FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 幾度か辛酸を経て、志、初めて堅し。丈夫は玉砕に及んで、瓦全を愧じる

幾度か辛酸を経て、志、初めて堅し。丈夫は玉砕に及んで、瓦全を愧じる
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 敗北とも取れる譲歩をしたとは言え、一応は全会一致で非難決議を採択させ、これに一応の拘束力はあると諸国に確約させたことにより、何とか前進をし始めた北朝鮮問題ですが、更に加えて、サミットにおいても北朝鮮に対する懸念が表明されるなど、風向きは日本に向きつつあると思える様相を呈してきた模様です。

サミット首脳会合、北ミサイルに「深刻な懸念」表明

サミット:安保理決議を評価 北朝鮮非難の声明発表

 【サンクトペテルブルク(ロシア)木村旬】主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)は16日午後(日本時間同日夜)、北朝鮮のミサイル発射問題やイスラエルによるレバノン攻撃など国際情勢を討議した。国連安全保障理事会が北朝鮮のミサイル発射を非難する決議を採択したことを歓迎し、サミットとしても北朝鮮を非難する内容を盛り込んだ核・大量破壊兵器の不拡散に関する声明を発表した。

 声明は「ミサイル発射は地域内外の平和と安定を危うくし、深刻な懸念を表明する」とし、(1)再発射への重大な懸念(2)発射凍結の再確認(3)北朝鮮へのミサイル・大量破壊兵器の支援の禁止--を盛り込んだ。その上で、6カ国協議への早期・無条件復帰を求め、昨年9月の6カ国協議の共同声明でうたった拉致問題を含む懸案事項の解決を求めた。

 北朝鮮に関する討議では、小泉純一郎首相が冒頭、「北朝鮮が6カ国協議に復帰し、国際社会の責任ある一員となることが重要だ」と表明。「ミサイル・核・拉致問題を包括的に解決する必要がある。いずれも平和に対する脅威で人権侵害。解決には国際的な連携が必要」と強調し、各国首脳から基本的に支持を得た。

 また、中東情勢に関する声明を全会一致で採択。イスラエルのレバノン攻撃について、イスラエルの自衛の権利を認める一方、最大限の自制をイスラエルに求めた。声明は、拉致されたイスラエル兵士の解放▽レバノンの武装勢力によるイスラエル攻撃の即時停止▽イスラエルによる軍事行動の中止--の3点を盛り込んだ。

 16日午前の会議では、最近の原油価格急騰への懸念を表明、年末までに国別に省エネルギー目標を検討するなどの対策を盛り込んだエネルギー安全保障の行動計画を採択した。

(2006年07月17日 毎日新聞)


 これもやはり、普段は余り積極的に動こうとしない日本が、最後の最後まで制裁を盛り込もうと強気を見せたことが影響していると考えられ、直接的には勝利はもぎ取れなかったものの、勝利に結びつく布石を打ったというだけでも、これまでの日本外交と比すれば格段の進歩と呼べるものであると思えます。

 政府外務省が、ここまで考えて非難決議で手を打ったのか如何かは分かりませんが、ベストではなくともベターの結果を得たという事は、素直に評価したいと思えるものです。

 国連での非難決議のみでなく、サミットにおいても議題の中心に上がったという事は、少なくとも先進諸国日本北朝鮮に対する制裁への協力を得られたという事に繋がり、これは非常に明るい材料であると言えるでしょう。

 そして無論の事、例の基地外国家の基地外豚は、国連で採択された非難決議に、何時もの如く詭弁にすらならない戯言を大声で喚いている様子です。

北朝鮮、安保理決議を全面拒否

 【ニューヨーク=白川義和】北朝鮮の朴吉淵(パク・キルヨン)・国連大使は15日、国連安全保障理事会で、ミサイル発射に対する安保理決議採択を受けて演説し、「決議を全面的に拒否する」と述べ、履行する意思が全くないことを表明した。

 安保理を「ギャングのようだ」と非難し、「ミサイル発射を今後も継続する」と述べた後、退場した。

(2006年07月17日 読売新聞)


 私は金正日という人間は、狂気の独裁者ではあるものの、南の盧武鉉くんとは違い、お頭はもう少しまともだと思っていたのですが、どうやらそれは私の買い被り過ぎであったようで、支那による説得を受け付けなかったのも出来レースではなく、単に追い詰められてトチ狂っているだけに過ぎないと判断しても良さそうと思えるものです。

 無論、国際社会全体が北朝鮮への制裁に動き出すまでには、まだ若干の猶予があり、油断は禁物ではありますが、現状で知り得る情報を基に判断すれば、仮に北朝鮮六カ国協議に復帰したとしても、北朝鮮への非難の声は最早小さくなることは無いと判断して良いでしょう。



