配備する計画なんですけどねぇ
2006/07/12(水) | 半休眠ぶろぐ