FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北朝鮮には強い圧力を、支那・韓国は基本無視

北朝鮮には強い圧力を、支那・韓国は基本無視
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 先の国連決議において、見事にその事大主義を発揮し、米国に阿った韓国ですが、その元首たる馬鹿世界一の盧武鉉くんは、ここへ来ても尚、ご自慢のバランサーの働きにより揺り動こうとしている様子です。

盧大統領、「不必要な対決局面」回避方針示す

【ソウル19日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は19日、北朝鮮のミサイル発射に関する後続対策について、状況の実体以上の行き過ぎた対応で不必要な緊張と対決局面を生み出す動きは問題の解決には役立たないとの考えを示した。

 この日午前、盧大統領は青瓦台で、ミサイル発射と国連安全保障理事会が採択した対北朝鮮非難決議の後続対策を話し合うため、安保関係閣僚会議を主宰した。宋旻淳(ソン・ミンスン)統一外交安保政策室長によると、盧大統領は、韓国が置かれた立場に照らし合わせ留意する部分として、このように述べたという。

 盧大統領は「短期的な当面の対策も重要だが、現況の本質を冷静に分析し関係国と認識を共有しながら抜本的な解決を図れるようアプローチすることが何よりも緊要」とし、こうした観点に立って関係官庁が対策を検討するよう指示した。一方で、北朝鮮のミサイル発射は朝鮮半島の平和と安定を脅かし緊張を高めただけでなく、誰のためにもならない軍備競争を触発する誤った行動だったと指摘した。

 この会議で政府は、現在の状況では、危機や対決局面をつくり緊張を高めるよりも、対話と交渉による問題解決に積極的な努力を傾けるべきとの見解をまとめた。全般的な状況を悪化させず南北関係を安定的に管理する一方、対話を通じ平和的な方法で問題を解決するため、北朝鮮が6カ国協議に復帰するよう立体的な外交努力を行う方針だ。宋室長は、会議では安保理決議案採択以降の朝鮮半島と北東アジア情勢、国際情勢などについて関連閣僚から報告を受け、後続対策について意見を交わしたと説明した。

 会議には宋室長のほか、韓明淑(ハン・ミョンスク)首相をはじめ、統一部の李鍾ソク(イ・ジョンソク)長官、外交通商部の潘基文(パン・ギムン)長官、国防部の尹光雄(ユン・グァンウン)長官、国家情報院の金昇圭(キム・スンギュ)院長、青瓦台の?炳浣(イ・ビョンワン)秘書室長、卞ヌ均(ピョン・ヤンギュン)政策室長、金栄柱(キム・ヨンジュ)国務調整室長、徐柱錫(ソ・ジュソク)統一外交安保首席秘書官らが出席した。

(2006年07月19日 聯合ニュース)


 並の韓国人ならば、米国に事大して、それで目出度く終わりと行くところなのですが、流石は植物になりたいだの、辞めたいだのと世迷い言ばかり口にしている割には、異常なまでに権力に拘りを見せる基地外大統領だけのことはあり、そのような普通の行動は取りはしない様子です。

 北朝鮮の無謀なミサイル実験により、日米のみで無く他の諸国も北朝鮮への警戒心を持ち始めている最中、このような中途半端な八方美人外交を展開などしてしまえば、確実に国家は壊滅的な損害を受けると考えられるものなのですが、将軍様を敬愛する馬鹿な整形大統領は、自国の国益など一切考える事など無く、北朝鮮を庇おうと必死なご様子。

 このまま行けば、やはり間違いなく、韓国は滅亡へと突き進む事になる事は確実と言えるでしょう。

 普通に考えれば、このような滅び行く国家と連携を取ることなど絶望的に不可能な事など、簡単に理解出来そうなものなのですが、我が国の頭の可哀想なマスメディアは未だに、日韓連携などと絵空事を夢見ているのですから困りものです。

 このようなWWW上の片隅にある右翼のブログを御覧の方はまず騙されはしないと思いますが、我が国内には未だに腐れマスコミのイカれたプロパガンダを盲信している人間も多く、そのような方々が日韓は連携すべきだなどと言い出さないか、非常に不安を感じるものであります。

 もしも、これを御覧の方々の近くにそのようなお花畑論に騙されている人がいたならば、是非とも、これまでの日韓の歴史の経緯、盧武鉉くんの愚行の数々をとくとくと説いて、日韓連携などはタイムマシンの発明なみの夢物語であり、日韓は極力関わり合いにならない方が、お互いの為であると説いてあげて頂きたいと切に思う次第です。



 さて、話が逸れてしまったので元に戻すと、盧武鉉くんが将軍様を庇いたいと思う気持ちは、海を飛び越え此処日本にいてもひしひしと感じるものではありますが、先の国連決議から一月も経たない内の変心には、やはり将軍様からの圧力が掛かりはしていた模様です。

北朝鮮、南北離散家族再会事業の中断を宣言

 北朝鮮が離散家族再会事業の中断を宣言した。

 北朝鮮は19日、電話通知文で「韓国側がコメ・肥料など人道主義的支援を一方的に中断した。南北の間でこれ以上離散した家族・親戚の再会はない」と宣言し、「人道主義問題と関連したいかなる論議も不可能になった」と主張した。