 紆余曲折があり、かなりの辛苦も味わわされては来たものの、ここに来てようやく北朝鮮問題は解決に向かい始めたと思えるところまで辿り着きました。

 国際社会が北朝鮮への制裁へと動き出し、当の北朝鮮はトチ狂って半壊しているとも思える現状において、残された課題は、日本が絶対にこの問題において折れないという一点のみであると言えます。

 「幾度か辛酸を経て、志、初めて堅し。丈夫は玉砕に及んで、瓦全を愧じる

 東アジアから北朝鮮という狂気を取り除く為、そして人生を邪悪な独裁者に奪われた拉致被害者を取り戻す為。

 政府にはその身命を賭して、この問題に当たって頂きたいと思う次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

祈り―北朝鮮・拉致の真相
新潟日報社特別取材班
講談社 (2004/10)
売り上げランキング: 254,917
おすすめ度の平均: 5
5 一人一人の親の切なる思いを、、

マンガ金正日入門-拉致国家北朝鮮の真実
李 友情 李 英和
飛鳥新社 (2003/07/31)
売り上げランキング: 65,782
おすすめ度の平均: 4.19
5 狡猾な独裁者の人物像と、北朝鮮の現状・歴史を丹念に描いたマンガ
5 日本人への警告-金正日侮るなかれ
5 世界でもっとも恐ろしい独裁者の姿が目の当たりに


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
メールを読んでクリックするだけ! GetMoney!

  
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
産経ウェッブによると、

民主党の小沢一郎代表は17日、都内で開かれた小沢氏主宰の「政治塾」で講義し、国連安全保障理事会の北朝鮮非難決議に関連し「最初の勢いはどこへやら、(政府が求めていた)制裁という(国連憲章)7章の中身を削除せざるを得なくなった」と指摘、政府の外交を批判した。
 小沢氏は「珍しく日本が先頭に立って(制裁を求める)決議案を提案する事態になったが、強硬論を言う役割をさせられて、裏では米中、米露の談合が行われていた。日本は米中、米露の話し合い、米国の本音について何も聞かされていなかった」と述べた。

(07/17 12:28)

昨日のNHKのテレビニュースで小澤が「いうだけいうて、重いところはぜーんぶ米中にまかせて」(いいとこ取りをしようとしているといいたかったのだろう)といってる場面を映し出していたが、その後何も報道されなかったので少しは考え直したのかなと思っていた。

ところが産経ウェッブによると、例によって小泉批判、自民党批判の大向こう受けを狙った発言で、かってその発言で自党の大物を震え上がらせた夢を追って居るんだろうが、聞くものが聞けば興ざめも良いところだ。

浪人さんも忠告していられたが、ほんとに民主党が政権を目指そうとするなら、半島南部の某領袖並みのおつむの持ち主を入れ替えねばなるまい。

もっとも、安部ちゃんでも心配無くなったと言うことでもあるが。
2006/07/17(月) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
小沢くんは本当にもう、完全に駄目そうですね。

党首に就任した当初はまだ、期待感を感じさせてくれる部分も僅かではあるもののありましたが、今では完全に管ガンスやハトポッポと同レベルまで墜ちきってしまったようです。
2006/07/18(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/421-4c66c5c7
 安保理決議には色々とご不満のむきもあるようで、「ニイタカヤマノボレ」なんて勇ましいタイトルを使っている人も見かけましたが、これまでにも書いてきているように、「ニイタカヤマノボレ」はあり得ないんですよ。 北鮮を軍事的に叩こうとすれば、あくまでも北鮮に第一
 まず安保理決議1695(たぶん)全体の印象をざっくり言うと、いかにも英仏らしい回りくどくてインチキ臭い作文だってことと、そして、安保理に持ち出した以上、我が国の国力では、これが得られる可能解の最大値なんじゃないかと思います。
えー夏風邪でダウンしましたので、2ちゃんの孫引きでお茶を濁します。それにしても、久々の日本の外交勝利といえそうな案件なのだが、とにかく日本を貶めたい人はいるもんだ。【国連決議】日米同盟万能論に限界~求められ
2006/07/17(月) | 市川電蔵事務所(移転)
国連安全保障理事会は7月15日午後、日米などが提出した北朝鮮決議案を全会一致で採択しました。決議案は日米などが提出した北朝鮮のミサイル発射を非難し、北朝鮮のミサイル・大量破壊兵器開発に関連する物資・技術・資金の移転などを阻止するよう加盟国に要求するものです