FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 敗北を勝利の糧とせよ

敗北を勝利の糧とせよ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 日本国連憲章7章を伴う、制裁を含む決議に拘ったことにより、多少はマシにはなったものの、やはり日本外交の弱腰が最後に出てしまい、拘束力を伴わない非難決議に収まってしまったようです。

7章削除も拘束力に変わりなし 麻生氏・英国連大使

 麻生太郎外相は16日早朝、対北朝鮮の国連安全保障理事会の決議が全会一致で採択されたことについて「国際社会の断固たるメッセージと北朝鮮は感じてもらわなければならない。(決議の)拘束力は変わっていない」と外務省で記者団に語った。

 日本が求めた制裁の根拠となる国連憲章7章の記述を削除したことについては「より強いメッセージは全会一致の方にある」と述べ、中国、ロシアの賛同を得て全会一致での採決を実現することを重視したと説明した。

 その上で北朝鮮に対し「直ちにミサイル開発停止とモラトリアム(発射凍結)に復帰することを求める」と述べた。

 安倍晋三官房長官も同日午前、「わが国が求めていた『制裁を含む拘束力のある決議』との立場を反映し、国際社会の断固たる意思を示すことができた」とのコメントを発表。北朝鮮の拉致問題にも触れ「直ちに生存しているすべての拉致被害者を帰国させるべきだ」と要求した。


 【ロンドン16日共同】英国のジョンズパリー国連大使は15日、BBCテレビとのインタビューで、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮決議について「すべての加盟国、北朝鮮は順守しなければならず、拘束力があると考える」と強調した。

 北朝鮮が決議に従わない意向を示していることについては「決議自体の拘束力には影響しない」と指摘。安保理が、北朝鮮が決議に従わないと判断した場合は「問題は再び安保理に戻ってくる」と警告した。

 さらに「北朝鮮が今後、(核問題に関する)6カ国協議に復帰するかどうかなどを見極め、安保理が適切な対応を取る」と強調、決議に拘束力があるとの考えを示した。

 BBCは北朝鮮決議について「安保理が制裁措置に合意」と報じた。

(2006年07月16日 産経新聞)


 麻生外相は拘束力に変わりはないと語っているものの、やはり文言の中に拘束力が明記してあるものと無いものとでは、効果に違いが出るであろう事は明白なことであり、残念ながら今回の外交は失敗であったと言わざるを得ないと感じるものです。

 支那がどうしても国連憲章7章を盛り込む事を拒否するのであれば、寧ろ拒否権を出させて支那北朝鮮の繋がりを国際社会に知らしめ、決議による拘束からではなく不安感と嫌悪感から自発的に国際社会北朝鮮への制裁へと動き出すように仕向ける事も可能であったと思えるものです。

 そのような戦略戦術を考えることもせず、国連神話なる馬鹿げたものを夢想しているからこそ、日本外交は何時まで経っても三流半なのだと言えるでしょう。



 ただ、今回のこの政府の選択が敗北である事は間違いないものではありますが、非難決議ではあるもの一応は拘束力を伴うと確約させたこと、そして、最後の最後まで一応は制裁決議に拘った事は評価に値するするものであり、今後の展開次第では今回のマイナスも取り戻せる可能性があると期待出来るものでもあります。

 私の独断と偏見によれば、北朝鮮は例え一旦は支那の説得に応じ六カ国協議に復帰したとしても、必ずや遠くない将来において、再びミサイルを発射するものと考えられます。

 例え北朝鮮六カ国協議に復帰したとしても、米国金融制裁を解除する可能性は限りなく低く、我が日本においても、仮に政府内に潜む不穏分子が日朝国交正常化を画策したとしても、国民感情が絶対にこれを許しはしないと考えられる以上、北朝鮮がもう一度恫喝、そしてミサイルを売って外貨を得る為のデモンストレーションを行う可能性は高いと考えられるものです。

 そしてその時には、流石の支那北朝鮮を庇いきれなくなる事は確実と思えるものであり、また仮に、孤立する覚悟で支那北朝鮮を庇ったとしても、それは中朝国際的に孤立させるという日本の益となるものであると考えられるものです。

 政府外務省は事がこれで片付いたなどと阿呆なことを考えず、次なる機会に備えて粛々と準備を進めていって頂きたい。



 今回の政府の選択は、何とか次に繋がる余地を残しはしたものの、結局は外交的に敗北して問題を先送りしたに過ぎないものです。

 政府外務省は再び同じ愚を犯さぬよう、国家国民を守る為、一層の気概を持って事に当たって頂きたいと思う次第であります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

国家の自縛
国家の自縛
posted with amazlet on 06.07.16
佐藤 優
産経新聞出版 (2005/09)
おすすめ度の平均: 5
5 「国家主義者」佐藤優
5 圧倒的な外交経験値と知力に感嘆する
5 永田町の皆様へ



PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
簡単登録★完全無料のメールアドレス★ZENNOコム

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
子供の時に読んだ話に

エディソンにある人が「貴方は発明王と言われているが、何度ぐらい失敗したか」。

エディソン曰く「一度も失敗はしたことはない。すべて成功している」。

話はそこまででしたが、あとは自分で考えさせるという話でした。

サッカーのワールドカップではありませんが、力相応の結果しか出せないのが現実です。魑魅魍魎の跋扈する「信義と誠実」に満ちた国際社会で民族の生存をかけて戦ってゆくために、民族の英知を結集しなければなりません。

マッカーシーではありませんが、議会に
「非日委員会」を作って、非日本人を国外追放か、公職追放してはどうでしょうか。

2006/07/17(月) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
仰られる通りだと思います。

この結果が、まさしく今の日本の実力そのものという事なのでしょうね。

この状況を打破し、国際社会において生存する為に、民族の英知を結集させるというご意見にも賛同するところです。

ただ、「非日委員会」なるものは、「人権擁護法案」の「人権委員会」と同質のものになる可能性があり、「健全な国家」という観点からは危険かと思われます。

遠回りでも、間違った自虐史観を是正する為、草の根的に活動して行く事が、一番良いかと思われます。
2006/07/17(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/420-81323a35
 シナや露助の妨害によって遅々として進まなかった安保理の北鮮制裁決議案であるが、結局国連憲章7章関連の条項を削除した形で全会一致で可決に至ったが・・・7章削除も拘束力に変わりなし 麻生氏・英国連大使  麻生
2006/07/16(日) | ステイメンの雑記帖
 今回の決議採択に色々見方はありますが、あえて言えば決議を全会一致で採択できたことに意味があったと思います。個人的には、拒否権を発動されてでも制裁に即移行できる決議案を出した方が良かったですが、全会一致の採択によ
 まず安保理決議1695(たぶん)全体の印象をざっくり言うと、いかにも英仏らしい回りくどくてインチキ臭い作文だってことと、そして、安保理に持ち出した以上、我が国の国力では、これが得られる可能解の最大値なんじゃないかと思います。
どうも気になる 何が気になるかっていうと、今回の国連安保理の決議、日本が日和った...