FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ防衛 → 迷走し崩壊する韓国と日本の国防

迷走し崩壊する韓国と日本の国防
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 偉大なる基地外、盧武鉉大統領閣下太陽政策なる愚策の下、ますます混迷を極め国際社会から完全に異次元の方向へと進み続ける韓国

 韓国国民、そしてマスコミはようやくにしてこの絶望的な危機的状況に気付き始め、偉大なる基地外、盧武鉉大統領閣下に対して非難の声を上げ始めた様子です。

【南北閣僚級会談】「盧大統領の致命的な判断ミス」

 釜山で開かれていた第19次南北閣僚級会談に参加していた北朝鮮代表団が、最後の会談中に会議場の外へ出て、「韓国側はこうやって閣僚級会談をぶち壊し、南北関係に予測不可能な破滅的な結果をもたらしたことについて、その対価を支払うのは当然だ。われわれは今回の閣僚級会談をぶち壊した南側の仕打ちに対して、厳正に対処していく」と警告する内容の声明ビラをまいた。

 北朝鮮代表団は「閣僚級会談は決して軍事的な会談ではないし、6カ国協議はなおのことだ。われわれがこうして途中で帰ることになった責任はすべて韓国側にある」として、このような警告をした。そして「韓国側は初めから(北朝鮮側と)違った考えを持ち、不純な目的を追求し、会談本来の使命に合致しない、閣僚級会談では扱うべきでない問題ばかり出してきて、われわれの提案に対しては討論すら拒否した」と主張した。

 北朝鮮側は今回の会談で、ミサイル問題については「軍部が勝手にしたことで、われわれは知らない」との姿勢に徹し、「韓国の一般国民は金正日(キム・ジョンイル)総書記の先軍政治の恩恵にあずかっている」として、コメ50万トンの援助を要求した。

 こうして南北閣僚級会談が目立った成果もなく決裂し、会談開催の努力が水泡に帰したことを受け、他の部局の反対にもかかわらず会談の開催にこだわったイ・ジョンソク統一部長官や、イ長官に会談開催を促した盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の判断が間違っていたのではないかとの批判が出ている。統一部は「こういうときこそ、対話を維持しなければならない」と会談開催の理由を説明したが、次の会談の日程すら決められないという、南北関係にとってむしろマイナスとなる結果になった。

 安保戦略研究所の洪官熹(ホン・グァンヒ)所長は、「今回の会談を開いたのは致命的な判断ミスで、盧大統領が統一部長官に会談開催を促したときから、こういう結果になるだろうと思っていた」と述べた。

 また、慶南大のユ・ギルジェ教授も「今回の会談が成果なく終わることは予見できた。会談を延期するなどして、北朝鮮にメッセージを伝えた方がよかった。より大きな問題は、こういう結果になって米国や日本が韓国政府に対してどういう思いを抱くかということだ」と述べた。

 一方、韓国政府のある幹部は「今回の会談の目標は、韓国の考えを正確に北朝鮮の指導部に伝えることであって、対話のきっかけとするつもりはなかった。こういう状況は会談前から予想していた」と語った。

釜山=キム・ミンチョル記者

(2006年07月14日 朝鮮日報)


 何時もの事ながら、朝鮮日報の記事は、日本に関するものを除けば実に的確と言えるもので、我が国の築地近辺に存在する自称「くおりちーぺーぱー」にも見習って欲しいと思えるものです。

 ただ朝鮮日報は、韓国国内では親日派右翼新聞との評価が為されているいるようですので、これだけを以って韓国世論が全面的にシフトしたと考えるのは危険と言えるものですが、少なくとも、このような盧武鉉体制批判の声が多く聞かれるようになったことは、韓国にとっては良い材料かと思えるものです。

 しかし残念ながら、今になってこのような声が聞こえてきても、遅きに失し過ぎたと言わざるを得ないものです。

 如何にマスコミ、そして国民世論盧武鉉くんの基地外売国政策に気付き、これを糾弾しようと思ったところで、残念ながら盧武鉉くんが今更、反日反米親北朝鮮の方向性を変更するとは考えがたく、寧ろ、この国民世論がこれ以上に高まり、自身が処刑されることを恐れて、無理矢理にでも早期に南北統一を成し遂げようと画策する可能性があると言えるでしょう。

 今更、盧武鉉くんが変心し、反日反米を改め日米に擦り寄ってきたところで、流石のお人好しの日本も積極的に韓国を擁護しようとする可能性は低く、米国に至っては問題が解決した暁には韓国に対して何らかの報復措置を取り、盧武鉉くんも政治犯に祭り上げられる可能性が高いと言えるものです。

 最早、盧武鉉くんが生き残る道は、何が何でも南北統一を成し遂げ、将軍様の庇護の下に入る以外にはあり得ないと言えるものです。

 無論恐らくは、北朝鮮の庇護の下に入ったところで、残忍で冷酷な将軍様に消されるであろうと予測出来るものではありますが、盧武鉉くんが億が一にでも天寿を全う出来る可能性がこれ以外に存在しない以上、盧武鉉くんが全精力を振り絞り、これを成し遂げんが為に奔走する可能性は高いと言えるものです。