 北朝鮮は、8・15特別映像対面や金剛山面会所の建設についても中断を宣言した。

(2006年07月19日 朝鮮日報)


 更には、恐らく盧武鉉くんの主力支援者であると思われる、韓国国内親北朝鮮勢力からも、今回、韓国政府国連決議に賛同した事への非難の声が上がっている模様。

【ミサイル発射】韓総連、対北決議案を非難

 韓国大学総学生連合(韓総連)と祖国統一汎民族連合韓国側本部(汎民連韓国側本部)が16日、国連の対北決議案の採択と関連、ホームページで北朝鮮を擁護し、国連と米国、韓国政府までも非難した。

 韓総連は18日、「国連の対北決議案の採択に対する韓総連糾弾声明」で「北は米国の軍事的脅威に対し自衛的国防力を強化するためミサイル発射テストを行った」とホームページに掲載した。

 汎民連韓国側本部のホームページにも18日、「国内外の反統一・反民族勢力らの反6・15の動きを容赦なく征伐し、平和な三千里半島錦繍江山で子孫らが栄光の統一祖国を永遠に歌うことができるよう、南北の同胞がひとつになって実践闘争に取り組もう」とする文が掲載された。

タク・サンフン記者

(2006年07月19日 朝鮮日報)


 このような事態に至って尚、こんな馬鹿げた声明を大声で叫ぶ馬鹿がいる事にも驚きですが、そんな馬鹿と国際社会との板挟みに遭っては、盧武鉉くんで無くとも日和るのではないかと思えるものではあります。

 無論、これも自業自得であり、同情の余地など一切無い事は言うまでもありませんが。



 ただ、私としてもこれで「盧武鉉くんは本当に馬鹿だなぁ」で終われれば幸いだったのですが、我が国の馬鹿宰相もまた、事此処に至って尚、またぞろ馬鹿な事を口にし始めたので始末が悪いと思えるものです。

小泉首相:北朝鮮制裁「しばらく様子を見た方がいい」

 小泉純一郎首相は19日夜、首相官邸で記者団に対し、国連決議を受けた北朝鮮に対する追加制裁について「まずは北朝鮮が決議に真剣に対応するか、しばらく様子を見た方がいい」と述べ、北朝鮮の対応を見守る考えを示した。

 首相は「(北朝鮮は)まず早く6カ国協議に出てくるように。この決議に従って国際社会の一員になれるような努力を求めるべきだ」と語った。【小山由宇】

(2006年07月19日 毎日新聞)


 6ヶ国協議なるものが究極の時間の無駄遣いであり、拉致は勿論の事、全ての北朝鮮問題への解決の糸口にすらならない事は既に明白と言えるものであり、北朝鮮問題の解決の為には、制裁以外の手段など決してあり得ないと言い切れるものです。

 分かってはいた事ではありますが、このような簡単な事すら理解出来ないお馬鹿には、最早、早々に退陣してもらわねば、我が国の国益は更に加速度的に損なわれていくと見て、まず間違いないと言えるでしょう。

 私見としては、小泉くんが経世会を叩き潰した事は評価しており、そのご褒美として任期一杯までは首相の座に就いていても良いかとも思えるものでしたが、ここ最近の馬鹿っぷりは目に余るものであり、やはり役目を終えた今、小泉くんには早々に退陣して頂く方が良いと思える次第です。



 国連における、諸国一致の決議決定により、良い流れになりかけていると思えた北朝鮮問題ですが、日韓両国馬鹿首脳の前後左右の見えない馬鹿発言により、更に混迷を極めるのではないかとの不安も感じられるところとなってきました。

 我々日本国民は、国家安全保障の為にも、拉致被害者、そしてそのご家族の為にも、このような馬鹿の馬鹿な発言を決して容認するべきでは無く、断固として強い制裁措置を求めて、今まで以上に超えを荒げていかねばならないと言えるものです。

 海を隔てた韓国にいる馬鹿は仕方がないにしても、我が国の馬鹿の軽口だけは絶対に封じて、対北朝鮮への強硬な対応を今まで以上に強めていかねば、この問題は半永久的に解決はしないと言えるものです。

 北朝鮮には強い圧力を、支那韓国は基本無視。

 これを我が国の国策としていけるよう、是が非にでも麻生氏首相に就いて頂きたいと思う次第であります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する


反日に勝つ「昭和史の常識」
渡部 昇一
ワック (2006/01)


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にて、あなた様のブログをご紹介させていただけないでしょうか?

ご登録はサイトよりお願い致します。
http://www.blog-station69.com
2006/07/21(金) | URL | BlogStation69 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/426-4ea3326e
人気作から、不人気作?までいっぱいあります。脳トレで鍛えるのもよし、マリオで懐かしむもよし!カバーを買ってくっつけてみるのも乙ですね。
2007/04/12(木) | おすすめNDSソフト♪