 残念ながらか目出度くなのかは知りませんが、現段階においては韓国が滅亡するであろう事は、恐らく間違いはないかと思えるものです。

 嫌韓中ネットウヨクと呼ばれる方々は、これを手放しで喜ばれるのでしょうが、我々はここで一つだけ覚悟を決めておかねばならないと思える事があります。

 韓国が如何に基地外反日国家であったと言えども、彼らが日米にとっての中朝からの防波堤になっていた事は、疑いようも無い事実であり、この防波堤が瓦解した時、我々は今以上に強い圧力を北朝鮮、そして支那から受けねばならないと言えるものです。

 確かに現状においても、ミサイルと言ったものは、韓国の存在に関係なく、我々に脅威を与えてはいますが、韓国という防波堤が瓦解した時、我々日本はこれに加えて、地政学的な圧力を半島、そして大陸からモロに受けねばなりません。

 半島全体北朝鮮の手に渡るという事は、大陸から半島にかけての全域が支那の勢力に入るという事であり、それは即ち支那ミサイルという空からの圧力に加え、日本へ進攻する為の完璧な海路を手に入れるという事にも繋がるものです。

 この圧力は恐らく我々が考える以上に強く、我々は常に支那北朝鮮からの侵略に対して神経を尖らせながら、日々の生活を送らねばならなくなると考えられるものです。

 放っておけば必ずや韓国は自壊し、仮に日本が救いを差し伸べようとすれば、寧ろ韓国は意固地になって破滅への道程を進む速度を上げるであろうと考えられます。

 嫌韓中と呼ばれる方々も、ネットウヨクと呼ばれる方々も、そしてその他全ての日本国民も、この事をよく肝に銘じ、真剣に考え始めなければいけないと言えるものです。

 韓国という防波堤を失くした後の、日本国防というものを。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

すぐわかる国防学
すぐわかる国防学
posted with amazlet on 06.07.14
林 信吾 清谷 信一
角川学芸出版 (2006/03)

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
スイス政府 原書房編集部
原書房 (2003/07)
売り上げランキング: 2,364
おすすめ度の平均: 4.6
5 今の日本に必要なもの
5 「そなえよつねに」 ----平和ボケとはなにか
5 国民の決断を迫る本


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』

  
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
結局のところ、韓国も北朝鮮と中国の関係と同じで、日本に対しては、「何をしても許される」的感覚があるのでしょう。早い話が甘えているわけです。
南北赤化統一したら、中国に対する防波堤がどうこうという前に、ここぞとばかりに政治難民として、日本に渡って来るやつらが大量にいそうで怖いですね。
対馬あたりに大量移住して、独立させろとか騒ぎそうです。いや、間違いなくそうなるでしょう。
朝鮮日報にはもっとがんばってもらって、大統領を弾劾できるまで世論を引っ張っていってほしいものです。



2006/07/15(土) | URL | takayuu #mQop/nM.[ 編集]
大分先の話にはなるでしょうが、北鮮がいまのまま変わらなければ、我が国の北鮮のミサイル対策に、韓国空軍との共同作戦も入れるべきでしょうね。

え、憲法違反だって?日本国憲法を原文で読めば、9条は仮定法で書いてあるんだよ。
2006/07/15(土) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
小澤一郎の自治相時代の国会答弁が出てきました。質問者は社会党の佐藤三吾です。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152616615/563
2006/07/15(土) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
>早い話が甘えているわけです。

まあ、甘やかした日本にも多少の責任はあるように思えますが、それにしても最近、特に盧武鉉くんの反日は余りにも度が過ぎていますね。

>朝鮮日報にはもっとがんばってもらって、大統領を弾劾できるまで世論を引っ張っていってほしいものです。

朝鮮日報は確かにまともな新聞ですが、日本に関する事に対してだけは、おかしなことを言い出すことが多々あるので、過度の期待は禁物のように思えます。
2006/07/16(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
その前に韓国が滅亡しなければ良いのですが...

盧武鉉くんの任期もまだ結構残ってますし、ここに更に盧武鉉くんの後任が大統領選挙に勝つような事があったら、韓国は本当に北に併呑されてしまうと思えるものです。
2006/07/16(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
南北統一しようがしまいが、韓国と北朝鮮の軍事上の共通の敵は日本です。従って韓国が日本の防波堤にはなり得ないと思います。
2006/07/18(火) | URL | georgeoo #0Sh13mic[ 編集]
敵味方の話では無く、地理的にあそこの位置に反共の国家が存在しているという事実が、これまで日本にとって防波堤となっていたという事です。

あんなものでも有るのと無いのとでは、日本が置かれる地理的状況は大幅に違ってくると言えるものです。
2006/07/18(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/418-514ace2e
 このところの半島関連の流れの中で南鮮が村八部になっている状況はよく分かるんですが、南鮮でもそれを気にしている人は多いようで、朝鮮日報のニュースサイトで今日付のこんな記事があります。 概要は、名前は定かでありませんが南鮮の政府高官との記者会見におけるQA
朝鮮が嫌いだ生理的に受け付けないたぶんDNAに刻まれているのだろう寒流だかなんだか知らないがなぜこんなに身近にあるのか…敵国の話題なんかで盛りあがるなんて…半島の北にバンカーバスターを打ち込み